2018年08月01日

信頼関係を構築しコミュニケーションを強化する「スベらない商談力」研修ストーリーマップ

信頼関係を構築しコミュニケーションを強化する「スベらない商談力」研修ストーリーマップ

 

下記漫画はストーリーマップといい、私の研修ツールとして座長の村岡ケンイチさんに作成いただいたものである。


ストーリーマップとは、信頼関係構築研修のポイントを1枚の面白い漫画で表したもので、学んだ内容の記憶効果、復習効果に優れ、楽しく学べるという利点がある。

 

image


「スベらない商談力」研修(ストーリーマップ 

 

全体像を説明すると、中央上部の山の絵は「人は好きなもの、欲しいもの、必要なものを買う」という購買の大原則を表している。

それを3つの手のひらが支えている。これが信頼関係構築の3つのポイント\議樟深造並崚戞↓▲灰鵐織ト回数(接触回数を多く持つこと)、A蠎蠅鯤物と思う。

その周りを陸上トラックのような道が丸く囲んでいる。左の青いトラックが相手の話を聞く、心の窓を開く6つの話法、右の赤いトラックが相手を説得する6つの話法である。左の青いトラックに6つのシャッターのような絵がある。これが心の窓で会話の初めの1のフラッグでは相手が警戒心を持ち心の窓が閉じている、それが相手の話をしっかりと聞くことで徐々に心の窓が開いてきて6のフラッグで全開に開いている。

コミュニケーションとは相手の心の窓を開くことである。心の窓が開いた後で赤いトラックで自分のアイデアを相手に伝え説得する。コミュニケーションとは相手の話を聞くことから始まるのである。

以下にワークショップを紹介するので、特定の相手をイメージして5段階自己評価を付けてほしい。
 

 

信頼関係の構築の4つのポイント(ワークショップ)

  (1:全くできてない、2:どちらかというとできてない、3:平均、4ある程度できている、5:よくできている)

 

1)  正直、誠実な態度で接する               (1, 2, 3, 4, 5)

(挨拶、時間を守る。約束を守る。良識ある行動。感謝の気持ち、公平性)

 

2)  相手の話をよく聞く                    (1, 2, 3, 4, 5)

(自分の意見を言う前に相手を理解する。相手の話を先に聞く。話を遮らない)

 

3)  コンタクト回数を多く持つ                (1, 2, 3, 4, 5)

(挨拶をしっかりする。会話の回数を多く持つ。メールよりも会う、電話を使う)

 

4)  相手を宝物と思う                     (1, 2, 3, 4, 5)

(相手を尊重する。将来すばらしいパートナーになれると信じる。自分を信じる)

平均点                              (1, 2, 3, 4, 5)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日から活用してほしい。



小森コンサルティングオフィス at 23:05コメント(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ