2019年03月19日

決断力のリーダーシップ研修 コーチング編─ 峺饗В検。達錚遑鵤mer is Boss!(お客様がボスである)」

決断力のリーダーシップ研修 コーチング編─ 原則8 Consumer is Boss!(お客様がボスである)」

原則8 Consumer is Boss!(お客様がボスである)

ワークショップ─.凜ジョンは何か?誰のために働いているか?


あなたはある会社の営業リーダーです。後輩営業の田中くんとのコーチングで先月の売上目標が達成できなかった理由を聞くと、田中「先月の売上目標が達成しなかったのは、企画部のキャンペーンがダメだったのですよ。もっと良い条件をつけないと得意先は買ってくれませんよ。企画部の山本くんにそのことを言うと、山本君は営業が得意先を説得できないのが悪いのだ。と営業の責任にするのですよ。どう考えても企画部の責任だと思うのですよね。」

 

 

模範解答


質問1)このケースの問題点は何ですか?


会社のメンバーは仲間です。売上目標が達成しないのを他部署の責任(他責)にしてはいけません。

自責(自分の責任)で考えましょう。また会社のヴィジョンは「Consumer is Boss!(お客様がボスである)」であることを認識することです。

 

質問2)あなたはリーダーとして後輩に何とアドバイスしますか?

 

リーダー「田中くん、当社のヴィジョンは何かな?」


田中「Consumer is Boss!お客様を笑顔にすることです。」


リーダー「そうだよね。お客様が当社製品を楽しんで笑顔でお使いいただくことが大事だよね。そして売上はどれだけ多くお客さまが当社製品をお買い上げいただいたかのバロメーターだよね」


田中「そうですね。売上目標1000万円に対して800万円しかできなかったので200万円はお客様を笑顔にできなかったのですね。」


リーダー「あと200万円をアップするには何をしたらよかったかな?」


田中「商談件数が足りなかったのだと思います。実は遠方の得意先5件ほど商談できてなかったのです」


リーダー「それがポイントだね。担当エリアは自分の責任。営業はExecutor(実行者)なんだ。会社から与えられた目標数字を達成すること。その結果に責任を負うのだ。評論家になってはいけない。」


田中「わかりました。私は企画部を批判する評論家になっていたんですね、今日からExecutor(実行者)になります」

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日から実践してください。

「決断力のリーダーシップ」研修(かんき出版教育事業部)

https://kanki-pub.co.jp/edu/training/?p=633





小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)決断力のマネジメント   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ