2016年11月21日

残業40%削減成功例の紹介(投資育成ビジネススクール研修より)

「チームを動かすための管理職塾 第5期」 研修の実践例発表の1つを紹介する。

「残業40%削減成功例」

無駄な残業を減らすことはすべての会社にとっての課題である。

では残業削減の成功のポイントとは何であろうか?

残業削減の重要ポイントは、

まず初めに
「Need to have (今日必要な仕事)とNice to have (今日やらなくてもよい仕事)」 を分けることである。

今日やろうとしている仕事を紙に書き出し、必ず今日やらなければならない仕事と、明日以降でもよい仕事に分けること。そして必ず今日やらなければならない仕事に集中する。明日以降でもよい仕事は今日はやらないこと。

image


チームの残業内容を分析すると明日でもよい仕事を残業して一生懸命していることがある。

次に「残業50%削減の具体的目標を設定して部下に伝えること」

具測達一の原則(具体的、測定可能、達成可能、一貫性)に基づき、リーダーとしてチームの残業時間を何%削減するのかの明確な目標をメンバーに伝えることが重要である。

「残業を削減しなさい」ではいつまでたっても何も変わらない。「50%の残業を削減しなさい」と具体的数値目標をメンバーに与えることが重要である。

「残業50%削減の成功の3つのポイント」

1.止めることを明確化

今までメンバーがやっていた仕事で止めることを具体的に指示する。

2.協力体制

チームの1人がオーバーワークで残業になることが分かった時点で仕事の割り振りをチームで分ける。

3.上司の正確なアドバイス

部下からの質問は、上司が質問の意図を深く確認してその原因を理解すること。 そして今後も部下がその質問をしないでいいようにアドバイスする。

以上今日から実践してほしい。

大阪中小企業投資育成株式会社
http://www.sbic-wj.co.jp/

小森コンサルティングオフィス at 11:22コメント(0)トラックバック(0)タイムマネジメント | マネジメントの5つのポイント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ