2008年10月

2008年10月31日

リッツカールトン大阪のメイドの話 5

林田さんの話の続きである。

リッツカールトン大阪にあるご婦人が2泊された。仮に田中様としよう。
1泊されてそのご婦人が外出された際、43歳のパートのメイドが部屋メイクを担当した。
部屋の掃除をしているとサイドテーブルに風邪薬の錠剤があることに気づいた。
メイドは、ご婦人がお風邪をめされていることを察した。

メイドは、毛布を持って来て、ベッドの上に置いた。そして加湿器をベットの近くに設置した。そしてご婦人にメモを残した。
「田中様、部屋メイクを担当した〜でございます。田中様、お風邪をめされているようですので、誠に勝手ながら毛布と加湿器をご用意させていただきました。よろしければお使いくださいませ。また何かございましたら遠慮なく、お電話くださいませ。」

そしてメイドは部屋からフロントに電話を入れた。
フロントには、この部屋のご婦人がお風邪を召されていること。
よって明日のチェックアウトの際に、一言風邪のご様子を伺うようにである。

そしてメイドは、ご夫人の部屋の荷物が以外に大きく重たいことを確認した。
メイドはベルボーイに電話を入れた。そしてこの部屋のご婦人にとって荷物が重いので明日のチェックアウトの時間に来て、荷物を玄関までお運びするように伝えた。

夜ご婦人が部屋に戻ってきた。部屋にあったメイドのメモと毛布、加湿器を見て彼女はいたく感動した。
そしてご婦人は、毛布と加湿器で快適に1夜を過ごした。

次の朝、頼みもしないのにベルボーイが荷物を運びに来てくれたことに感動した。そして彼女は、荷物をベルボーイにまかせ、フロントにチェックアウトに行った。

フロントの女性は、「田中様、お風邪は大丈夫でございますか?何かお手伝いできることはございませんか?」と声をかけてくれた。
その婦人は、今までこのように自分のことを気遣ってもらったのは初めてであった。 彼女の目には、涙がたまった。チェックアウトの後、彼女は感動と涙のためしばしソファに座り込んでしまった。

スタッフの女性がご婦人に確認すると、彼女は、タクシーではなく今から歩いてJR大阪駅まで行くという。
スタッフの女性から連絡を受けたベルボーイは、ホテルからJR大阪駅まで荷物をお運びした。
そしてJR大阪駅での改札口でベルボーイは、彼女に挨拶をした。

「田中様、このたびは当ホテルをお使いいただき、誠にありがとうございました。またのお越しを心からお待ち申し上ております。また田中様、お風邪は大丈夫でございますか?無理をされないようにお願いいたします。」

ベルボーイは改札口から、ホームに歩かれるご婦人を最後まで見送った。
ご婦人は、何度も振り返り、ベルボーイに感謝の気持ちで頭を下げた。

ベルボーイを見るご婦人の目には涙が溢れていたという。


感動のサービスに感謝である!

小森コンサルティングオフィス at 22:23コメント(0)トラックバック(0)奉仕の精神  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

リッツカールトン大阪のドアマン 5

元リッツカールトン大阪 営業統括支配人の林田正光さんの講演である。
リッツカールトン大阪のオープン時に、46歳の外人のドアマンがいた。
このたった一人のドアマンが、600名の社員の心をつかんだ。

「お客様の快適さとはどういうことか?」
「ホテルマンは、お客様に感動を与えるためにどうしていますか?」

この質問に、あなたがホテルマンだったらどう答えるますか?

ドアマンの心からの見送り
この46歳の外人のドアマンは、過去イギリスの皇帝にも仕えたことのある人物であった。
あるお客様がリッツカールトンのレストランからタクシーを1台申し込まれた。お客様が玄関に来られたが、タクシー到着まで10分ほどかかる。

そのドアマンのお客さんへの会話である。

「田中様(名前を呼ぶ)、レストランでのお食事、まことに ありがとうございます。(感謝の念をこめて)。 タクシー到着まで10分ほどかかります。
田中様、お待ちいただいてもよろしいでしょうか?よければあちらのソファーでお待ちいただけますでしょうか?」

10分あれば化粧室にもいけるし、電話の1,2本ができる。そのため10分ほど、という状況説明をしてさしあげる。

タクシーが到着したら、田中様を乗せ、タクシー運転手に声をかける。
「ドライバーさん、ありがとうございます。私達の大切なゲストの田中様です。よろしくお願いいたします。」

そしてタクシーが玄関を出るまでお見送りする。

リッツカールトンのドアマンは、タクシードライバーにまで丁寧に声をかける。
ドライバーに「ありがとうございます。」と言う。この話は、大阪のタクシードライバー仲間に口コミですぐに広がった。

タクシードライバーに「ありがとうございます。」というホテルマンは、他のホテルにはいなかったからである。 
林田さんは言う。「この1人の外人のドアマンがリッツカールトン大阪の社員600名の心を動かした。」

「これが、お客様はもちろん、タクシードライバーにまで感動を与える行動である。お客様の心の快適さへのサービスである。」

すばらしいドアマンに感謝である。

小森コンサルティングオフィス at 00:11コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月29日

コミュニケーションスキル セミナーのご紹介! 5

11月度の「コミュニケーションスキル セミナー」のご紹介です。

目的 最も効率的に人を説得する手法
    人と人が信頼関係を構築する手法 を習得いただきます。
    
期待できる効果 聞き上手と言われるようになります。
         人間関係が大きく改善します。
         営業職の方は、営業話法が改善され、成績がアップします。

対象 すべてのビジネスパーソン 

内容 購買の大原則
    相手の心の窓を開く話法
    信頼関係構築の4つのポイント
    説得的商談
    クロージングのテクニック
    ロールプレイ、ディスカッションを入れた実践的な内容です。
 
日程 東京会場 11月3日(祝)
    大阪会場 11月22日(土)、26日(水)

時間 13時〜18時 
  
詳細 お申し込みは下記HPより ↓

http://www.giantkevin.com/kojin/index.html

ご質問等 お気軽にしてください。

出会いに感謝です!


小森コンサルティングオフィス at 22:39コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

MBAコースに興味のある方に! 5

日経アソシエ 1-Day MBAを紹介させていただきました友人の安部さんの
公開セミナー紹介です。

1名より1日からMBAコースが受講できます。

ご興味のある方、お気軽にご覧ください。

NECラーニング 1-Day MBAセミナー

(リーダーシップ・戦略・ファイナンス)
http://eqpartners.com/seminar/nec1day_mba_1.html

すばらしいセミナーに感謝です。



小森コンサルティングオフィス at 08:40コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月28日

決断の仕方とは?(その3) 5

良い決断のポイントは、
1)関連する情報を多く集めるまでは決断はしないこと。
2)過去の事例をできるだけ参考にして決断をくだすこと。

今回は、3つ目である。

それは、
「一旦決断したことは、必ずやり遂げること。
そして自分が正しいと思うことと比べて見直すこと。」

まず必要な情報を多く収集して、過去の事例も参考にして、決断をくだした。
であれば、あとは実行するのみである。

決断した後に不安になったり、行動に迷いが出てはいけない。
実行あるのみ。そして結果を出すこと。それに集中することが重要である。

そして自分が正しいと思う価値観と比べて、問題ないかどうかを確認する。
この3つのステップを継続すrことにより、次の決断につなげていけるのである。

今日のポイント

決断の3つ目のステップは、

「一旦決断したことは、必ずやり遂げること。
そして自分が正しいと思うことと比べて見直すこと。」

感謝である。

決断の仕方とは?(その2) 5

「決断の第1ステップは、1)決断する事項に関する十分な情報を収集する。
それができるまで決断は下さない。」 であった。

今回はその2である。

2) 「過去の事例を参考にして決断を下す。」

過去の事例は、物事の正しい決断をすることの貴重な要素である。
長い歴史の中で先人は、多くの決断をしてきた。
そしてその決断、実行の結果がどうであったか?
うまくいったのか、 いかなかったのか。
その内容を知り、活用することは重要である。

会社、チームの先輩、先生、上司等、に遠慮せず聞くことである。
また文献等の資料があれば参考にすること。

またここでは、過去の事例のとうりにすることではなく、あくまで過去の事例を参考にすることでしないでよい過ちを繰り返さないこと。

解決策を考える時間が節約できることが、重要なポイントである。

決断の仕方(その2)は、「過去の事例を参考にして決断を下す。」
である。 感謝!

林田正光さんの講演会に参加 5

10月27日 国際経営コンサルタントの浜口直太社長のJCIの交流会に参加した。

本日は、元ザ、リッツカールトン大阪 営業統括支配人で現在は、タラサ志摩ホテル&リゾート 取締役会長 総支配人 林田 正光 様の講演を聞かせていただいた。

講演のポイントは、リッツカールトン大阪時代に、いかにしてCS(顧客満足度)、ES(従業員満足度)をアップしながら、「感動サービス」という通常では考えられないサービスを編み出したか?を語られた。

アメリカのリッツカールトンホテルでの出来事

ある美しいビーチでのこと。
リッツカールトンのスタッフが、夕方、ビーチのイスとパラソルを片付けていた。
そこへある男性がやってきて、スタッフにお願いをした。
「今からビーチに彼女が来るんだ。今日はこのビーチでプロポーズする。
だから彼女が座るイスを一つ貸してくれないか?」

リッツカールトンのスタッフは、快くOKした。
そしてイスを1つ砂浜において彼が彼女を待っていた。
するとそのスタッフが、彼の分のイスも持ってきた。
次にテーブルとパラソルを持って来て、テーブルに白いクロスをかけたのである。
その次に冷えたシャンパンに2つのグラス。スタッフが持ってきたシャンパンには、赤いリボンが付けられていた。
そのスタッフがわざわざ用意してくれたのである。
その上にスタッフは、急遽タキシードをホテルで借りて、タキシードを着て彼とともに彼女の到着を待った。

そこに彼女がビーチにやってきた。

彼女が向かうビーチには、2つのイスと1つのテーブルとパラソル、テーブルの白いクロスの上には、赤いリボンのついたシャンパンがあった。
そしてスタッフは、彼が彼女にプレゼントする1輪の花まで用意した。

そのスタッフはタキシードを着て彼の横に立って、彼女を迎えた。

彼女は、たいへん感動して彼のプロポーズを受け入れた。

すばらしい感動を与えてくれたリッツカールトンのスタッフあてに後日お礼の手紙が届いた。
その手紙は、世界60店舗、2万人のリッツカールトンの従業員に感動を与えた。たった1人のアメリカのビーチスタッフが、2万人に感動を与えたのである。

これがリッツカールトンのホスピタリティである。
お客様が言葉に出さない願望、ニーズを感じ取ってサービスして差し上げる。

全世界のリッツカールトンには、1日2000ドルの経費枠が用意されている。
この経費は、お客様を感動させるためにすべての従業員の判断で使える経費である。
このビーチスタッフは、1本のシャンパンと1輪の花を買ってプレゼントした。
おそらく10ドルくらいであろう。上司の許可を取りに行くことなしに、このサービスをスタッフの判断で実行したのである。

これがリッツカールトンが世界1といわれるポイントである。

林田さんは言う。日本人は、ホスピタリティを忘れてしまっている。
相手を感動させる気持ち、笑顔で、お客さんがどう感じるか?心の営業。
これを広げていかれることに情熱を持っておられる。

日本CSホスピタリティ協会の活動である。

林田さんの、すばらしい講演に感謝である。

小森コンサルティングオフィス at 02:04コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月27日

決断の仕方とは?

決断(ディシジョンメーキング)は、人生において常に必要なことである。

仕事、プライベートを問わず日々、人は決断している。

今回はシリーズで「決断する際のポイント」を紹介していこうと思う。

1)決断する事項に関する十分な情報を収集する。
それができるまで決断は下さない。

決断が必要な時、いきなり「エイヤー」で決断しないこと。
その分野に関する情報を出来る限り収集する。
そしてその情報を理解して内容を吟味すること、これが重要である。
また情報把握ができるまでは、決断は下さないこと。

ポイントとしては、決断を薦める人の話を鵜呑みにせず別のルートで情報収集することが大事である。

何故なら決断をあなたに薦める人がいるということは、あなたが決断することでその人はメリットがあるのだろう。
ポイントは、そうではなく、あなたにとって、メリットがあるかどうかである。

また決断する際は、大所高所に立って全体像を見渡すことが重要である。
この全体像を把握するためには、正しい価値ある情報が必要である。

情報収集の方法としては、
1)文献、書物、各種データ
2)インターネットで検索
3)専門家、その分野に詳しい知人に聞く
等ができる。

今日の一言

「決断の第1ステップは、
1)決断する事項に関する十分な情報を収集する。
それができるまで決断は下さない。」

感謝!

2008年10月26日

大阪で「コミュニケーションスキル」セミナー実施 5




10月25日 大阪難波にてwizli「コミュニケーションスキル」セミナーを実施した。

「大阪で勉強会&討論会&交流会」を主催のleeさん、ユナさんの協力で実施できたことに感謝です。

目的 最も効率的な説得の手法を学ぶこと

参加者 約40名

内容
情報伝達ゲーム、
購買の大原則(人は何故お金を出して物を買うのか?)
コミュニケーションの4つの障壁
心の窓を開く6つの応答
ロールプレイ
信頼関係を構築する4つのポイント
クロージング(注文をとる)の5つのテクニック
相手を効果的に説得するポイントとは?

参加者の皆さんの真剣な受講態度のお陰で、楽しく効果的なセミナーにできたことに感謝です。

参加者の皆さんからは、実践的で今晩から使います。という積極的なコメントをいただけた。

すばらしいセミナーに感謝です。

小森コンサルティングオフィス at 01:46コメント(1)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月24日

日経アソシエ リーダーシップ編の掲載紹介 5

ビジネスSNSのwizli(ウイズリ)の安部さんからの情報です。

前回ご紹介させていただいた、日経アソシエ 1-Day MBAですが、
リーダーシップ編も毎週金曜日更新で、連載されてます。

リーダーシップのポイントの理解に役立ちます。

どうぞご覧ください。 わかりやすくて、お勧めです。  ↓

http://business.nikkeibp.co.jp/article/nba/20080625/163574/


感謝!

小森コンサルティングオフィス at 14:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コミットメント(決意の度合い)

コミットメントとは、何か?
私は決意の度合いであると解釈している。

営業成績を上げるには、一番大事なことは、この「コミットメント」であると思う。
言葉を変えると「確信」すなわち自分を信じられるか?ということになる。

まず決める。「やると決める。」「そうなると決める。」「何をするかを決める。」
これが大事であると思う。

そして次に「どのようにして?」がくる。

できるかどうかは、この時点では考えない。
先にやると決める。これがコミットメントである。

自分は、何にワクワクするか?何をして過ごしたいのか?
目的は何か?どうなりたいのか?

これを自分の心に聞く、ことが重要である。

決意して、紙に書く、そしてその実現を信じる。
これができれば、半分その目標は、達成したものである、と思う。
後は、アクション、どのようにして達成するか?
そして成功するまでやり続けること。

この流れの1番初めに、コミットメント(決意)がなくてはならない。

感謝!

2008年10月22日

臼井由妃社長のイベント情報 5

マネーの虎で有名な臼井由妃社長のイベント情報をお届けします。

臼井社長とは、ミリオネアコンサルタントの鳥居祐一さんの出版記念講演会、浜口直太さん(wizli公認ユーザー)のJCI交流会等の場でお会いしてお話させていただきました。

◎経営のホームドクター臼井由妃の「稼げる社長塾」 プレセミナー パート  
 〜 どんな時代でも勝ち続ける社長のマインドと視点 〜

・日時:11月29日(土)13:00〜17:00
・会場:渋谷 T,s 東宝ビル別館 ホール502  
・定員:55名
・受講料:20,000円(早期・複数参加割引:17,000円) 
・講座内容:6ヶ月社長力基礎コースのダイジェストセミナー、
       社長力基礎講座の紹介、概要説明
セミナー終了後、臼井由妃さんと懇親会(要予約40名様、別途会費)

 【お問合せ・お申込み先】
   TEL:03-5783-0181(事務局:有限会社オフィス桜井)
   e-mail:dryuki@dr-yuki.com
   http://www.dr-yuki.com/

☆臼井由妃は、来年3月から、どんな時代にでも生き残れる社長をつくる「稼げる社長塾」を開講致します。
上記のセミナーでは、そのエッセンスをお話します。

「稼げる社長」の考え方・利益を上げるためのつぼなどが、半日で理解できます。社長様や、起業を目指す方だけでなくても、響く内容です。

「稼げる社長塾」の特徴は下記の5点です。
1あらゆる分野に対応しているカリキュラム
2社長としても能力を短期間にアップさせる
3臼井本人から個別に直接アドバイスが受けられる
4事業計画書が作成できるようになる
5商品化・事業化・販路確保の道が開ける

6回の講義終了後には投資家・企業家マスコミ関係者・著名人を迎え「事業計画発表会」を開催し、優秀者には商品化・事業化の道も用意されています。

12月のイベント情報などは、http://mixi.jp/view_event.pl?id=35726037&comm_id=1462125でも告知しています。

以上 よろしく お願いします。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 14:56コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月21日

失敗とは?(リーダーシップ) 5

リーダーシップのポイントから失敗を見ると、

優秀なリーダーの特徴は、失敗に対する対処の仕方でわかるという。

優秀なリーダーは、「失敗を学びの機会」と捉えている。

「失敗は、新しい出発点である。」

空中綱渡り芸人 カール ワレンダが同じことを言っていた。

「失敗から学ぶんだ。」 そしてそれを繰り返して一流になる。

果敢にチャレンジした結果の失敗は、大歓迎である。

そこから何かを学ぶんだ。

失敗は、計画の一部が間違っていたことを教えてくれる。

そこを修正して再度挑戦である。

「失敗OK。」 「成功するまでチャレンジする。」

この精神でいけば、人生は楽しい。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 23:16コメント(0)トラックバック(0)リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

自分の信じるもの 5

〜男は、自分の信ずる美しさのために死すべきだ〜

               土方 歳三(新撰組 副長)

自分は、何を信じるか?

自分は、何のために死ぬのか?

自分の信じる美しさとは何か?

私は、この土方歳三の言葉が好きだ。

他人のものまねではない。

社会の、会社の、期待するところではない。

自分が決める。自分の心が決める、信じるものとは何か?

これを考え、決定し、大切にしていきたい。

このイデオロギーが、個性となり、個々の集まりである集団が力を持ち、社会を変えていくのではなかろうか?

〜男は、自分の信ずる美しさのために死すべきだ〜

               土方 歳三(新撰組 副長)
感謝!

小森コンサルティングオフィス at 10:04コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月20日

日記を書く。 5

「日記を3年続けて書いた人は、将来何かを成す人である。

10年間続けて書いた人は、すでに何かを成した人である。

つまり日記は、反省、自己省察を習慣づけるからである。」

1日、1日を振り返り、良かった点、改善点を振り返る。

そしてそれを文章で残す。

これは、たいへん重要なことである。

特にBlog、SNS等の日記は、それに加え不特定多数の方への開示、アピール、自己媒体となりうる。

多くの方から、励まし、アドバイスのコメントももらえ、参考にしてもらえる。

これは、すばらしいシステムであると思う。

日記を継続して書く。この重用性を再度確認したい。

日々、今日1日の目標は何であったか?自分は何を成したか?

それをふまえ明日の目標は?改善点は?と自己省察していくのである。

日記も「継続は力なり。」である。

今日の一言

「日記を毎日書こう。継続して書くことにより、何事かを成せるのである。」

感謝!                  

小森コンサルティングオフィス at 22:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

リーダーシップ研修のご案内 5

お勧めリーダーシップ研修が銀座で開催される。

P&G時代の先輩で現在チームCANでコラボしている斧出さんが講師をされる。グローバルで通用する実践的な研修を実施していく決意を持っておりれる。

斧出さんは、P&G、USJ、シンジェンタ、日本マクドナルド(執行役員 人事本部長)を歴任され、今年人材育成コンサルタントで独立された。

研修  影響力によるリーダーシップ

講師  斧出 吉隆 (株)ヒューマンエッジ 代表取締役社長
日時  11月1日(土)9:30-17:30
会場  東成ビル3Fコミュニケーション・ルーム
     〒104-0061東京都中央区銀座8-10-7(地図)
定員  20名様限定
費用  9,975円(税込)
     当日会場にてお支払い下さい。領収書を発行いたします。
お申し込み、詳細   http://www.humanedge.jp/

ご興味をお持ちの方は、遠慮なく問い合わせください。 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 00:41コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2008年10月19日

自分に厳しく、他人にやさしく。

「自分自身には、極寒の厳しさをもって律しても、他人には暖かい寛容の忍耐をもって臨む。

その選択の瞬間に神の啓示のチャンスがある。」

                               (M,H,テスター)

自分に厳しく、他人にやさしく、

言うは易く、行うは難し、である。

しかし重要なポイントである。


他人に厳しく、自分にやさしく、

これは簡単である。 よくやったものだ。

これではいけない。

極寒の厳しさ、そして暖かい寛容に忍耐。 これが必要。

そしてそれができた瞬間の神の啓示。


この啓示を体験してみようではないか。 感謝!

小森コンサルティングオフィス at 21:17コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

学ぶとは 5

武士(もののふ)の
学ぶ心は
押しなべて

その究まりは
死の一つなり

(塚原卜伝)


学ぶ心の究極は、「死」にある。

死ぬまで学び続ける。

死ぬ気で学び続ける。

死を意識して学び続ける。

平和な現代の日本では、死を意識することは、日々の生活で薄れているかもしれない。

しかし昔の武士は、死を意識していた。

戦、切腹、真剣勝負の時代である。

「真剣さ」この言葉の意味を現代人は、今一度思い出す必要があるのかもしれない。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 18:00コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

勝利とは 5

〜刀剣短くば一歩を進めて長くすべし。〜

〜我人に勝つ道を知らず、我に勝つ道を知れり〜

                   (柳生宗矩)

相手より剣が短ければ、一歩を進めて長くする。

短所も努力、行動、活用の仕方で、長所にできる。

当たり前のことであるが、その努力をしている人がどれくらいいようか?

短所をネガティブにとってあきらめてしまってはいけない。


人に勝つことに神経をすり減らし、我に勝つことを忘れてはいまいか?

「我に勝つ」 この言葉の意味をかみしめてみたい。

昨日、より今日、今日より明日、日々進化、進歩する人は、1年、3年で大きな進歩があるであろう。

日々同じことを繰り返し、同じことしか考えない人は、進歩がないのである。

柳生宗矩の言葉をあたりまえ、で片付けず、この言葉を今日の行動にどのように当てはめよう。

この言葉をポイントに、人生をどのように進歩させよう。

この質問が、必要である。

コミュニケーションスキルを伝授してくれたP&Gの元トレーナーのボブ、ヘイドンは言った。

営業経験20年の営業マンが2人いた。

1人は、毎年進化した1年を20年間経験した。

1人は、同じ1年を20回繰り返した。

20年後の2人には、大きな差が出来ていた。

日々努力である。   感謝!

小森コンサルティングオフィス at 14:11コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

素敵な会員制パーティ 5

友人の幹事クイーンの南優里さんがすごいホームページを立ち上げました。
応援したいと思います。

突然のデートのお誘い

会社帰りのパーティー

出張中のイベント

そんな時、メイクセット、お洋服、

バック、靴、アクセサリー、

全部持ち歩くなんてオシャレじゃない!

東京タワーを背にしたエクスクルーシブな

レンタルドレスサロン『リベルテ』は、

あなたにシンデレラの魔法をかけます。


リベルテ(liberte)とはフランス語で「自由」という意味です。

一人ひとりの女性が、もっと自由に、しなやかに、美しく生きられたら、

そんな願いと祈りを込めて、名づけたのがリベルテ(Liberte)。


こんなの最高ですね。

http://www.liberte-noblesse.com/liberte.html



ノーブレス・オブリージュ(noblesse oblige)は、

フランス語で「高貴な義務」という意味。


社会的地位を守りたければノーブレス・オブリージュの精神を持つべき。

故ダイアナ妃、アンジェリーナ・ジョリー、二コール・キッドマン等、

女性として最高の輝きを放っている彼女たちも、

華やかな活躍の一方で、チャリティー活動に精力的である等、

社会に対する義務を全うしています。

そんな、ソフィストケイトされた精神をも併せ持つ人々の

メンバーシップ・システムがノーブレス(Noblesse)なのです。

月に1度、ラグジュアリーな場所で

会員限定のパーティーを行っております。

おしゃれ好きな男女が集まり、

ワインを片手に華やかなひとときを過ごします。

参加される方は大手証券マン、外資系、公務員、

お医者様、OL、ライターなど多種多様で、

お一人で参加される方がほとんどです。


すごいでしょ!

http://www.liberte-noblesse.com/noblesse.html




小森コンサルティングオフィス at 12:06コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ