2015年01月30日

日経ビジネスにP&Gアジア最高責任者の桐山一憲さんが掲載されてます。「日本人よアジアに出でよ!」

2015-01-30-11-35-26

おはようございます。

日経ビジネスにP&Gアジア最高責任者の桐山一憲さんが掲載されてます。

彼は営業で私の2年先輩でした。
「日本人よアジアに出でよ」「日本は本当の成果主義じゃない」重要なポイントのメッセージを発信されてます。

彼曰く、P&Gグローバル人材の3つのポイントは、

‐霰、エネルギー
P&Gのリーダーは、情熱がすごい。
成長したいとかビジネスで勝ちたいとかブランドをより強くしたいとかがすごい。

懐の深さ
自分の考えを押し付けるだけでは、一部はついてきても、その他大勢はついてこれなくなる。
自分のことを認めてほしいと思う前に、相手を認めること。

A蠎蠅鮨頼すること
相手を信頼し、仕事を与えていく。
権限移譲することが大事です。

桐山さんは、特に日本企業は、権限移譲が日本人と男性に限られているのではないか?と指摘されています。

私もP&Gで17年間働かせていただきましたが、この3つはポイントと思います。

何を成すにも情熱は大事です。
自動車のガソリンのようなものだと思います。
ガソリンがないと自動車は走らない。

次にはチームメンバーとの信頼関係、上司、部下、同僚とのリレーションシップは重要な要素ですね。

またダイバーシティの要素である女性の活用、日本人以外の国籍の人の活用ですね。

P&Gという会社は、男性女性、国籍は関係なく、パフォーマンスベースで適切な人材配置をしていく。

以上がP&Gが世界最大の日用品メーカーとして成長を続けているポイントではないかと思います。





小森コンサルティングオフィス at 12:12コメント(0)トラックバック(0)P&G | リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ