2022年07月05日

得意先に値上げの価格改定を説得する交渉術

「得意先に値上げの価格改定を説得する交渉術」
講演会を岐阜のクライアントで開催しました。

値上げ交渉は営業にとって重要な仕事です。
会社が作った価値ある商品を適正価格で得意先に販売することが営業の仕事です。

まず始めに「価格決定権はメーカーにある」ことを認識することです。商品を購入する得意先に販売価格決定権はありません。

すなわち、値上げ交渉の基本は通達です。例えば「10月1日より当社商品の価格が一律5%アップします」。ということを得意先に通達することです。得意先に許可をとるのではないのです。得意先にお願いすることでもないのです。若い営業はよくここのポイントわ、間違います。

ただし、価格改定をしたあとに継続取引するか、安い他社に契約を切り替えるか、は得意先に決定権があります。ここを日頃の信頼関係構築で、値上げした後も、継続取引してもらえるように説得すること。
これが営業の仕事になります。

その値上げ交渉の基本となるのが「スベらない商談力」研修です。

どうぞ、ユーチューブをご覧ください。

https://youtu.be/LJfem4fJeNs





小森コンサルティングオフィス at 15:21コメント(0)営業の秘訣 | スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ