2020年06月23日

ラポールとは、相手によい印象を持ってもらい親近感を持ってもらうことですが、ポイントは相手との共通点を見つけることです。

営業の皆さんへ

研修でよくこの質問をいただきます。「信頼構築ができていない得意先とどう接したらよいのですか?」

「スベらない商談力」112ページ〜115ページに「ラポールの構築」があります。

ラポールとは、相手によい印象を持ってもらい親近感を持ってもらうことですが、ポイントは相手との共通点を見つけることです。

共通の趣味、生まれ故郷、友人、学生時代のクラブ活動、好きなスポーツ、映画、何でもいいです。

共通点が見つかればその話題で盛り上がります。また声のトーン(声の大きさ、声のスピード)、身振り手振りのジェスチャーを相手に合わせることも効果があります。

人は自分と似ている人に親近感を持ちます。前任者が訪問せず、印象が良くない時はチャンスです。何故ならこれ以上悪くならないわけですから。これからは信頼関係がアップするだけです。前任者は別にして、「私はしっかりと訪問します。訪問できないときも電話、FAX,メール、ZOOM等で企画の案内をしっかりとします」と言って有言実行すればいいのです。

はじめはコンタクト回数(訪問回数)を多めにして、得意先の心の窓を開くことは効果があると思います。またこれからはオンライン時代になります。時間をかけて訪問するだけではなく、電話、メール、ライン、ZOOM等のツールも有効活用したほうがお互い効率がよいと思います。

相性の合わない担当者こそ、営業力アップのチャンスです。
相性の合わない顧客だ」と思うのではなく「この顧客は宝物だ。大切な人だ」と思ってください。営業が顧客を大切に思わないと相手は心の窓を開いてくれません。スベらない商談力の書籍のスキルを実行すれば、印象のよくない得意先の心の窓を開くことが出来ます。

営業はゲームだと思って楽しんでください。


スベらない商談力
小森 康充
かんき出版
2009-03-17



小森コンサルティングオフィス at 23:28コメント(0)スベらない商談力   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ