2019年03月14日

決断力のリーダーシップ研修よりコーチング編◆孱贈紕鵤堯。丕鬘瓧磽遙蕋磽紂〃菽任垢觧柄に関する情報多く集めよ」

決断力のリーダーシップ研修よりコーチング編◆Best Practice 決断する事柄に関する情報多く集めよ」

以下に原則2を紹介します。決断するエリアの情報収集をしっかりとすること。これがポイントです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

原則2 Best Practice 決断する事柄に関する情報多く集めよ

ワークショップ

多く集めた情報からベストプラクティスを選定しそれをFACT,MATH,LOGICで分析すること


あなたはある会社の企画部門リーダーです。後輩の田中くんから「製品の拡売企画を今週中に立案しないといけないのですが、いくら考えても良いアイデアがうかびません。過去の実施企画レポートは多くあるのですが読むだけで疲れてしまいました。どうすればよいのでしょう?」と相談を受けました。

 

 

模範解答


質問1)このケースの問題点は何ですか?


情報収集の目的はベストプラクティス(成功例)を見つけることです。失敗例から学ぶこともできますが、成功例を分析したほうが効率的です。過去の企画実施の結果から最も優れた結果を出した事例を3例ほど選定します。それをFACT(事実)、MATH(数字)、LOGIC(論理)の3点セットで分析します。

そのポイントを参考に今回の企画を作成することです。今回の問題点は、後輩がこのポイントを理解せずにやみくもに企画レポートを読んでいることにあります。

 

 

質問2)あなたはリーダーとして後輩に何とアドバイスしますか?


リーダー「田中くん、企画実施レポートを読む目的は何かな?」


田中「よくわかりません。なんとなく読んでました。」


リーダー「ビジネスはすべて目的が重要だよ。何をするにも目的は何か?を自問自答することだ。今回の目的は製品の拡売企画を作ることだけれど、そのために過去実施した企画分析は重要だよね。そしてその目的はベストプラクティスを見つけ分析することなんだ。」


田中「どうやって分析するんですか?」


リーダー「企画実施で成功した事例FACT(事実)をMATH(数字)に落とし込み、何故そのような成功ができたのかをLOGIC(論理)で成功ポイントを導くんだ。その成功ポイントが今回も適用できるとすると企画成功の可能性がアップする、と考えるのだよ」


田中「わかりました。やってみます。」

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 07:00コメント(0)決断力のマネジメント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ