2016年07月27日

信頼関係のポイントは「コンタクト回数」です。長時間話すよりも会話の回数を増やしましょう。

信頼関係構築のポイントは「コンタクト回数」です。

長時間話すよりも会話の回数を増やしましょう。

営業にとってお客さまとの信頼関係が最も重要なポイントでしょう。

では信頼関係を構築するには何を心がければよいのでしょう?

1つのポイントは、お客さまとの会話の回数を増やすことです。

一度に2時間の会話をするより30分の会話を4回するほうが信頼関係は深まります。

これをコンタクト回数の法則といいます。

単純にお客さまと接する会話の回数を増やせばよいのです。

人は1回しか会ってない人より、2回、3回会っている人に心の窓を開きます。

さらに4回、5回会った人により心の窓が開くものです。

営業の新規開拓は1回、2回の訪問で諦めてはいけません。3回、4回、5回訪問するのです。

新規開拓のトップセールスは、だいたい5回目で契約を獲得しています。

信頼関係のポイントは、お客さまとのコンタクト回数にあり。

新規開拓はお客さまを5回訪問しましょう。

小森コンサルティングオフィス at 06:47コメント(0)トラックバック(0)新規開拓成功例   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ