2019年05月07日

『苦しかったときの話をしようか』森岡毅著(ダイヤモンド社)を読んでいる。たいへん面白い。おすすめの書籍である

『苦しかったときの話をしようか』森岡毅著(ダイヤモンド社)を読んでいる。たいへん面白い。おすすめの書籍である。

著者の森岡毅さんは戦略家、マーケター。神戸大学経営学部卒、P&Gを経てUSJをV字回復させる。現在はマーケティング精鋭集団「刀」を設立。「マーケティングで日本を元気に」という大義の下、数々のプロジェクトを推進している。

本書はビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働き方の本質」を紹介したものである。
たいへん勉強になるビジネススキルが紹介されている。すべてのビジネスマンにおすすめの1冊である。

私がチェックしたポイントは
1)問題の本質は外ではなく、君の内側にあるのだ。大事なことは自分の『軸』を持つこと

2)成功は必ず人の強みによって産み出される。

3)キャリア戦略とは、その人の目的達成のために、その人の持っている特徴を認識して、その特徴が強みに変わる文脈を探していくこと。

4)ビジネスの3つのコンピテンシーはThinking 考える力、Communication 伝える力、Leadership人を動かす力。

5)キャリアとは自分をマーケティングする旅である。

6)最も大切なのは目的の方向に向かって絶えず成長し続けることである。




 

小森コンサルティングオフィス at 23:46コメント(0)本の紹介 | P&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ