2018年06月15日

『営業目標は大きく立てる(Think Big !)』スベらない商談力より

『営業目標は大きく立てる(Think Big !)』
スベらない商談力より

トップブランドが1000ケースならうちも1000ケース。
できる営業は普段から『Think Big !』つまり大きな目標を立てます。

売れるから大きな目標を立てるのか、大きな目標を立てるから売れるのかは、鶏と卵のようなものですが、ひとつだけ言えるのは100の目標を立てて200売れることは絶対にないということです。

KIMG1372

ナンバー1ブランドの洗剤が1000ケース、ナンバー2が600ケース売れているとします。
P&Gは3番手なので営業は300ケース程度の目標を立てます。

しかし私は、「なぜ、トップブランドが1000ケース売っているのに、うちは1000ケース売れないのか」と考えます。
1000ケースの目標を立て、商談は1000ケースから始めます。

バイヤーは「そんなに売れるはずないでしょう」と必ずいいます。

しかし300ケースを提案しても200ケースになることが多いのです。
1000ケース提案すれば600ケースで決まる可能性がでてきます。

1000ケースの根拠が説明できれば強気で商談に挑むこと。これが営業に重要なポイントです。

『営業目標は大きく立てる(Think Big !)』
スベらない商談力より

今日から実践してください。


小森コンサルティングオフィス at 00:57コメント(0)スベらない商談力 | 営業の秘訣  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ