2009年02月

2009年02月28日

かんき出版でのコミュニケーションスキルセミナー

09bd0be6.jpg1,2月のかんき出版でのコミュニケーションスキルセミナーが無事終了した。

目的は、最も効率的な説得の手法!

これを知れば、あなたは、トップセールスになれる。

これを知れば、あなたの家族の、仕事の人間関係は劇的に変化する。

これを知れば、あなたは、どんな女性でも口説くことができる。

16名の参加者からは、アンケートで喜びの声をいただいた。

アンケートです。

・人の感情にフォーカスしたアプローチがとても新鮮に感じました。実践しやすそうなものが多く、抵抗感なくやれそうです。【K・Nさん】

・実践での(実感)がこんなに有効なものだとは、知りませんでした。1つ1つに納得して進める内容がとても良かったです。

・コミュニケーション下手の私にとっては、非常に学ぶ所の多いセミナーでした。職場関係だけでなく、日常生活においても有効活用出来るので、これからの人生で役立てて生きたいと思います。

・ロープレを多く含んだ、セミナーで学んだ事をすぐにアウトプットできる内容なので、即使えるようになりました。簡単にできるように、教えていただけるので、どんなセミナーよりも価値あると思います。【ウィザーズ法務司法書士事務所 飯塚祐也さん】

・参加型でなごやかな雰囲気。先生の話口調や使う言葉も硬くなくてとても参加しやすかったです。これを仕事や私生活でいかしていきたいと思います。               
  【ウィザーズ法務司法書士事務所  内藤裕介さん】

すばらしい出会いに感謝です。

第2回コミュニケーションスキルセミナー

〜コミュニケーションの原則は、心の窓にあり〜 (4月9日より4回シリーズ)

http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar-sp/


小森コンサルティングオフィス at 20:20コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

Always be brave & cheerful. 5

Always be brave & cheerful. God helps those who help themselves !

「常に勇敢で楽しく過ごそう。 神は、自らを助ける者を助ける。」

この言葉は、すばらしいと思う。

このマインドになれた時、物事はうまく進む。

勇敢で楽しくなれば、物事をこなすのにワクワクする。

勇敢とは、アグレッシブなマインドである。 そして人生は楽しまないと意味がない。

何が起ころうが、常に勇敢で楽しくチアーフルに過ごす。

そして自分はできる。きっと良くなる。と信じる。

この自分を信頼して好結果を期待するマインド、これが次に重要になる。

Always be brave & cheerful. God helps those who help themselves !

「常に勇敢で楽しく過ごそう。 神は、自らを助ける者を助ける。」


中学のときから、この言葉を日記に書いていたことを思い出した。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 10:40コメント(2)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月26日

第10回wizli「コミュニケーションスキル」セミナー 5

2月24日ビジネスSNSのwizli(ウイズリ)の「コミュニケーションスキル」コミュニティの第10回コミュニケーションスキルセミナーを実施した。

プレゼンスデザインの講師であり、プロアナウンサーである菅原美千子さんに講師をお願いした。また特別ゲストには、ベストセラー作家でミリオネアコンサルタントの鳥居祐一さんが起こしいただいた。

菅原さんの講義は、「人を動かす話し方」

アメリカ合衆国大統領のオバマさんの話し方を例にたいへん実践的でためになる講演をしていただいた。

実際にオバマさんの演説の映像を全員で見てのワークショップも実施していただいた。
以下心に残ったポイントを紹介する。

「人を動かす話し方」のポイントは、

1)その人が信じられるか?
2)言動一致しているか?
3)一貫性があるか?

この3つがそろったら人は、その人を信じ、その人についていこうとする。

オバマさんの演説には、この3つがある。

そして最大のポイントは、ストーリーがある。

具体的な実在の登場人物がいて、その人のストーリーを語る。
そしてそれがオバマさんのビジョンに結びつく。人はそのストーリーテラー(語り手)としてのオバマさんについて行きたいと思う。

共感型スピーチと「Yes we Can!」が結びつく。

その内容に人は感動する。

「人を動かす話し方」のポイントは、

1)その人が信じられるか?
2)言動一致しているか?
3)一貫性があるか?

プラス ストーリー これがベストプラクティスである。

残念ながら、このポイントがどれもないのが日本の政治家である。

オバマさんのスピーチをベストプラクティスとして学んでいこう。

すばらしい講演者の菅原さんに感謝である。


小森コンサルティングオフィス at 01:16コメント(4)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月24日

What's good with me? 5

What's good with me?

私のどこが、すばらしいのだろう?

この質問は良い質問である。

世界No1サクセスコーチ、アンソニーロビンズは言う。

What's wrong with me? (私のどこが、悪いのだろう?)

この質問は、最悪である。

この質問をしてはいけない。

何故なら、あなたは、どこも悪くないからである。

今いるそのままでよいのである。

悪くないのに、悪い原因をさがそうとしても意味がない。

その結果、自信をなくしたり、落ち込んだりすることになる。

良い質問を日々しよう。

What's good with me? (私のどこが、すばらしいのだろう?)

Great question (すばらしい質問)をしよう。

そうすれば、人生が明るくなる。

感謝!




小森コンサルティングオフィス at 11:14コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

子は、親の鏡 5

「子は親の鏡」 昔 聞いた言葉である。

今の子供は元気がない。と言われる。

その解決策は、「大人が元気になること。」

なるほど、そうかもしれない。

自ら反省する。

サラリーマン時代、自宅に着いた第1声は、「あ〜〜疲れた〜」だった。

これは良くない。家族が、子供が、無意識に聞いている。


こういうのが理想だ。

「お父さんは、仕事が楽しくて仕方がない。」 

「お父さんは、元気いっぱいだ。」


家に帰って、「ただいま〜。あ〜今日も仕事が楽しかった〜。楽しすぎたんで今からもう一回会社に行こうかな〜」

こういうお父さんを見た子供は、元気に明るく育つだろうか?

一度やってみよう。

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 00:37コメント(2)トラックバック(0)人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月22日

成功は、成長の果実である。 5

「成功は、成長の果実である。」

良い言葉だと思う。

先日の鳥居祐一さんの出版記念イベントでゲストスピーカーであったアチーブメントの青木社長の言葉である。

実は青木社長とは、約20年前にも出合っていた。

私、小森康充が、P&Gの営業マンだったとき、P&Gに「タイムマネジメント」の外部講師として若き日の青木さんが来られたのである。

彼から進められたタイムマネジメントの手帳を使っていたのを覚えている。

人生、成長することが、大事。

そのバロメーターとして成功がある。成長の努力をせずに、成功だけを追い求めてはいけない。

またこのようにも言われた。

「成功する前に、成功者にならなければならない。」

自分が変わらずに、結果の成功だけを追い求めてはいないだろうか?

今の自分が「成功者」としての思考、価値観、人格、知性と教養、言動、等を努力してつけていく。 そして「成功者」となる。

そうすれば結果の「成功する」ことは自然とついてくるのである。

たいへん参考になる言葉である。

明日からまた努力しよう。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 22:59コメント(2)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

かんき出版第2回コミュニケーションスキルセミナー 5

0bd4bec6.jpg4月より、ビジネス書籍出版で有名なかんき出版での第2回「コミュニケーションスキル」セミナーが始まります。講師は、私、小森康充がさせていただきます。

〜信頼関係のポイントは、心の窓にあり〜

参加者のメリットは、

職場、プライベートでの人間関係が良くなります。

営業マンの方は、売上アップ、契約率のアップが実現します。

初対面の人とのコミュニケーションが楽しくなります。

親子関係、夫婦関係、恋人関係のコミュニケーションが改善します。

20年間の外資系企業で経験した体験を論理的に説明します。

またロールプレイ、グループディスカッションを多く取り入れた参加型で楽しいセミナーにします。

初めての方も、遠慮なく参加いただければ、幸いです。

詳細、お申し込みは下記より↓

http://doujou.kanki-pub.co.jp/

すばらしいセミナーに感謝!

小森コンサルティングオフィス at 12:16コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月21日

『動機力仕事力』就職・転職・起業に必携 5

アマゾンキャンペーンのご紹介です。

どうぞご覧ください。↓

================
★私(堀越)の著書がついに出版されます!

私が伝えたいことというのは、根源的なものであり、
誰でも悩んだり迷ったりすることへの解決法であります。
最近の IT 系ベンチャーの創業者やネットビジネスで成功し、何億も稼いだとか、
月収ン百万円だと かと言う話をよく聞きますが、
およそ我々とは別な世界の話のようだと思いませんか?
「楽して儲ける」などや「何もしないで儲ける」という、
キーワードが世を賑わしていますが、
そのようなことは実はありえないことなのです。


私は、1977年に今の会社を創業しましたので、2009年で32年になります。

この広告代理店という仕事を30年間続けたからこそ、
「ひとつの真実」というものに気付くことができました。
このことにハッキリと気付いてさえいれば、
「不安を抱えて日々を過ごすことがなくなる」はずです。

それは、「動機力」です。

そして、「動機力」とともに大切なことがもうひとつあります。
仕事は人と人とが行うものですから、
コミュニケーションをとることからすべてが始まります。
その人間関係を確かなものとするためには、
社会人としての基本的な力を備えなければなりません。

それが「仕事力」なのです。

わずか1,260円で、この内容・・・・
自信を持ってお勧めしますので、ぜひご購読下さい。


タイトル:『動機力仕事力』就職・転職・起業に必携
筆者:堀越登志喜(ほりこしとしき)
出版社:(株)マガジンランド
価格:1,260円(税込)
「アマゾンキャンペーン」2月23日(月)〜24日(火)の48時間
http://www.hrks.jp/amazon/index.html


発売を記念して23日(月)24日(火)に2日限定のアマゾンキャンペーンを実施します。

1,260円(税込)の書籍を購入すると、14,000円の参加費用で開催された、
メルマガコンサルタントの平野友朗さん、貿易スペシャリストの大須賀 祐さん、
私(堀越)の3人のコラボ・セミナー音声ファイルがなんと
無料で全員にプレゼントされ、さらに抽選で10名様を15,000円セミナーにご招待!

今すぐ
→ http://www.hrks.jp/amazon/index.html

小森コンサルティングオフィス at 22:19コメント(0)トラックバック(0)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

パリダカール優勝の篠塚さんの対談

1997年 パリ ダカールラリーに日本人初の総合優勝をされた篠塚建次郎さんの対談を聞かせていただいた。

本日「あなたに思いを伝えよう」〜子供たちに良書を〜のチャリティーイベントに参加した。

主催の臼井由妃さん(株)健康プラザコーワと篠塚さんの対談であった。

篠塚さんのコメントで印象に残ったポイントを紹介する。

パリダカで優勝できた成功のポイントは、

1)具体的目標をチーム全員で共有すること

パリダカには、60名ほどのチーム編成が組まれる。
監督、ドライバー、ナビゲーター、エンジニア、メカニック、医師、等である。
人種もアメリカ人、フランス人、ドイツ人、中国人、日本人等様々で5ケ国語が飛び交う状況になる。

最も重要なことは、言葉が通じないことではない。

具体的目標を全員が共有することである。

今回の目標は、優勝なのか?10位入賞なのか?完走なのか?それによって各々のアクションも心構えも変わってくる。
その目標が個々人バラバラであってはならない。

2)各自の役割分担を全員で共有すること

「自分は何をするためにここにいるのか」は、わかっている。
しかし全員が、全員の役割分担を理解することが重要である。

1つの例である。
あるメカニックが車の下にもぐりこんで故障箇所を修理している。
その車の前で、ドイツ人メカニックがタバコを吸っている。
このドイツ人の役割分担がわからなければ、「こいつ俺が仕事しているのに、タバコ吸いやがって」と不信感を持つかもしれない。

しかし役割分担がわかっていると、「彼の役割の修理箇所は、自分の修理箇所と車の場所が近い。よって自分の修理が終わり、車から出てくるのを彼は待ってるんだ。」ということが理解できる。
その場合、彼への不信感は起こらず、「早く修理して、彼に場所を提供しよう。」というマインドが生まれる。

これが信頼関係である。

以上の目的と役割分担の明確化、コミュニケーション、これは、海外で仕事をする際には、特に重要である。

篠塚さんのお話を聴いて、まさに組織管理のマネジメントスキルのポイントと合致することに気づいた。

1)具体的目標をメンバー全員に伝えること。

2)各自の役割分担を明確にし、組織を編成すること。

60歳を過ぎた今も多くのレースに出場されている。
すばらしいチャレンジ精神の篠塚さんを応援していきたい。

篠塚さんのHP↓
http://www.shinoken.net/index.htm

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 21:57コメント(2)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

社会活動の重要性 5

先日の鳥居さんの出版講演で富裕層雑誌のSEVEN HILLSの臼井社長のスピーチを聴かせていただいた。

以下彼のポイントである。

1)日本には、金融資産1億円以上の人は、128万人である。

2)フェラーリ、ダイヤの売り上げは、日本が世界第2位である。

3)お金持ちのほとんどは、社会貢献をしている。

地球規模で物事を見ると、やはり日本という国は、お金持ちの国であり、ラグジュアリ商品の消費は、たいへん多い国である。

また社会貢献とは、ボランティア活動、寄付等のことをさすが、これはお金持ちになったから始めたのではなく、そのような活動をしていたからこそ、お金持ちになれたのだという。

そのようになる人たちは、それほどお金を持ってなかった時代より、何らかの社会貢献をしていた人が多いそうである。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 00:14コメント(0)トラックバック(0)成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月20日

銀座夢クラブ体験デモセミナーを開催! 5

2009年2月19日 コラボレーションパートナーであるチームCANの銀座夢クラブ体験セミナーを実施した。

昨年よりご縁あってコラボレーションさせていただいている、斧出吉隆講師、廣本寿夫講師、私、小森康充の3名がチームCANを結成している。

目的は、
1)受講者として、新しいスキルを学ぶこと.
  →実体験(コンテンツ、実践的)

2)御社人材育成プログラムへのご検討.
  →リーズナルルな6ケ月プラン 毎月1回のセミナー、
  参加者1名あたり2万円の特別価格(通常は5万円が平均)

3)皆様の人脈構築. 
  →参加者も皆様どうしの交流が深まる。
  今後のビジネスに役立ててください。 

チームCANとは 
http://www.humanedge.jp/can/index.html

以下3名の講師が、順番に1時間の体験セミナーを紹介しました。

  銀座夢クラブのご説明
1.. 影響力を強化して業績を向上させるリーダーシップ(斧出吉隆講師)
http://www.humanedge.jp/

2.. 本音を聞きだしWin−Winを創造するコミュニケーションスキル(小森康充)
http://www.giantkevin.com/

3.. 企画力を向上させる論理的思考力向上(廣本寿夫講師)
http://www.widebook.net

セミナーは、実際の講義に加えロールプレイ等も取り入れた参加型で実施します。

参加者の皆様は、真剣かつ楽しく学んでいただき、成功であったと思います。

銀座夢クラブ、または、個別の研修メニューに、ご興味お持ちの方は、遠慮なく連絡ください。

小森のメール y.komori@nike.eonet.ne.jp

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 16:14コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

大阪中小企業投資育成株式会社にてセミナー 5

2月18日 大阪にて「組織力を高める真のコミュニケーションスキル」セミナーを実施した。

参加者は、企業経営者、研修、採用ご担当者を中心に20名の参加であった。

内容は、

人がお金を出して物を買う購買の大原則
ユーチューブです。 ↓
http://k.d.combzmail.jp/t/jm5e/80u1pfv0wegdpxik2a

コミュニケーションの原則
1)言葉は、それを発する人に最も強く作用する。
2)人は、自分の話を真剣に聴いてくれ、自分を理解してくれた人に、心の窓を開く。
その後に、今度は、その人の話を聞きたいという心理状態になる。

実践コミュニケーションスキルの「心の窓を閉じてしまう4つの障壁」「効果的に心の窓を開く6つの応答」のポイントを説明する。ロールプレイも盛り込み、実践的にスキルを習得してもらった。

そして「信頼関係を構築する4つのポイント」

1)正直、誠実に接する
2)相手の話を聞く
3)コンタクト回数(会う回数)を多く持つ
4)相手を宝物(将来のすばらしいパートナー、勝利者)と思う

の理論を紹介。私の実践例を紹介して、ワークショップをしてもらった。

参加者の感想は、「実践的でたいへん参考になった。」「今日からすぐに使える」
と好評であった。

すばらしいセミナーに感謝である。

主催 KEC人材紹介センター
www.jinzai.kec.ne.jp

協力 大阪中小企業投資育成株式会社
http://www.sbic-wj.co.jp/tbs/


小森コンサルティングオフィス at 10:34コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月18日

本田健さんと名刺交換!

「ユダヤ人大富豪の教え」で有名なミリオンセラー作家の本田健さんとお話する機会に恵まれた。

ミリオネアコンサルタントであるベストセラー作家の鳥居祐一さんの出版記念講演会でご一緒させていただいた。

本田さんは、とてもやさしい雰囲気をかもし出されている方であった。同じ関西出身であった。

また鳥居さんのお祝いショートスピーチで以下のポイントを話された。

「一生を通じてやりたいことをする」ことが大事。

心からやりたいこと、ワクワクすることをする。

本田さんは、30歳でセミリタイアされ毎日好きなことをされて過ごされている。

本物を持つことも重要とおっしゃった。

本は100万部を売る戦略と、100万部を200万部にする戦略、200万部を300万部にする戦略はそれぞれ違う。

キャッチフレーズは、戦略を変える。ということになる。

講演会の後の懇親会で本田さんと、名詞交換をさせていただいた。

きれいなカラーの名詞の裏には、直筆で「夢を生きよう」とサインを入れてくださっていた。

さりげないところに、心配りがあり、すばらしいと思った。

やさしい笑顔で話される雰囲気には、癒されるものがあった。

本田 健さんとの出会いに感謝である。


小森コンサルティングオフィス at 09:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月17日

友人のamazonキャンペーン 5

友人のお勧め書籍(amazonキャンペーン)のご紹介です。

以下どうぞ   ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーー
貿易って聞くと何を感じますか?

興味は、ありますか?

今日は、貿易に興味はあるが何から始めていいのかわからない方々に朗報

です。
実は、超おすすめの本があるんです。

タイトルは、“おもしろいほどよくわかる貿易ビジネスの基本と常識”
ちょっと固めのタイトルなんですが、これが本当におもしろい。斬新なのです。
ここまでわかりやすくかつ詳しくノウハウを出している貿易ビジネスの本は、

前代未聞なのではないでしょうか。
http://www.importpreneurs.com/amacam

この本の筆者は、大須賀祐(おおすかゆう)さんという方で、輸入ビジネス歴27年のキャリアをもつ貿易の超スペシャリストです。


この大須賀祐さんの27年の経験、日本に500人今日しかいないジェトロ認定貿易アドバイザーの知識、心理学に基づいたビジネススキルなどが盛りだくさんに詰まった「おもしろいほどよくわかる貿易ビジネスの基本と常識」は、2月21日に発売されます。

http://www.importpreneurs.com/amacam

ちなみに2006年秋に出版された処女作は、発売即日アマゾン総合ランキング1位を獲得。

34時間にわたって1位をキープしつづけたとのこと。

わずか1、523円の自己投資で、この内容・・・・
自信を持ってお勧めしますので、ぜひご購読下さい。

タイトル:おもしろいほどよくわかる貿易ビジネスの基本と常識
筆者:大須賀 祐(おおすか ゆう)
出版社:PHP研究所
価格:1523円(税込)
http://www.importpreneurs.com/amacam

感謝!


小森コンサルティングオフィス at 19:11コメント(0)トラックバック(0)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

月刊『貯徳時代』のキャンペーン 5

私小森康充の友人の月刊『貯徳時代』のダーナの山本さんのキャンペーン情報です。
山本さんは、多くの人脈を持たれ、書籍の応援をはじめ、世の中を明るく幸せにするという使命に燃えていらっしゃいます。

2月末までのキャンペーンで9つの特典があります。
どうぞご覧ください。
    ↓       ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつも応援をいただき、心から感謝しています。ダーナの山本時嗣です。

この度、この時代の大きな変わり目に、人生の師父、竹田和平氏
をはじめとした旦那やマドンナたちの珠玉の言葉、エネルギーを伝え広めたいと再度奮起しまして、

◎月刊『貯徳時代』のキャンペーン⇒ http://da-na.jp/

の特典を7つから9つに増やし今月末(2月28日)まで、期間も延長させ
ていただきました。今一番伝えたいことを動画をご覧いただくだけでも
お役に立てるようにまとめさせていただきました。

◎月刊『貯徳時代』キャンペーン⇒ http://da-na.jp/

この機会にどうぞご登録ください。

感謝!

小森コンサルティングオフィス at 18:42コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月16日

鳥居祐一氏の出版記念パーティ 5

本日2月15日ベストセラー作家であり、私 小森康充の盟友である鳥居祐一氏の出版記念パーティが、品川 高輪プリンスで行われた。

120名の定員に対し、160名を超える申し込みがあったほどの人気であった。

今回の著書は、「スピードブランディング」ダイヤモンド社で見事amazon1位を獲得された。

またゲストメンバーが豪華であった。

アチーブメントの青木社長、
「ユダヤ人大富豪の教え」で有名なミリオンセラー作家の本田健氏
富裕層雑誌SEVEN HILLSの臼井社長
マネーの虎で有名な南原社長
作家であり、国際経営コンサルタントの浜口直太社長
同じくマネーの虎で50冊の著書のある臼井社長
億万長者専門学校のクリス岡崎氏
その他も著名人が多数出席された

これらゲストのショートスピーチの後、主役の鳥居氏のスピーチが行われた。

彼のスピーチは、これからは個人ブランディングの時代、いかにしてブランディングを構築するか。

ブランディングとは、信用、信頼であり、希少性である。

何故この世界情勢の中、フェラーリが2000万円で売れるか?
何故フェラーリは、半年待ちなのか?
それが希少性の価値があるからである。

個人ブランディングのポイントは、
1)自分の強みは何か?
2)コンペティターのいないところで戦う
3)良質な人脈を構築する 人脈は価値と価値の交換

まとめると周りの人への良好な影響力をいかに大きくできるかが重要

鳥居さんは言う

「自分は、自分のイメージどうりの人生を生きることができる」

人生で成功する最速の法則、それは 誰を知っているか?
誰を魂を込めて応援するか? 誰に真剣に応援してもらえるか?

amazon1位を取る方法は、応援力である。

鳥居祐一さんのHP
http://www.yuichitorii.com/

鳥居さんの大阪での講演会
3月7日(お勧めです)
http://www.rivewell.jp/seminar/20090307/

すばらしい出版記念講演会に感謝である。


小森コンサルティングオフィス at 00:21コメント(2)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月14日

部下は、宝物である。 5

465d7021.JPGP&Gの営業トレーナー時代、世界で3名のトップトレーナーの1人ボブヘイドンから、私、小森康充が直接教えていただいた言葉である。

「部下は、宝物である」

私自身の経験からもこのマインドは、使える、と思った。

トレーナーとして新入社員教育を担当しているとき、2名の成績の上がらない新人営業マンがいた。
同じように成績が振るわないが、2人のマインドが大きく違う。

1人は、やる気マンマンで目が輝いている。
彼の言葉
「小森さん、僕やりますよ。今は成績が上がらりません。でもまだ入社半年、成果はこれからです。1年後には、トップセールスになりますよ。」

もう1人は、やる気をなくし、落ち込んでいる。
彼の言葉
「小森さん、実は会社を辞めようと思ってます。成績も上がらないし、上司からも怒られてばかりだし。僕、セールスに向いてないと思うのです。」

私は、何故同じように成績が上がらない新人の2人がこんなにマインドが違うのか、不思議に思って調査した。

その結果1つのポイントがわかった。

上司であった。

やる気マンマン君の上司は、常に彼に明るく接し、以下の言葉をかけていた。
「君は将来トップセールスになれるよ。笑顔もいいし、ガッツもあるし、期待してるよ。今は成績が思わしくないが、気にしなくていいからね。」

また落ち込んでる君の上司は以下の言葉を常にかけていた。
「君は何故成績が上がらないんだ。しっかりしなきゃダメじゃないか。他の成績の上がっている同期を見習え。これでは困るよ。」

上司の部下を見る目によって、部下のモティベーションは、大きく左右される。

ここでの分析は、
1)やるきマンマン君の上司のマインド
⇒部下は宝物だ。将来のトップセールスだ。すばらしい可能性を秘めている。期待しよう。仕事は楽しくしよう。何かあれば彼の責任は、私がとろう。

2)落ち込んでる君の上司のマインド
⇒彼はダメだ。セールスマンの素質がない。成績も上がらない。自分の部下に配属され、私は運が悪かった。私の教育不足と言われないように、今のうちに、いかに彼がダメかを部長に報告しておこう。

この後の結果は、

やる気マンマンくんは、徐々に成績が上がっていった。

落ち込んでる君は、会社を辞めてしまった。

このマインドは、部下のみならず多くに活用できる。

「子供は、宝ものである。」

「後輩は、宝ものである。」

「生徒は、宝ものである。」

また自分で自分を宝物と信じるマインド、ここにつながる。

「私は、宝物である。」

「私は、誰に何と言われようが、宝物(将来のトップビジネスマン)である。」

宝物のマインドに感謝!

小森コンサルティングオフィス at 12:24コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月13日

マネーの虎 南原社長と対談 5

2月12日 マネーの虎で有名な南原竜樹社長(オートトレーディングルフトジャパン株式会社)と対談の機会にめぐまれた。

南原社長のご自宅でお話をお聞きした。

今回の機会は、私、小森康充が彼の著書「くるまは普通の価格で買ってはならない」(青月社)を応援させていただいたことより、出会いがあった。

彼の話で参考になった3つのポイントを紹介させていただく。

1)好きなことを仕事にする

一日の中でも最も長いのは、仕事をしている時間である。
よってこの仕事が好きでないと、人生そのものが、面白くなくなる。
好きな仕事を見つけることが大事である。

また経営者をしていると、リスクのある決断をしないといけないことが多い。
その決断も楽しいものになる。決断が正しければビジネスはうまくいく。
また決断が間違っていれば、悪い方向にいく。好きなことであれば、そのリスクのある決断もまた楽しいものである。

2)不安はやれるのゴーサイン

人は皆、何かに迷ったとき、挑戦しようとしたときに不安になることがある。
特に事業を進めていけば迷うことがある。そこであきらめてはいけない。
不安があるということは、できる可能性が十分あるということだ。

例えば「100mを8秒で走りなさい」といわれた時、人は不安にならない。
何故なら無理だからである。人はできないことには不安にならないものである。
よって不安になったときは、落ち込まず、成功の可能性を信じて、その可能性を少しでも大きくするようにアクションしていくことが重要である。

3)人生失敗しても、マイナスにはならない。

事業に失敗して借金を背負っても、人生マイナスにはならないことを理解する。
すなわち、借金を背負って払えなくなったとき、それはそれで仕方がない。
ないものは払えない。それを堂々と説明すればよい。悩む必要はない。
実際南原さんは、ローバーの破綻の際には、30億円以上の借金を背負っておられた。
しかし、前向きにチャレンジして、現在は複数の事業を積極展開されている。

お話を伺い、「人生、難しく考えずに、人生楽しく行けばよい。」というお考えが根本にあるように思った。

静かにお話される中にも信念をお持ちで、たいへん誠実のなお人柄であるとの印象を受けた。

すばらしい出会いに感謝である。

南原竜樹さん↓
http://www.autotrading.co.jp/tn/index.html

小森コンサルティングオフィス at 16:07コメント(6)トラックバック(0)インタビュー  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月12日

大阪産業創造館にてマネジメントスキルセミナー開催! 5

マネジメントスキルセミナー開催!

3月24日、大阪にて、企業の経営者、部下を持つ管理職対象に、マネジメントスキルセミナーを実施します。

P&G世界トップトレーナーのボブヘイドンから学んだ営業本部のマネジメントの手法。

そしてその後、日本ロレアル等、外資系企業の20年間のマネジメント実体験をもとに、強い組織を構築するマネジメントの5つのステップを紹介します。

また部下を効果的にモティベート(やる気を出す)する手法、チーム全体の士気を上げる実践的手法も紹介します。

2008年7月のサーバントリーダーシップ講演会は、260名の募集に対して360名の応募があり、100名のキャンセル待ちが出ました。

お早目のお申し込みをお勧めします。


マネジメントスキルセミナー

日時 2009年3月24日 15時〜17時

対象:中小企業経営者、部下を持つ管理職

会場 大阪産業創造館 4F 大ホール

定員 220名

参加費 1000円

講師 小森 康充

申し込み http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=09218

お会いできるのを楽しみにしています。  感謝!


小森コンサルティングオフィス at 01:36コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年02月11日

娘と父のコミュニケーション 5

思春期の娘は、父親から離れるらしい。

でも父親は、かわいい娘と話がしたい。

友人から聴いた話である。

ある日仕事帰りの電車の中、ふと隣の車両を見ると高校生のかわいい我娘が、立っているではないか?

父親として嬉しい。これはなんという偶然だ。
同じ電車の、しかも隣の車両に居合わせるなんて。

神様がくれた娘と触れ合うチャンスだ!
(アンソニーロビンス風)

家ではあまり会話がない、父と娘。

父親は喜んで、携帯メールを娘に送った。
(以下メールのやりとり)

父 「お父ちゃん今、どこにいるかわかるか?」

(娘が携帯メールを見る姿を隣の車両から笑顔で見る父)

(すかさず返事が返ってくる)

娘「どこにいるん?」

父「こんな偶然あるんやな。隣の車両にいるんやで〜」

(父は、我娘が父の姿を探して、こちらの車両に笑顔で来てくれることを楽しみに待った。) 

(少し間があり娘からメールが来た。 )



娘「それがどうしたん?」



(娘の視線は、父の姿を探すことはしなかった。) 

(落ち込んだ 父  )


しかし父の娘に対する愛情は変わらない。


父と娘に感謝!

小森コンサルティングオフィス at 10:25コメント(0)トラックバック(0)心の窓  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ