2018年12月28日

決断力向上の秘訣 「Do The Right Thing(正しいことをする)」 「企業方針と一貫性のある正しい決断を下す」

決断力向上の秘訣 「Do The Right Thing(正しいことをする)」


「企業方針と一貫性のある正しい決断を下す」


ビジネスリーダーとして最も重要な行動が1つある。それは「正しい決断を下す」ということである。

仕事上でリーダーは、日々数えきれないくらいの決断を下していることであろう。中には間違った決断を下してしまうこともあるかもしれない。


リーダーは正しい決断を下すことができるよう「決断力」の実践ポイントについて習得していなければならない。

 

今回のポイントは「企業方針と一貫性のある正しい決断を下す」である。

20181011_0210


企業方針は正しい原則に基づいて定められており、従業員はその内容をよく理解していなければならない。一般的な企業方針は「正直誠実」「顧客満足」「社会貢献」「信頼関係」といった要素である。

 

私の古巣のP&Gでは仕事上の価値観を「Do  The  Right Thing !」という言葉で表していた。

「正しいことをしろ!」という意味である。

 

私が忘れられないエピソードを1つ紹介しよう。P&G新人時代、売上拡大目的で卸店コンテストの稟議書を上司に提案し了解をもらったことがある。ところがその後の卸店部長との商談で、コンテストから大手スーパーでの協賛金企画に予算を使うことに変更した。

私はその大手スーパーでの商談に成功、企画実施して売上拡大を達成した。2月後の上司との個人面談時、稟議書の卸店コンテストの結果報告を上司から求められた。私は企画内容を大手スーパーへの協賛金企画に変更して売上拡大したことを報告した。

 

その瞬間、笑顔であった上司の顔が鬼の形相に変わったのである。

「お前は何をしているのだ!」とすごい剣幕で上司から怒鳴られた。私には理由が理解できなかった。


上司は稟議書を持って大声で言った。「この稟議書は卸店コンテストを実施する内容だ。しかし小森は大手スーパーとの協賛金企画を実施した。稟議書の内容と小森が実施したことが違うではないか!」 

「それは Do The Right Thingか?(稟議書と違うことを上司に報告せずに勝手にするのは正しいことか?)」

 

続けて上司は「商談で企画内容が変更になることはある。しかし変更になったことを何故正直に報告して稟議書を書き直さないのだ。」と指導したのである。

 

これが「正直誠実」という企業方針に基づいた行動である。

 

決断と行動を変えるには、価値観を見直す必要がある。

 

昨今、新聞を賑わす企業の不祥事の原因は「事実」と「レポート(データ、決算書等)」が食い違うことにある。

「正直誠実に事実を報告する」ビジネスリーダーがこの決断をすれば企業の不祥事はなくなるのである。

 

仕事上の決断に迷った時どうするか?「それは Do The Right Thingか?」この質問を自問自答することである。



小森コンサルティングオフィス at 23:46コメント(0)決断力のマネジメント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ