2017年01月11日

相手の心の窓を開くポイントの1つは「相手を宝物と思うこと」 スベらない商談力より

相手の心の窓を開くポイントの1つは
「相手を宝物と思うこと」
(スベらない商談力より)

相手と効果的に信頼関係を構築する1つのポイントは、相手に好感を持つことです。

相手に好感を持ち、相手を宝物と思うことが、信頼関係の構築の重要ポイントです。

では、相手を宝物(大切な人)と思うにはどうすればよいのでしょう?
image

ポイントは3つあります。

〜蠎蠅猟構蠅縫侫ーカスすること。

人それぞれ長所と短所があります。短所にフォーカスすると心の窓が閉じて相手に好感を持てなくなります。逆に長所にフォーカスすると心の窓が開き、相手に好感を持ちやすくなります。

⊂来、必ず仲良くなれると信じること

今日は相手とケンカをしてしまったとしましょう。「雨降って地固まる」と言います。このケンカを良い機会に必ず仲良くなれると信じることが大事です。

自分で自分のことを宝物と思うこと

相手を宝物と思うポイントは自分自身にあります。
「私は将来必ず成功する。」
「将来、素晴らしいリーダーになれる。」
と自分で自分のことを信じましょう。

自分自身を宝物と思うことができれば、相手を宝物と思いやすくなります。

以上、信頼関係構築のポイントは「相手を宝物と思うこと」

今日から実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 21:35コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力 | 信頼関係を構築する4つのポイント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ