2022年07月14日

値上げ商談成功のポイント、▲蝓璽疋織ぅ爐鮟淑とる

値上げ商談成功の2つめのポイントは

リードタイムを十分とる

(値上げ準備期間、商談の期間を3ケ月〜5ケ月とる)


ことで得意先に準備期間を与えることである。


得意先も値上げの社内調整が必要で、交渉が難航して2回〜5回と長引くこともある。

得意先の反対意見として「急に来月から値上げと言われても困る」というのがある。

これは値上げに対する反対ではなく、リードタイムがないことへの反対意見である。

よって、難しい値上げ商談こそ、十分なリードタイムをとって、何回も今期強く交渉する準備が必要である。

業種、業界、得意先の社内システムで3ケ月が適当か5ケ月がよいかは臨機応変に得意先の意見も聞きながら進めていくとよい。

IMG_20201202_204435_073



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)スベらない商談力 | 営業の秘訣  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

カテゴリー
月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ