2015年01月13日

建設的フィードバックの5つのポイント(受け手の心がけ)

上司からフィードバックを受ける場合、受け手の部下の心がけの5つのポイントを紹介します。

フィードバックの5つのポイント

‐綮覆力(フィードバック)を良く聞く。フィードバックの途中で上司の話を予想して勝手な解釈をしないこと。
信頼関係構築の基本は、相手の話を聞くことである。

▲侫ードバックを与えてくれた上司に対して感想を述べること。どの部分が役に立ち、どの部分がそうでないのか?
上司に感想を伝えることは、次回以降のフィードバックに役に立つ。

8世ぬをしないこと。フィードバックの目的は、今後の自分の改善のためであり、仕事の失敗の言い訳をすることではない。

ぅ優ティヴな内容にも反応を示すこと。フィードバックとは、上司にとって自分がどう見えたのかを知ることである。自分が意図したことと違うように見えたとしても、何故相手にそう見えたのか確認すること。

ゥ櫂献謄ブな内容のフィードバックにも反応を示すこと。相手が褒めてくれたことに対し、素直に受け止め、必要以上に謙遜しないこと。

以上 フィードバック実施の参考にしてください。



小森コンサルティングオフィス at 23:08コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ