2015年11月17日

エディジョーンズとの対話 「コーチングとは、信じること」 生島淳著 文藝春秋 オススメ書籍の紹介です。

image

エディジョーンズとの対話
「コーチングとは、信じること」 生島淳著 文藝春秋 を読んでいる。

たいへん面白い。
本書は、ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディジョーンズ氏による強い組織に育てるコーチングのポイントを実践理論で解説されている。

今回のラグビーワールドカップで日本が優勝候補の南アフリカを破った実績には、世界中から称賛の声があがった。

スポーツコーチのみならず、ビジネスマンのマネージャーも参考になる内容である。

私がチェックしたポイントは、

.魁璽舛砲箸辰涜臉擇覆里蓮◆崛手は何故そういう決断をしたか」を考えること

∪功しているチームを構成する4つのポイント1)ハードワーク、2)楽しさ、3)規律、4)柔軟性

コーチとは、優秀作なセールスマンである。

つ起きたら、今日もメモにアイデアを書きつける

チ手のマインドセットを変えること。言い訳をさせないことが大事である。

α手たちには、毎日勝ちたいという気持ちがなければなりません。そうした強い気持ちがあれば、常に向上心を持って練習に取り組むことができます

Д繊璽爐魑’修気擦5つの要素は、
1)プログラムの運営、2)人材育成、3)練習計画、4)ゲームの戦略、5)モチベーション

╋辰せるんだ、歴史を変えるんだ。日本代表が世界の舞台で結果を残せば、日本の文化は変わる。

エディジョーンズとの対話
「コーチングとは、信じること」 生島淳著 文藝春秋 多くのビジネスマンに読んでいただきたい、オススメの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 19:37コメント(0)トラックバック(0)戦略とは? | メンタルマネジメント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ