2017年05月17日

相手との共通点をつくり出す。ラ・ポールを築く。スベらない商談力より

相手との共通点をつくり出す
〜ラ・ポールを築く〜

私たちはいろいろな環境の中で、さまざまな価値観を持って生きています。まったく違った人同士が、親しみを感じるときってどういうときでしょうか。

それは、共通点を見つけたときです。たとえば、映画の趣味が同じだったり、音楽の趣味が同じだったりすると、いっぺんに意気投合することがよくあります。

「あの映画おもしろかったよね」
「そうだよね。とくにあの場面、泣けたね」
「そう、そう」

お互いに好きな映画を称賛しあい、話すほど親しみは増していきます。2人の心の窓は全開に近くなっています。

趣味以外にも、同郷だったり、共通の友人がいたり、学校の先輩後輩だったりすると親近感がわくものです。

こうした共通点を見つけて、お客様との話題づくりのひとつとして活用している営業マンも多いのではないでしょうか。

人は共通点が多いほど、つまり自分に似ているほど親しみを感じ、共感を抱くのです。

このように安心し、共感を抱き、信頼をおくことを臨床心理学の言葉で「ラ・ポール」と言います。

「スベらない商談力」(かんき出版)より

小森コンサルティングオフィス at 21:32コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ