2015年07月21日

「決断力の9原則」研修会企画のご紹介、営業組織力の強化のために。

営業本部長、営業企画部長の皆さんへ

営業組織力強化のために

営業という仕事は、得意先商談に出ていることが多く、営業自らが得意先からの要望、問い合わせに即座に答えていかなければいけません。

では皆さんの部下の営業マネジャー、営業マンはどのように日々の決断を下されているでしょう?

その決断のポイントで得意先との信頼関係、売上の達成状況も変わってくると思います。

本研修では、「決断の9原則」を理論と実践例をもとに紹介することで、営業マンが効果的な決断を下し、組織力を強化できるスキルを紹介します。

研修は講義に加え、ワークショップ、ケーススタディを取り入れ実践的、参加型で実施します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「決断力の9原則」研修会の企画

想定する対象者 :営業マネジャー

■ 提供する価値・伝えたい事

営業マネジャーのケイパビリティ(能力)アップのために決断力を鍛える
    
決断力向上の9つの原則を理解する
優先順位の設定能力(プライオリティセッティング)を習得する
現状の問題点(ビジネス、組織力)を明確にしネクストステップの行動につなげる


■ 内容

〃菽任垢觧柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める
(各種マニュアル、データ、上司、得意先からのインプット、他本部からの情報)

△垢戮討両霾鵑鯑手するまでは決断は下さないようにする
(時間のプレッシャーで下すことのないようにする)

K榲に決断すべき事柄だけに集中するよう心掛ける
(真の問題は何かということにフォーカスする)

つ拘的な結果に目を向けて決断する
(短期的ビジネスのために長期的ビジネスの成功を犠牲にすることは避けなければならない)

ゲ甬遒了例を参考にして決断する
(上司、同僚の経験談、得意先の記録、個人のビジネス、トレーニングファイル)

Σ饉劼隆覿畔針と一貫性のある決断を下す
(基本原則である「正直誠実さ」「公正さ」「人は財産である」等の要素をもとに判断する)

落ち着いて決断する
(常に冷静なアプローチでその決断がビジネス構築、組織力構築にプラスになることを確認)

┘侫ローアップを怠らないようにする
(自分が下した決断が効果的に実行されるようにフォローする)

下した決断を自分が正しいと思っていることと比べて見直す
(次回同じような状況で決断くだす場合、今回の決断から何を改善するか?)

システムブレーンさんの小森康充の研修紹介ページ
http://www.sbrain.co.jp/theme/T-62599.htm

どうぞお気軽にお問合せください。

小森コンサルティングオフィス at 12:07コメント(0)トラックバック(0)成功   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ