2018年08月02日

P&G10の企業文化とは?なぜP&Gは人材輩出企業と言われるのか?

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は古巣のP&Gの10の企業文化を紹介したい。企業文化は一言では表せないが私が17年間過ごした中で感じたものを紹介したい。

P&G
企業文化の10のポイント


1)Statement of Purpose(企業理念:上記添付)

2)Consumer is Boss
(お客様がボス)

3)Servant Leader(私はサーバントリーダーだ)     

4)Up or Out(出世するか、さもなくば去れ)

5)Deep Thinker(深く考えろ)

6) Do The Right Thing(正しいことをしろ)

7)Result Oriented(結果にフォーカス)                     

  8)Representative(私は組織の代表だ)

9)Need to have  -  Nice to have                          

  10)Award System (Trend-Action-Result

 

上記具体的企業文化のポイントは日本の企業でもお題目としてよくあるが、P&Gの優れている点は、すべての社員の言動レベルに上記ポイントが浸透していることである。

 

例えばUP or OUT」というのは、P&Gは終身雇用ではなく、UP(出世し続ける)かさもなくばOUT(会社を辞めるか)を選べ。という意味である。業績が3年連続して上がらなければ会社を去る決断をしなければならないことが多い。そのような厳しい会社がなぜ人材輩出企業と言われるのか?

 

それは会社のヴィジョンへの共感、チームの信頼関係、チャレンジングな目標、等が社員を惹きつけているのである。そして何よりもビジネスパーソンとして自分の能力を高めることができることが最大のメリットであると思う。

私のP&G1987年入社は30名ほどいたが、現在P&Gに在籍しているものは数名しかいない。

多くはP&Gを卒業したが転職先の外資系企業の社長、副社長、事業部長クラスで活躍している。
中には弁護士になった同期もいる。まさにP&G学校を卒業して社会で活躍している。

P&Gの人材育成システムこそが社員満足度を高め人材を惹きつけるモティベーションになっているのである。

 

 

 

 

 



小森コンサルティングオフィス at 23:51コメント(0)P&G | 人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ