2019年03月18日

決断力のリーダーシップ研修 コーチング編А峺饗В掘。錬癸蝪紕磽遙蕋e Mind(目的思考を常にもとう)」

決断力のリーダーシップ研修 コーチング編А原則7 Objective Mind(目的思考を常にもとう)」


原則7 Objective Mind(目的思考を常にもとう)


ワークショップА。圍茖蕋遑襦。贈蕋隋


あなたはある会社の営業リーダーです。後輩営業の田中くんに担当地域の今年の売上目標を設定するように指示したところ前年対比90%の前年割れの目標を提出しました。リーダーのあなたがこの目標の根拠を質問したところ田中くんの答えは「私の担当エリアは少子高齢化で人口が減っています。それに加え競合メーカーが新製品を出してきているから前年以上の売上は無理です。」というものでした。

 

 

模範解答


質問1)このケースの問題点は何ですか?


会社が給与を出して営業を雇う目的は会社目標と一貫性のある売上目標を達成することです。第一に顧客満足度のアップが重要ですがそのバロメーターが売上金額です。Think Big!(大きく考えよう!)

の精神のもとに「前年実績の2倍の売上を達成するにはどうすればよいか?」という大きく考えることが重要です。問題点は田中くんが一見もっともな言い訳をしていますが自分が会社から何を期待されているかを理解していないことがポイントです。

 

 

質問2)あなたはリーダーとして後輩の田中君に何とアドバイスしますか?


以下の質問をして田中くんに「Think Big!」の考え方を理解してもらいましょう。


リーダー「田中くん、今年の会社の売上目標は何かな?」


田中「はい、前年比120%の目標です」


リーダー「そうだよね。そのための営業戦略は?」


田中「新規開拓に力を入れることと、新製品を成功させることです」


リーダー「ちなみに田中くんの担当エリアの当社のシェアと競合のシェアはいくらかな?」


田中「当社が10%で競合A社が50%、B社が30%、その他が10%です」


リーダー「では伸びる余地はまだまだあるよね。新規開拓と新製品が成功したらどれくらい伸びるかな?」


田中「そうですね。前年比150%くらいはいくと思います」


リーダー「Think Big!の考え方で売上目標は大きく考えよう。高い売上にチャレンジすることと目的思考を常に持つことが重要なんだ。」


田中「わかりました。150%アップチャレンジします。なんだかワクワクしてきました。」

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)決断力のマネジメント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ