2019年04月17日

目標達成のための効果的なストラジーの4つのSとは?

「リーダー3年目からの教科書」で効果的な目標設定のOGSMの原則を紹介した。
 

1)OGSMの目標設定Objective,Goal,Strategy,Measures)


今日は 目標達成のための効果的戦略の4つのSを紹介したい。

以下の4つのSのポイントを考慮して戦略立案すると効果的な戦略になるということである。

2)目標達成のための効果的なストラジー(戦略)の4つのSとは?

 

Sufficient, その戦略は目標達成の戦略として十分か

 

Sustainable, その戦略は持続して使えるか

 

Selective, 選択されたものであるか

 

Synchronized その戦略は強みで生かしたものであるか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポイントを紹介すると

Sufficient, その戦略は目標達成の戦略として十分か
これは「十分性」ということで立案した戦略が効果を発揮すればもともとの目標が達成されるということである。

 

Sustainable, その戦略は持続して使えるか

「継続性」という意味で、その戦略が今回成功した場合、継続して次回以降も実行できるということである。 

Selective, 選択されたものであるか
「選択されたもの」とは通常戦略は3つほど立案することが多いが、その3つの戦略を決定するのに、いくつの戦略を考えたか?ということである。20も30もの戦略を考えそれを削除して選び抜かれた戦略を3つ選ぶということである。

 

Synchronized その戦略は強みで生かしたものであるか

「一貫性」ということで「会社、ブランドの強みと一貫性のある戦略になっているか」ということである。

以上4つのSをチェックして戦略立案すると効果的な戦略になり目標達成の可能性がアップする。

今日から実行してほしい。



 



小森コンサルティングオフィス at 20:07コメント(0)目標設定の重要性   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ