2015年12月12日

日本ライフセービング協会の納会に参加しました。世界連盟のハロルド事務総長が参加されました。

本日12月12日品川プリンスホテルにて行われた特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会(JLA)の納会に参加しました。

納会は毎年12月に東京で開催されますが、ライフセービング日本協会の理事、各クラブの代表メンバー、社会人、学生のライフセーバー、大会関係者、スポンサー企業の皆さん、契約海水浴場関係者、赤十字、その他関係者の皆さんが参加されます。

私のライフセービング活動は、26年間ほどになりますが、大阪ライフセービングクラブの代表から、日本ライフセービング協会の理事も経験させていただきました。

ライフセービングとは、ボランティアの水辺の事故防止の活動です。

活動内容は、主に海水浴場の監視活動、トライアスロン、バイアスロン、臨海学校のガード、心肺蘇生法(CPR)の講習会、ジュニアランフセービング教室の開催、競技会の開催、資格講習会の開催等です。

今回の納会には、ILS(ライフセービングの世界連盟)のハロルド事務総長が参加されました。

KIMG0563

写真の真ん中がハロルド事務総長、右が沖縄の矢貫さん、左が筆者です。

ハロルド事務総長のスピーチのポイントは、

\こΔ離薀ぅ侫察璽咼鵐鯵萋阿蓮△海裡隠鞠で大きく拡大している。
世界連盟の加盟国は、2000年 61カ国、2004年 80カ国、2008年 99カ国、2015年には135カ国である。

KIMG0566


年間の水辺の事故(溺水)の死者数は、世界で120万人、1分間で2人が死亡している。うち1人は子供である。
この悲しい事故を減らさないといけない。ライフセービングの普及によって事故は未然に防げる。

ILSはWHO(世界保健機構)、赤十字、ユネスコ、オリンピック委員会等とも連携をとり活動している。

ILS(ライフセービング世界連盟)の本部はベルギーにある。
是非 皆さんはベルギー本部を訪問してください。ベルギー本部は綺麗に清掃されておりライフセーバーの皆さんの家です。

以上がハロルド事務総長のポイントでした。

納会のその他スケジュールは、理事長の入谷拓哉氏のスピーチ、各種年間ライフセービング活動の表彰等があり、立食パーティで久しぶりに会うライフセーバーとの交流を深めました。

懐かしのライフセーバーの仲間と会えることは楽しいものです。

私も微力ながら今後もライフセービングの活動を継続したいと思います。

ILS(International Life Saving Federathion)
http://www.ilsf.org/about

JLA(日本ライフセービング協会)
http://www.jla.gr.jp/home.htm

大阪ライフセービングクラブ
http://www.osaka-lifesaving.org/index.html

小森コンサルティングオフィス at 23:06コメント(0)トラックバック(0)ライフセービング | 会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ