2016年12月10日

第3回小池百合子政経塾「希望の塾」に参加しました。小池百合子塾長の講演サマリーです。

本日は第3回小池百合子政経塾「希望の塾」に参加しました。
image

新高輪プリンスホテルに4000名の塾生が集まりました。

小池百合子塾長に続き、河村たかし名古屋市長、上田清司埼玉県知事、竹中平蔵東洋大学教授が講演されました。

image

都政、政治、経済の分野でたいへん勉強になる内容でした。

image


小池百合子塾長の講演でチェックしたポイントを紹介します。

“稟修垢襪海箸牢蔽韻任后それだけではなく行動を起こしましょう。それが希望の塾です。

◆嵜佑里世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」
関東大震災から東京を復興に導いた近代日本の羅針盤 後藤新平の言葉であるが、今の東京の幹線道路は、ビジョンを描いた後藤新平氏のお陰である。

国家の医師 後藤新平
http://www.projectdesign.jp/201502/philosophy/001916.php

2020東京五輪の会場問題はIOCバッハ会長の方針のとうり既存の施設を友好活用し無駄な税金を使わないようにすることである。

民間企業ではあたりまえにできていることが、東京ではできていない。それを改革していかなければならない。

づ豕は無電柱化を推進する。電柱は地震で倒壊することが多く危険であり、景観もよくない。世界の無電柱率は、ロンドン、パリ100%、ニューヨーク83%、シンガポール95%、東京は7%である。

1964年東京オリンピックは戦後の復興の意味で世界銀行からお金を借りて箱ものを造り成功した。これからの東京は、昔と同じように箱ものを多く造るのではなく、メンテナンスが重要になる。無電柱化等の見えないものを作っていかなくてはならない。

「金銭を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。(後藤新平:東京市第7代市長)」

東京大改革に賛同してリーダーとなって都議会に立候補したいという方が塾生に多くいます。その皆さんをサポートしていきます。

以上、小池百合子塾長のお話は希望と共感を持てる素晴らしい内容でした。

我々東京都民が自ら都政に参画して変革を起こしていかなければならないことを感じた次第です。

大都市東京を今の利権ファーストから都民ファーストに改革しようと獅子奮迅の働きをしてくれている小池百合子都知事に拍手を送りたい。





小森コンサルティングオフィス at 22:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ