2016年10月10日

「決意(コミットメント)の5つの段階」ビジネスリーダーの目標達成のために

ビジネスリーダーの皆さんへ

リーダーシップの最も重要なスキルは「決断力」である。

決断したからには、「何が何でも達成するぞ!」という決意(コミットメント)が重要になる。

ではビジネスリーダーの自分の決意がどこまでできているか?部下のやる気をどのように評価すればよいのであろう?

よくやってしまうのは、「A君はやる気があるが、B君はやる気がない」と白か黒かという2段階で考えてしまうことである。2段階というのはあまりにも大雑把すぎるので5段階の評価方法を紹介しよう。

「決意(コミットメント)の5つの段階」

第1段階
最も低い決意の段階 「したくない」

これは目標と戦略、結果のすべてに興味がない心の状態である。

例えば家庭問題で悩んでいて仕事に集中できない状況がこれに当たる。会社をやめようと考えていることが多い。

第2段階
「目標達成の結果には興味があるが努力はしたくない」

「ダイエットで細くなりたいが、ケーキは毎日食べたい」という状況である。

第3段階
「できるかもしれない。やってみよう。」

上司の指示だから普通に仕事をするという状態で、ビジネスマンの多くはこの段階であろう。
決意としてはそれほど高くなく目標達成の成果も平均値になることが多い。

第4段階
「最善の努力をする。」

これは目標達成に対して一生懸命頑張っている状態であり仕事の成果は良いものになる。

最後の第5段階
「何が何でもやり遂げる。」

目標達成の結果そのものに決意している状況で、この段階のメンバーがチームに多くいるとチームの目標達成の可能性は確実になる。

以上が決意の5段階である。

リーダーはメンバー各自の決意の段階を把握し、それを引き上げる行動をすることが重要である。

今日から実践してみてほしい。





小森コンサルティングオフィス at 18:25コメント(0)トラックバック(0)リーダーシップとは? | 成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ