2016年06月04日

「P&Gにとってのダイバーシティ&インクルージョン」臼田美樹氏(P&G ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)の講演

「P&Gにとってのダイバーシティ&インクルージョン」臼田美樹氏(P&G ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)の講演

前々回のブログに継続して「多様な社員がもたらすイノベーション」(日経新聞主催)講演会のポイントを紹介する。

P&G社長スタニスラブ・ベセラ氏の講演後、臼田美樹氏(ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)のプレゼンテーションがあった。

彼女のP&Gダイバーシティ推進ポイントは、

「ダイバーシティ&インクルージョン」の意味は「受容と活用」。違う個性が活用し合うことでイノベーションを生み出す。1+1=2 ではなく、3にも4にもなる。また女性同士も男性同士も違う個性がある。年齢、国籍、宗教、価値観の違いを受け入れることが重要である。

P&Gでは女性管理職比率(課長以上)は32%。また日本人は世界のP&G事業所18カ国で働いている。

企業でダイバーシティ&インクルージョンを実現するポイントは3つ

/値目標、▲肇譟璽縫鵐阿叛度、4覿肇ルチャー

この3つが同時になされなければならない。

/値目標

取締役の女性比率、課長以上の女性比率を何年後に達成するかの具体的目標を設定する

▲肇譟璽縫鵐阿魯瀬ぅ弌璽轡謄トレーニングの実施

「ダイバーシティは経営戦略である」と社長、取締役自らが取り組むこと。また社員1人1人が自己実現のポイントとして自分のものとしてダイバーシティに取り組まねばならない。

P&Gはダイバーシティ研修手法を公開されるそうなので興味のある会社はP&Gヒューマンリソーシズに問い合わせてみてはいかがであろう。

P&Gの3つのフレキシブルな勤務制度

1)フレックスアワー(フレキシブルは勤務時間)

通常は1日8時間勤務で朝9時〜夕方17時。
フレックスアワーとは、平均して8時間勤務になればよい。
例)月曜4時間、火曜10時間、水曜11時間、木曜4時間、金曜11時間等(平均8時間)

2)ロケーションフリーデー(自宅勤務OK)

オフィスに出社しなくても自宅、実家、図書館等での勤務をOKとする

3)コンパクトワーク

勤務時間の途中に保育園に迎えに行く等OK、その後自宅勤務をする

例)9時〜15時 オフィス勤務、15時〜18時 保育園にお迎え、18時〜20時 自宅で仕事(合計8時間勤務)

ちなみに営業は30年前から直行直帰であった。私は新人で和歌山県を担当したが、和歌山の自宅マンションがオフィス、自宅から得意先を回り、夜自宅に帰る。大阪の会社に出社するのは月1回の月末会議だけであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P&Gは30年前からダイバーシティのカルチャーはあったと思う。

また臼井氏のプレゼンからダイバーシティ推進には上記3つのポイントの実践が重要性であることがよく理解できる。

企業のダイバーシティ推進について改めてたいへん勉強になった。

今回講演を主催いただいた日本経済新聞 クロスメディア営業局、協賛のP&Gジャパンに感謝したい。

日本経済新聞 クロスメディア営業局(日経アドネット)
http://adnet.nikkei.co.jp/

P&Gジャパン
http://jp.pg.com/
 

小森コンサルティングオフィス at 10:19コメント(0)トラックバック(0)P&G | トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ