2015年09月07日

「日本が戦ってくれて感謝しています2 」井上和彦著 産経新聞出版、すべての日本人に、いやすべての世界の人々に読んでいただきたいオススメの1冊である。




「日本が戦ってくれて感謝しています2 」井上和彦著 産経新聞出版

〜あの戦争で日本人が尊敬された理由〜 を読んでいる。 

たいへん勇気づけられるオススメの1冊である。

インドネシア独立こそが、大東亜戦争の大義であった。

戦後GHQの政策と日教組により、日本の歴史教育は歪められてしまった。

序章 「地中海の守護神」と感謝された日本海軍特務艦隊

第1章 白馬の天使がオランダの鉄鎖を切ってくれました

第2章 インドネシア独立の自信を持たせてくれました

第3章 「日本精神」と竹槍で独立を勝ち取りました

第4章 日本のために戦ってくれて感謝しています
(グアム、サイパン、テニアン)

第5章 世界が一変したシンガポールの戦い

本書は大東亜戦争は日本の自衛のための戦争であり、アジアの国々をの白人の植民地支配から救うための戦争であったことをインドネシアを例に事実をもとに紹介している。

戦後のアメリカの日本に対する愚民政策と政府の弱腰外交、日教組の間違った歴史認識により、真実の歴史が歪められてしまっている。

この責任は真実の報道のできないマスコミ(新聞、テレビ)にもあると思う。

我々は本書から事実に基づいた歴史として何があったのかをしっかりと勉強する必要があるのではなかろうか?

私がチェックした本書からのコメントを紹介したい。

171ページ 1985年日本傷痍軍人会代表団がオランダを訪問したとき、市長主催の親善パーティで、内務大臣を務めたアムステルダム市長エドウイアルト、ヴァン、ティン氏が驚くべきスピーチをしている。

「本当に悪いのはインドネシアに侵略して権力を振っていた西洋人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の開放は実現した。すなわち日本軍は戦勝国のすべてを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して戦った日本軍こそ最高の功労者である。自分を蔑むことをやめ、誇りを持つべきであります。」

驚愕の事実である。オランダが自らの罪を認め、大東亜戦争における日本の功績を正しく評価してくれている。

しかも日本の間違った自虐史観にクギをさしている。

なぜ日本のマスコミはこのことを報じないのか?なぜ日本の政治家はこの観点に立てないのか?

著者の井上和彦氏は、このポイントを本書で述べている。

「Good Point!」である。この正しい歴史認識を教えることのできてないのが、今の日本という国である。

賢明なる読者諸氏は、自らの手で多くの書籍を読破し、アジアの国々を訪問し、何が正しい歴史認識かを調査すればいかがであろう。

私も歴史は不勉強ながら、少しでも勉強し、またインドネシアを含むアジアの国々も訪問し日本に対する感情がどのようなものか、自分の眼で確かめようと思う。

新聞、テレビというマスコミの情報だけに頼ってはいつまでも真実の正しい歴史認識を持てないことが最近わかってきたものである。


「日本が戦ってくれて感謝しています2 」井上和彦著 産経新聞出版、すべての日本人に、いやすべての世界の人々に読んでいただきたいオススメの1冊である。





小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)トラックバック(0)本の紹介   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ