2016年12月24日

説得的商談の5ステップ話法とは?〜スベらない商談力より〜

説得的商談の5ステップ話法とは?〜スベらない商談力より〜

営業がバイヤーに対して効果的な商談をする5つの話法を紹介します。

バイヤーが営業のプレゼンで興味のあることは次の5つです。

1)営業は私の状況を理解しているか?

2)営業の提案は何か?

3)それは実行可能か?

4)利点は何か?

5)同意しやすいか?

以上がプレゼンに組み込まれていれば、バイヤーにとってわかりやすく受け入れやすいでしょう。

image


では説得的商談の5ステップの話法を紹介します。上記の5つを並べるものが答えになります。

説得的商談の5ステップ話法

1)バイヤーの状況を要約する(ニーズ、必要性、状態、利点、問題点)

2)アイデアを述べる(ニーズを解決するアイデアは?)

3)アイデアの実践方法を述べる(具体的企画内容は?)

4)主要利点を強調する(バイヤーの利点は?)

5)次のステップを提案する(クロージング)

以上の5ステップがプレゼンに入っていればクロージング率がアップするでしょう。

今日から実践してください。




小森コンサルティングオフィス at 18:29コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ