2016年09月07日

エンゲージメントの3つのポイント。エンゲージメントはチームの生産性アップに重要なスキルです。

エンゲージメントの3つのポイント

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日はエンゲージメントについて紹介したいと思います。

エンゲージメントとは、満足度という意味合いと似てますが、一般には満足度を超えたチームメンバー自らが、積極的にこの結果を出したい、この仕事がしたい、そのやり方にチャレンジしたい、というマインドセットとその決意という意味合いがあります。

では具体的な3つのポイントを紹介します。

エンゲージメントの3つのポイント

〇纏上得意なことができるチャンスがある。

これはあたりまえのことですが、人には長所短所があります。不得意な仕事をするのは嫌ですよね。
つまりエンゲージメントは上がらないのです。よってリーダーは、チームメンバーの長所短所を把握し、できるだけ本人の長所を発揮できる仕事、得意だと思っている能力を発揮できる仕事を与えましょう。

それがエンゲージメントのアップになり、チームの生産性をアップする結果につながります。

⊆分の仕事が会社目標達成にリンクしており自分は会社に貢献している。

チームメンバーに与えている仕事内容は一見すると単純作業かもしれません。
ただその仕事ができないと会社の運営が行き詰まってしまうことはあると思います。リーダーはメンバーに仕事を与えるに加え、その仕事の重要性、その仕事をミスなくこなすことが会社にとっていかに重要かを説明することが必要です。
これがエンゲージメントのアップにつながり生産性が上がるのです。

私は何を期待されているかが明確である。

リーダーはメンバーに個々の仕事を明確に説明しその期待値を伝えることが重要です。
リーダーは伝えているつもりでも意外にメンバーに伝わってないことがあるのではないでしょうか?
仕事内容と期待値をしっかりとリーダーが部下に伝えることがエンゲージメントアップに結びつきます。

以上の3つのポイントを紹介します。

説明すると簡単なことのようですが、「日々実践できていますか?」と言われるとどうでしょう?

今日から実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 12:41コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ