2016年07月05日

決断力の重要ポイント「決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める」

ビジネスリーダーの皆さんがリーダーシップを発揮するには「決断力」を鍛える必要があります。

「決断力」はトレーニングできるプロセスです。

今日は、「決断力の重要ポイント」の1つを紹介します。

今日のポイントは、「決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める」です。
 
このプロセスは、決断するエリアの全体像を把握する観点で重要です。

特に自分にとって自信のない問題であれば、関係すると思われる情報はすべて揃えるようにしてください。

ビジネスリーダーがよくやってしまう失敗は、決断する事柄の有効な情報収集をしっかりせずに「エイヤー」で決断してしまうことです。

たいてい後で後悔することになります。

情報源として利用できるものは以下の3つのポイントがあります。

_饉劼保存している資料、

⊂綮福同僚、得意先からのインプット、

6罰紙、書籍、インターネット情報があります。

このような有効な多くの情報を収集、分析することで正しい決断の方向性が見えてくるのです。

「決断する事柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める」

今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 14:06コメント(0)トラックバック(0)マネジメントの5つのポイント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ