2016年06月03日

「多様な社員がもたらすイノベーション」講演 (日経新聞主催)P&Gジャパン社長スタニスラブ・ベセラ氏のスピーチ

「多様な社員がもたらすイノベーション」講演
(5月30日、日経新聞主催)で昨日のブログに続きP&Gジャパン社長スタニスラブ・ベセラ氏のスピーチのポイントを紹介したい。

P &Gでは「ダイバーシティ&インクルージョン」(多様な人材の受容と活用)を経営戦略の1つとする。

企業が発展するには多様性が必要である。

女性役員の数字目標も重要である。

ポイントは3つ

―性社員の活用

顧客である消費者は多様性を持っている。
その消費者により良いサービスを提供するには、社員が1人1人の才能を開花させ多様性のある人材でなければならない。

多くの社員の様々な価値観を吸い上げることでビジネスプランがより良いものになる。

∩反イ寮長なくしてビジネスの成長はない

人材が最も重要である。前向きに世界を変えていくスキルはP&Gの社員として必要。

P &Gのダイバーシティの考え方、研修をビジネスパートナーと業界に広げていく。

日本社会の活性化に貢献することが、P&Gがより良い会社に成長するポイントになる。

良き市民、良き会社である風土を社会全体に広めることが大事である。

以上世界最大の消費財メーカーP&Gのダイバーシティのポイントを紹介した。

P&Gでは私が入社した30年前から男女公平でありダイバーシティのカルチャーはできていた。

女性の部長、課長が多く活躍されており、女性だからどうということはなかった。

このポイントがこの30年P&Gが日本で成功してきたポイントではなかろうか?

P&Gジャパン社長 スタニスラブ・ベセラ氏
http://jp.pg.com/about/goaisatsu.jsp

小森コンサルティングオフィス at 08:57コメント(0)トラックバック(0)P&G   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ