2015年12月11日

上司へのレポートの3つの目的とは?営業マンの皆さんへ

営業マンの皆さんへ

皆さんは日ごろ、上司の営業マネジャーにレポート(報告)をされていることと思います。

時には、「この件の報告は上司にするべきか?しないでもよいか?」で迷うこともあるのではないでしょうか?

では必要なレポートとそうでないレポートをどのように分ければよいのでしょう?

ここで重要なポイントは、そもそも何の目的で上司に報告をするのでしょうということです。

3つのポイントを紹介します。

「上司へのレポートの3つの目的とは?」

.咼献優江況の報告

今月の目標売上達成率、新製品、キャンペーンの進行状況、重要得意先の商談状況等、

上司から与えられている目標数字に対する状況がどうか?月末の結果数字がどれくらいいくか?の報告です。

ビジネス状況をタイムリーに上司に報告することは重要です。


▲▲疋丱ぅ后幣鞠А砲魑瓩瓩襪燭瓩諒鷙

稟議書等の特別キャンペーンの予算申請、担当得意先との商談企画案に対して上司のアドバイスをもらうことです。

上司は部下よりも営業経験が豊富で社内のリソース、人脈、アイデアを持っていることが多いと思います。

営業活動で方向性に迷った時は、遠慮なく上司にアドバイスを求めましょう。

上司のリソースを追加することで商談企画案が強くなります。

自己アピールのための報告

営業は外勤がメインになっていると思います。本社内勤業務のように上司がとなりの席に座っているわけではありません。

よって部下の営業が日ごろ、どれだけ頑張って営業活動しているかを上司は見ていないのです。

上司との営業同行も月1回、2回の頻度であることが多いのではないでしょうか?

ほとんど8割の日程は、部下自らが1人で得意先商談しています。

よってサクセスレター(商談成功例の報告レポート)を定期的に上司に送付することで、日ごろから商談を成立させているというアピールを上司にできます。

上司の立場からもボーナス査定等で部下の評価をするとき、日ごろからサクセスレポートの多い部下は印象が良いものです。

しっかりと上司に文書で自己アピールをしましょう。

以上まとめますと、上司へのレポートの3つの目的は、

.咼献優江況の報告

▲▲疋丱ぅ后幣鞠А砲魑瓩瓩襪燭瓩諒鷙

自己アピールのための報告

この3つの目的を明確に把握できていれば、このレポートは上司に報告すべきかどうかの参考になると思います。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 20:22コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ