2016年01月26日

「P&Gが働きがいのある企業No1に3年連続で選ばれる5つのポイント」

今日のテーマ:「P&Gが働きがいのある企業ランキングで3年連続1位に選ばれるポイント」



背景:人材排出企業といわれるP&Gが社会人対象の調査で3年連続で「働きがいのある企業No1」に選ばれた。



働きがいのある企業ランキング2016(ダイヤモンドオンライン)

http://diamond.jp/articles/-/84549?display=b



私は17年間P&G営業本部でマネージャー、営業、人材育成トレーナー、本社のプロジェクトリーダーを経験しました。

その経験からP&Gの強さの5つのポイントを紹介したいと思います。


「P&Gの強さの5つのポイント」



 孱錬癸蝪紕磽遙蕋e Mind」 目的思考を持つことの重要性



P&Gで部下が上司に話しかけたときの上司の最初の言葉は「目的は何?」



すべての会議、カウンセリングは目的から始まります。 明確な目的を持つことの重要性はP&Gで教わりました。



◆孱庁錙。圍茖紂。劭蕋脾茖堯。圍茖蕋遑隋 」 正しいことをしろ 



P&Gでは入社間もない20代の社員にも責任の大きい仕事がまかせられます。私は入社半年で和歌山県全域のエリアマネジャーとして1人で3年間担当しました。

ではどうやって経験の少ない若手がビジネス上の判断をするのでしょう?

それは「Do The Right Thing!」の考えが浸透しているからです。

「正しいことをする!」それがすべての基準です。



「Consumer is Boss」  消費者がボス、すべては消費者のために



誰のために仕事をするのか?自分自身のため?家族のため?上司のため?

会社のため?株主のため? もちろんどれも正解でしょう。


しかしP&Gでは、「消費者がボス」 ビジネス上のすべての判断は「消費者にプラスになるかならないか?」で判断されます。

image


ぁ孱裡紕紕筺。遙錙。茖瓧e」と「Nice to have」の違い



P&Gで上司からよく言われる質問に「それってNeed to have?それともNice to have?」というのがあります。どうしてもやらないといけないことか(Need)?

やってもいいけどやらなくてもいいことか(Nice)?こと違いを明確にすることがビジネスでは重要です。



ァ孱妝陝。錚髻。錬t」 出世するかさもなくば去れ



P&Gは終身雇用ではありません。60歳定年まで勤められる方は、ほとんどいません。それは常に自分自身を向上させ、トレーニングし、上のポジションに上がる必要があるからです。優秀な後輩がどんどん出てきますから、同じポジションで定年まで過ごすことはできないのです。



以上の5つのポイントが、P&Gのカルチャーでありビジネスのスキルのポイントであると思います。

この5つがP&Gが強い組織で、優秀な人材を長期で輩出し、ビジネスマンから人気のある理由であると思います。

参考にしていただければ幸いです。




小森コンサルティングオフィス at 14:01コメント(0)トラックバック(0)P&G   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ