2015年06月15日

新規開拓営業の訪問回数について、「スベらない商談力」研修より

image

新規開拓営業の訪問回数について、「スベらない商談力」研修より

新規開拓のコンタクト回数は5回目でクロージングを目標にすることを前回ブログで紹介しました。

そこでのポイントは、訪問日の間隔です。

2つのパターンに分けます。

―蕾麕問で印象が良かった場合

初回訪問から7日以内に2回目の訪問をします。
あとは2週間以内訪問を3回繰り返します。

例えば6月1日に初回訪問→
6月6日に2回目訪問:5日後→
6月16日に3回目訪問:10日後→
6月26日に4回目訪問:10日後→
7月6日に5回目訪問:10日後 ここでクロージング

まとめると1月〜1月半の期間で5回訪問でクロージングをかけるのです。

これが成功パターンです。

何故2回目訪問を7日以内にするかというと、良い印象を相手が忘れないうちに訪問することで相手の心の窓を効果的に開くことができるからです。

⊇蕾麕問で印象が良くない場合

2回目訪問を7日以内にせず、3週間から1月後にします。

理由は良くない印象を忘れてもらうことです。
仕切り直しで好印象を持ってもらい、そこから5回のコンタクトでクロージングに結びつけます。

あくまで基準を相手の心の窓におきます。

たたみかけるコンタクト回数の訪問で心の窓が開くようであればいきますが、閉じるようであればインタバルをあけることです。

実践してください。








小森コンサルティングオフィス at 15:23コメント(0)トラックバック(0)新規開拓成功例 | スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ