2016年02月21日

「アリババの経営哲学」馬雲(ジャック・マー)著、オススメ書籍の紹介

「アリババの経営哲学」馬雲(ジャック・マー)著を読んでいる。

本書は2014年9月にニューヨーク証券取引所上場の中国のIT企業アリババを創業した馬雲(ジャックマー)氏の経営哲学を紹介したものである。

KIMG0836


アップル、マイクロソフト、グーグルにつぐ時価総額世界第4位になったアリババをどのようにして成長させたのか?馬雲氏の確固たる経営理念とは何なのか?

経営者、企業の管理職には読んでいただきたい、たいへん勉強になるオススメの1冊である。

私がチェックしたポイントは、以下の馬雲(ジャックマー)氏の言葉である。

彼の経営哲学のポイントが表れている。

ヾ脅佞凌瓦鮖てば、運はやってくる

∪功するには、常に自分が求めるものは何なのかを分かっている必要がある。それはつまり信念を持つということである。

成功者には2つの資質が備わっている。1つは、大胆で執着心が強いこと。もう1つは、市場に対して敏感な嗅覚を持っていること。

最後までやり抜くことが勝利である。生きている限り希望はある

ず能蕕瞭の理念を絶対に忘れるな。その夢は世界で最も偉大なものだから

サ業するのに必要なのは、最もその仕事にふさわしい人であることだ。最も成功する人である必要はない

成功は、それを信じたものに訪れる

Ъ信に満ちて出発することは、目的地に着くことに勝る

本当の幸せとは、涙と笑顔そして汗が一緒になったものである

人生で大切な3つのこと、1)世界は楽観的な目で見ろ、2)自分の頭で考えろ、3)必ず本当のことを言え

ビジネスモデルが多いということは、ビジネスモデルを持ってないということだ

結果が出たからと言って、成功とは言えないが、結果がでなければそれは間違いなく失敗だ

これからは他人から受けた批判のみを胸に刻め。ほめられたことは忘れるんだ

アリババの2:7:1戦略
20%の優秀な社員、70%の素晴らしい社員、そして10%の社員は淘汰される。顧客に対しても同じ戦略である。毎年10%の顧客は淘汰される。

最後に起業について馬雲氏は「起業では、いちばんやりやすく、一番好きなことをやるべきだ。起業は、金を稼ぐ手立てではなく、楽しみの一種だ。好きなことなら文句を言う理由はないだろう。」とも述べている。

「アリババの経営哲学」馬雲(ジャック・マー)著、本書は実践マネジメントについて、たいへん勉強になる、多くの経営者、管理職に読んでいただきたいオススメの書籍です。

ジャック・マー アリババの経営哲学
張燕
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2014-12-26






小森コンサルティングオフィス at 13:20コメント(0)トラックバック(0)本の紹介 | マネジメントの5つのポイント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ