2016年11月07日

「男性の得意先の心の窓を開く3つのSOSの話法とは?」営業の皆さんへ

「男性の得意先の心の窓を開く3つのSOSの話法とは?」営業の皆さんへ

営業の皆さんへ

男性の営業が男性の得意先と話をする機会は多いと思います。

商談でも雑談でも相手の心の窓が開かないと、なかなか商談がうまくいかないものです。

今日は「男性の得意先の心の窓を開く3つのSOSの話法」を紹介します。

 S 「すごいですね」

◆O 「教えてください」

 S 「さすがですね」

男性の第1ニーズはプライド(誇り)です。相手の心の窓を開くには相手のプライドをうまく満たすことです。

この3つのSOS話法を商談でうまく使ってみてください。




小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)トラックバック(0)営業の秘訣   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ