2016年08月25日

営業は会社の代表です。会社の理念、方針をしっかり得意先に伝えることが重要です。

営業は会社の代表です。会社の理念、方針をしっかり得意先に伝えることが重要です。

私は外資系企業で20年間、営業のキャリアを積んだ後コンサルタントで独立して9年になります。

営業は担当の地域、得意先で会社の目標売上を達成することが仕事です。

営業の心構えで重要なことは、会社の代表であることです。

社長の代理であることを忘れないでください。

よくやってしまう間違いは個人商店を開いてしまうことです。

例えば私は30年前の新人営業時、P&Gで和歌山県を担当していました。

その時は、私はミスターP&Gなのです。

P &Gの社長の代わりに私が得意先と商談しているのです。

つまり得意先からの質問、要望に対する返答は社長と同じでないといけません。

個人商店とは、得意先に対して

「会社の方針は○○ですけどね、私は違うと思うんですよね。△△のほうがいいですよね」

「今回の会社の新製品はよくないと思うんですよね」

「会社に内緒で特別条件をつけますので、よろしくお願いしますよ」

このような発言を営業が得意先に言ってはいけません。

これは小森商店です。会社から給料をもらいながら、会社方針を伝えずに勝手に個人の考えを得意先に言ってしまう。

個人商店を勝手に開店してはいけません。

やりたいのなら会社を退社して起業すればよいのです。

営業は会社の代表です。会社の理念、方針をしっかり得意先に伝えることが重要です。

新人営業にしっかり指導してください。






小森コンサルティングオフィス at 08:45コメント(0)トラックバック(0)営業の秘訣   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ