2013年01月

2013年01月29日

ディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイント。効果的な決断にはポイントがあった。

今日は、ディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイントについて紹介します。

ビジネスマンの皆さんは日々、プライベート、仕事上の決断、意思決定を多くされていることと思います。

皆さんが過去にした決断は、効果的なものであったでしょうか? 

「あの決断は早まったな」「あんなこと言わなきゃよかった」みたいなことはなかったですか?

では効果的なディシジョンメーキング(決断の仕方)の3つのポイントを紹介します。

ビジネスでプライベートで活用いただければ幸いです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3つのポイントは、タイムラインでのポイントです。

1)決断を下す前の準備

2)決断するポイントの明確化

3)決断後のフォローアップ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

詳しく説明します。

1)「決断を下す前の準備」

これには、3つのポイントがあります

1−1)決断する事項についての、有益な情報をできるだけ多く集める。

これは少ない情報のみで決断を下すと大きなリスクがあります。よってその事柄についての多くの情報を集める必要があります。

1−2)有益な入手可能な情報が集まるまで、急いで決断は下さない。

これは決断は早ければ良いというものではありません。1)の必要な情報が集まるまでは、安易な決断はしないことが重要です。一度決めたことをすぐに訂正する方がいるとします。この方はこのポイントが意識できてないことが多いと思います。

1−3)本当に決断すべきことを見極めて決断する。

これは何を決断する必要があり、何を決断しないでよいか?を判断するということです。
組織上、その決断は、私がするのがよいのか?それとも別の方の役割分担なのかを明確にすることです。

「その決断は、私がすべき決断かどうか?」この質問を自問自答してください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2)「決断するポイントの明確化」

これは決断を下す内容そのもののポイントですが、以下の3つのポイントがあります。

2−1)長期的な結果に目を向けて決断する

今回の決断によって、短期では効果があるかもしれませんが、長期的にはどうなるのか?を判断することです。

プライベートでもビジネスでも人生は継続します。1月、1年、2年、10年、30年のタイムラインの中で、今回の決断が将来的にどのような影響力があるのかを考えることが重要です。

2−2)過去の事例を参考にして決断を下す。

これは過去の日本中、世界中のデータを集めると、自分自身が、今しようとしている同じような決断を下して実行した方がどこかにいると思います。
その人はその決断によって、どのような結果を達成したのか?しなかったのか?それは何故なのか?を参考にすることです。状況が全く同じではないこともありますので、そのとうりになるとは言い切れませんが、参考にはできると思います。

2−3)自分自身(または会社)の目標と一貫性のある決断をくだす。

これは、自分自身のプライベートまたはビジネス上の目標があると思います。それとの一貫性をポイントにすることです。一貫性があれば、よい決断になる可能性が高まります。また一貫性があまりなければ、プライオリティ(優先順位)は低くするほうがよいのかもしれません。この前提として、自分自身の目標設定を明確に持っている必要があります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

3)「決断後のフォローアップ」

決断はしっぱなしではいけません。良い決断を継続するためには、下した決断をフォローアップすることが重要です。3つのポイントを説明します。

3−1)定期的にフォローアップする

これは、下した決断の進行状況が自分の期待したどうりになっているかどうか、を定期的にフォローアップすることです。もし期待どうりでない場合は、何か改善のアクションを実行したり、サポートをもらったりできないかを考えることが重要です。

3−2)下した決断を自分が正しいと思っていることと比べる

人それぞれ信念、主義主張を持っています。ビジネスマンとしては、自分に正直で、誠実な態度で行動することが重要です。今回下した決断が、その自分自身が正しいと思っていることに合致しているかどうかを振り返ることが重要です。

3−3)今回の決断の振り返りをネクストステップにつなげる

決断というのは、1回で終わることもあれば、継続することもあります。プライベート、ビジネスでは、将来同じような決断を迫られることも多くあります。そのときに同じ間違いをしないために、今回の決断が〇だったのか、△だったのか、Xだったのか、それは何故なのか?を振り返りフォローアップを毎回することです。

その情報が蓄積され、決断力の知識と経験となり自分自身の決断力が鍛えられていきます。
果敢にチャレンジした結果の失敗はよいことだと思います。失敗の後に成功がやってきます。
ただし「同じ間違いは、2度としない。」ことが重要です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上「決断の3つのポイント」、それぞれをまた3つにわけましたので、合計9つのポイントですが、

ご理解いただけたでしょうか? プライベートで、ビジネスでご活用いただければ幸いです。


小森コンサルティングオフィス at 14:41コメント(0)トラックバック(0)成功人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月25日

スベらない商談力、相手の心の窓を開く講演会を開催しました。(日本アイビーエム主催)

2月25日 日本アイビーエム箱崎本社にて、「スベらない商談力」講演会を実施しました。

昨年に続き2年連続開催ですが、今回は、医薬品業界の大手メーカー、流通業の役員、管理職の方40名を対象に、相手の心の窓を開く話法、信頼関係構築の手法を紹介しました。

ストーリーマップと書籍「スベらない商談力」を使い、実践的に講演をさせていただきました。

内容は、
購買の大原則(人は、好きなもの、欲しいもの、必要なものを買う)

信頼関係の3つのポイント(正直、誠実な態度、コンタクト回数、相手を宝物と思う)

相手の心の窓を開く6つの話法(誘導、沈黙、繰り返し、心地よい質問、立ち入った質問、解釈)

理論に加えワークショップも取り入れ実践的に楽しく実施できたことを嬉しく思います。

参加者の皆さんの積極的な受講態度に感謝したいと思います。

コミュニケーションスキルは、人生全般に使えます。

ご家族、職場の上司と部下の会話、得意先とすべての人間関係構築は、コミュニケーションスキルが重要になります。

このスキルを多くの方が実践し、心の窓を開き、多くの方と信頼関係を構築いただければ幸いです。

小森コンサルティングオフィス at 17:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

スベらない商談力を高めるコミュニケーションスキルを習得するセミナー(堺市産業振興センター主催)

堺市産業振興センターにて「スベらない商談力」研修を実施します。

以下案内文です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

スベらない商談力を高めるコミュニケーションスキルを習得するセミナー
営業成績の向上には、コミュニケーションスキルが鍵となります。

「コミュニケーション」でとても重要なのが、"相手の「心の窓」を開ける"こと。
その根本原理を理解し、実践すれば、人間関係・営業成績は格段に向上します。

本講座では、コミュニケーション力を高め、顧客・相手が満足する商談・会話の進め方を
習得し、様々なタイプのお客様と円滑なコミュニケーションをとりながら商談や折衝を
スムースに進行させるスキルを習得します。

また、対人関係上のストレスを減らし、仕事の生産性向上をはかり、どのような顧客・相手
に対しても好感をもたれる対応力を身に付けます。

【日 時】 平成25年2月27日(水)、3月18日(月) 13:00 〜 17:00

【場 所】 堺市産業振興センター セミナー室2

【講 師】 小森コンサルティングオフィス 代表 小森 康充氏
◆カリキュラム
1日目 (2月27日 水曜日)
購買の大原則とは
信頼関係を構築する3つのポイント
相手の心の窓を開ける6つの話法

2日目 (3月18日 月曜日)
前回の復習、実践例発表
相手を説得する5つの話法
効果的なクロージングの話法

◆講座特徴
ストーリーマップを活用した効果的・体系的な コミュニケーションの方法を理解する
一方的な講義形式ではなく、グループ討議や ロールプレイングを通じて
「自ら気づく」ことに重点をおき受講者が主役となる参加型の研修プログラムとする

◆ねらい
最も効果的に人を説得する話法を身につける
初対面の人と信頼関係を構築するポイントを明確にする
長期的に良好な顧客との人間関係を構築する手法を身につける
研修で学んだ事の実践状況を全員で共有し、今後の課題を明確化する

【主 催】 (公財)堺市産業振興センター

【対 象】 堺のものづくり中小企業で営業を担う経営者層や中堅社員等

【受講料】 2,000円/名

【定 員】 30名 申込先着順

【申込方法】
下記の参加申込書に必要事項を記入し、FAXでお送りください。
折り返し、受講料振込用紙をお送りいたしますので記載の期日までに
お振り込みください。開催日までに参加証をお送りいたします。
スベらない商談力 参加申込書
http://www.sakai-ipc.jp/news/seminar/post-147.html

【問合先】
(公財)堺市産業振興センター
経営支援課 小松・中辻
〒591-8025 堺市北区長曽根町183-5
TEL: 072-255-6700 ファックス: 072-255-1185
URL: http://www.sakai-ipc.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多くの皆さんのご参加を期待しています。

小森コンサルティングオフィス at 17:06コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

神戸市役所で「交渉力向上研修」を実施。心の窓を開き、信頼関係を構築するスキルを紹介

810895b4.jpg
2月24日 神戸市役所で「交渉力、商談力向上研修」を実施しました。

会場は、三宮の神戸商工貿易センタービル22F 神戸市行財政局 職員人材開発センター研修室である。

写真は22Fの研修会場から神戸の山手の景色である。すばらしい景観である。

研修は、40名の職員を対象に「スベらない商談力」のストーリーマップ(研修内容を1枚の漫画で表した面白いマップ)を使い、心の窓を開く信頼関係の構築手法から、強いクロージング話法までを紹介した。

講義に加えワークショップ、ロールプレイを多く取り入れ、参加型で実践的に実施した。

具体的な現在交渉中の質問も多く出て、たいへん盛り上がった。

コミュニケーションは、仕事のみならず、プライベートでも重要である。

家庭、友人とのコミュニケーションが、うまくいかないとなかなか仕事にも身が入らないものである。

最後に異性間コミュニケーションのポイントも紹介した。

「プライド(誇り)」をアピールしたい男性のニーズと「愛と繋がり」を求める女性のニーズでしばしばミスコミュニケーションが起こり、喧嘩になることがある。

女性は男性のプライドを尊重し、男性は女性の愛と繋がりのニーズを尊重することが大事である。

この話は毎回もっとも盛り上がる。

「心の窓を開く」コミュニケーションスキルは、家族、職場、顧客、すべてに使える実践スキルである。

今後も日々、講演、研修で多くの方にスキルを伝道できれば幸いである。

感謝!
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 09:26コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月23日

日本企業は昔のパンパースと同じ間違いを犯している(ニューズウィーク日本版) - ニュース・コラム - Yahoo!ファイナンス

元P&Gのマーケティング責任者のステンゲルが、面白い話をしています。

日本企業の現在の状況を昔のP&Gのパンパースの失敗に例えています。

ブランド戦略の重要性というポイントでたいへん参考になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブランド価値が企業の優劣を決める今、やみくもに品質を追求してじり貧に陥らないための、本当の成長戦略とは


メンター P&Gを大きく成長させた経験から経営者に助言するステンゲル

 日本ブランドが危なくなって久しい。今では世界に2つとない心躍る製品を生み出しているのはソニーでもパナソニックでもなくアップルであり、アップルを脅かしているのはサムスン電子だ。さらにそのすぐ後ろには、中国勢も迫っている。

一方、株式時価総額に占めるブランド価値の比率は高まる一方で、ブランド戦略は成長戦略そのもの。米プロクター&ギャンブル(P&G)の元グローバル・マーケティング責任者で『本当のブランド理念について語ろう──「志の高さ」を成長に変えた世界のトップ企業50』の著者であるジム・ステンゲルに、ブランド価値向上の秘訣と日本ブランド再生のヒントを聞いた。

──消費者の忠誠心と財務成績をベースに世界のトップブランドをランキングした「ステンゲル50」に入った日本企業は、楽天市場一社だけだった。なぜこんな結果になったと思うか。

 日本にもトヨタ自動車のように素晴らしい会社があり、私は高く評価している。東日本大震災の影響がなければ、トヨタはリスト入りしていただろう。

 一方、日本企業はあまりにも長い間、製品、技術、生産すべてがうまく行き過ぎて、マーケティングをあまり重視してこなかったのも事実だ。製品は勝手に売れたし、販売網もあったし、市場も大きかった。未来を作らず、新しい需要も作らず、革新的な製品も生まれない。だが、今後数年の間には非常に面白い変化が起こるだろう。主要産業の主要企業のなかにも、うまくいかないところが出てきたからだ。

  成長する企業はマーケティングを重視し、グローバルに戦えるブランドを作る。日本に必要なのはグローバルブランドだ。韓国にも中国にも非常に強いブランドがある。日本企業はいくつかの韓国企業に遅れているし、中国企業も急速に台頭している。彼らには、グローバルブランドを作ろうという大きな野心がある。その点、日本は遅れている。

──アメリカの優良企業で構成するS&P500社の株式時価総額のうち、1980年にはほとんどすべてが工場や現金などの有形資産だったが、2010年にはそれが40〜45%に落ち込んで、半分以上がブランド価値のような無形資産になったとある。

  ブランドの重要性を裏付けるデータだ。実際、「ステンゲル50」に入ったトップブランド企業とS&P500社の株価のパフォーマンスを比べると、2000年1月からの11年間でステンゲル50社の株価は382.3%、S&P500社は−7.9%と大きな差がついている。

 ブランドの価値が会社の価値の半分を占めるなら、当然、それに責任を負う人間が必要だ。日本企業には、そういう人間がいないのではないか。

──それは、あなたもP&Gで務めたグローバル・マーケティング責任者とかCMO(最高マーケティング責任者)のことか。

 マーケティング部門の責任者は必ず必要だ。多くの日本企業はマーケティングを財務や技術開発のような専門として見ていな い。販売促進活動の一環のように思っている。それが問題だ。販売が目指すのは、今日、明日、来月などの短期でたくさん売り上げること。マーケティングは長期的に需要を創造するもの。製品開発を根本から変えるようなもの。マーケティングは消費者を理解し、企業に長期的な勝利をもたらすものだ。

── 具体的には?

  企業のビジネスの背景にある理想を定義づけ、それを広く全社員と分かち合い、一丸となってその理想を追い求め、各部署で理想を具体化するための行動に落とし込む。これがマーケティングで、この一連のプロセスを完結させるにはリーダーがいなければならないし、強力なマーケティング部隊がなければ実現は難しいだろう。

 とはいえ、誤解しないでもらいたい。これはマーケティングについての本ではない。企業の哲学、成長へのアプローチに関する本、企業を率いるリーダーすべてにとっての本だ。私はP&Gにいた25年のうち18年間はマーケティング以外のさまざまな仕事をしていた。この本はいかにして持続的な成長を可能にするかについてのものだ。

──急速に成長を遂げるビジネスを動かしているのは「ビジネス・アーティスト」だとあなたは言う。ビジネス・アーティストとは何か。

 成長ブランドの創造には人々を感動させ魅了するブランド理念が欠かせないが、それはビジネスマンよりアーティストの仕事だ。フランスの高級ブランド企業、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)のベルナール・アルノーCEO兼会長はこう言っている。「スター・ブランドは、芸術的で創造的な精神からしか生まれない」

 実際、偉大な製品、勢いのある組織、消費者ニーズのいち早い発掘、差別化の上手さなどで優れた企業を思い起こせば、必ずそこにはビジネス・アーティストがいる。スティー ブ・ジョブズはもちろん、その最たる例だ。彼の場合、ビジネス運営面はCOO(最高執行責任者)だったティム・クックが担っていた。一人で二役を兼ねられるリーダーもいるが、別々でもとにかく権限をもつアーティストがいることが重要だ。LVMHのアルノーは、傘下の企業のすべてで、ビジネス運営者の役割とアーティストの役割を別々の人物に任せている。

 成長しない会社というのは戦術やオペレーションのことばかり考えていて、ビジネスの創造的で芸術的な側面のことをやっていない。脳の片側、論理面しか使っていないCEOが多い。そしてもう片方の感性面には苦手意識をもっている。だが組織を率いるリーダーは本来、感情的に成熟していなければならない。

 そういうリーダーが少なすぎる。ビジネススクールはビジネス運営者ばかりを量産しているが、もっとアーティストが必要だ。

──ブランド理念というのは具体的にどういうものか。

  理念はブランドに生命を吹き込むものだ。その点、15年前のパンパースは死んだも同然だった。紙オムツのパイオニアだったにも関わらず、後発企業に市場を奪われウォール街からはP&Gのお荷物扱いまでされるようになった。なぜなら、当時のパンパースはひたすら、吸水性がよくすぐ乾くという利点だけを追い求めていたからだ。品質や機能に重きを置きすぎるというのは、今の日本企業にも共通する問題だろう。いいものは作る。だが他社製品と大して変わらない。

 パンパースに足りなかったのは、いかに人々をハッピーにして喜ばせるか、驚かせるか、人生を素晴らしいものにするか、という高次の理念だった。母親たちがいつも心配しているのは、オムツが他社製品より速く乾くかどうかではなく、赤ちゃんが幸せか、ちゃんと育っているか、食べているか、ということだ。

 だったらオムツのことは脇へ置き、赤ちゃんを育てる母親の友達になることをブランド理念にしようと考えた。すると、赤ちゃんの発達段階に合わせたオムツを開発したり、ウェブサイトで子育てについての質問に答えるサービスを立ち上げるなどの発想が生まれてきた。これまで乾きやすいオムツを作って売るだけの仕事に物足りなさを感じていた社員も一丸となって母親たちのことを考え始めた。次第に母親たちにも支持してもらえるようになり、売上は3倍になり、利益も増えた。

──当たり前のようだが、顧客不在の製品開発になってはいけない。

 顧客不在で成長している企業は思いつかない。偉大な企業はみな顧客中心主義だ。顧客サービスでナンバーワンの企業の例を挙げよう。アマゾン・ドットコムに買収されたシューズ通販会社のザッポスだ。彼らの理念は、幸せを配達すること。従業員は顧客と長電話したほうが評価が高い。顧客のほうも、一度電話すればザッポスが大好きになる。靴のサイズがわからなければ3サイズ送る。商品は他の店と大して変わらないのに、顧客の忠誠心は極めて高い。

──顧客サービスはコストが高く、商品の値段は高くできない。どうやって利益を出すのか。

  価格は必ずしも安くなくてはならないわけではない。アップルはほかのコンピュータの3倍高い。ルイ・ヴィトンのバッグも。ステンゲル50のほとんどはプレミアム価格で製品やサービスを売っている。それだけの付加価値があると思えば高いお金も払う。どこに価値があるのかを理解しなければならない。大事なのは、消費者の気持ちに共感できることだ。

──アメリカの大統領選で再選されたオバマ大統領と敗北したロムニー候補にも言えることだとブログに書いていた。

 そうだ。オバマには高い理念があり、ロムニーにはなかった。オバマは中間所得層を豊かにするために働くと言った。ロムニーは税金と財政支出を減らすと言った。これは個別の政策であって理念ではない。オバマの主張には人々の心に訴えるものがあった。理念の重要さは企業にとっても同じだ。理念があれば優れた人材も集まるし、従業員の士気も上がるし、使命感も生まれる。ロムニーには人を感動させるところが皆無だった。

──若いエグゼクティブに望むことは。

 好奇心。勇気。決断するのに恐れてはいけない。日本にはそれが欠けているようだ。目立ちたがらない。好きな仕事ほどよくできる。だから自分の好きな仕事を見つけることがとても大事だ。

千葉香代子(本誌記者)

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20130123-00010001-newsweek-column

小森康充<

小森コンサルティングオフィス at 18:06コメント(0)トラックバック(0)P&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月22日

ワークショップ実施時のモデレーターの心得(研修講師、トレーナーの方へ)

セミナー、ワークショップを運営される研修講師、企業の教育担当トレーナーの皆さんへ

セミナー運営において、ワークショップを実施されることは多いと思います。

ではそのときの、モデレーターとしての心得は、どのようなポイントがあるのでしょう。

受講者の参加度合いを最大にして、モティベーションをアップして効果的な楽しいワークショップにするには、ポイントがあります。

それを紹介します。

1)効果的な質問

モデレーターが答えるばかりではなく、受講者からアイデアを出させるようにしましょう。また「イエス、ノー」で答えられる質問をできるだけ避けるほうが効果的です。

「繰り返し」の話法を効果的に使用して、受講者の発表のキーポイントの言葉を強調してディスカッションを活発に盛り上げていきます。受講者から出た意見を繰り返すことにより、モデレーターが、受講者の言ったことをポイントとして受け止め、理解していることを示せるのです。

2)「誘導」の話法

参加者が発想力を十分発揮できるように、コミュニケーションスキル「スベらない商談力」で紹介した誘導の話法を使います。「なるほど」「と、言いますと」「いいですね」「それについて詳しく聞かせてください」という次の言葉を出してもらう相槌を効果的に使いましょう。

3)「沈黙」の話法

相手の話をしっかりと聞くには、「沈黙」の話法は重要です。人はよく、相手の話を遮って自分が話しだそうとします。
これはいけません。相手の話は、最期まで聞くことが大事です。そのためには、沈黙して相手の眼をアイコンタクトでしっかりと見ることが重要です。

4)褒める

受講者のすぐれた発言、態度を褒めることは重要です。
ワークショップの目的に達成に貢献する言動をしっかりと褒め、そうでない言動は忍耐強く待つことが重要です。
そのことで受講者のモティベーションがアップします。

以上 参考にしてください。








2013年01月21日

セミナー、ワークショップの3つの運営方法(トレーナー、研修講師の方へ)

トレーナー、研修講師の皆さんへ

セミナー、ワークショップを実施するときに、代表的な3つの運営方法があります。

この3つの方法を効果的に活用することで、研修効果がアップします。

1)ティーチャー方式
2)モデレーター方式
3)ファシリテーター方式

以下に紹介させてもらいます。

神戸市女性推進


1)ティーチャー方式

これは学校の先生です。授業のように受講者は黙って講師(ティーチャー)の講義を聴くだけです。
受講者自身が実質的にセミナーに参加することは殆どありません。
講師(ティーチャー)の目的は、講義を通して受講者に知識を授けることです。
講義内容の問題点についての解答は、予め定められています。
講師は講義内容について熟知しています。
受講者は参加時点で内容の予備知識を持っていません。

2)モデレーター方式

参加型のワークショップです。
受講者と講師(モデレーター)のワークショップへの参加度合は半々になります。
講師(モデレーター)の役割は、ワークショップの内容を方向付けることです。
講師は答えを持っていますが、それを言わず受講者に考えさせ答えに導くようにします。
受講者は、答えそのものは知りませんが、考えることによって答えを導き出せるある程度の知識と経験を持っています。
講師は効果的な質問スキルを駆使します。

3)ファシリテーション方式

講師は司会進行役をします。
受講者のワークショップへの参加度合は、上記2つに比較して最大となります。
講師(ファシリテーター)は、自分の意見を出さず、受講者から出させます。
講師(ファシリテーター)は、内容についての知識を持っていなくてもOKです。
内容の問題についての解答は、殆ど定められてません。
受講者は参加時点で、内容の予備知識を豊富に持っています。

ワークショップを効果的に運営するためには、上記の3つを効果的に組み合わせることが重要です。

私のセミナーにおける実践方法を紹介します。

「スベらない商談力」セミナーでは、顧客との信頼関係を構築するスキルについて学んでいただきます。

はじめにティーチャー方式で講義をします。受講者に信頼関係構築のポイントについて理解いただきます。
受講者は講師の小森の話をしっかりと聞き、内容を覚えてもらうのです。

2番目にワークショップに入ります。「今学んでもらったスキルを明日から顧客との商談でどのように活用しますか?」という内容で4名グループでディスカッションしてもらいます。
そして話し合った内容をグループ代表の方に発表いただきます。
その中で講師の私がいくつか質問させていただきます。それを受講者全員が聞いています。
公開コーチングのようなイメージです。これがモデレーター役です。
受講者が自ら考え小森の質問に答えることで、答えを述べることができます。ここで全員で拍手になります。

最後がファシリテーターです。
その後、このスキルをすでに実践して、すばらしい商談成果(成功例)を実践されている方が受講者の中にいることを知ったとします。
その方に事前了解をいただき、その商談成功例を発表していただきます。
これがファシリテーターです。講師の小森が体験談を話すより、この代表の受講者に発表いただいた方が、受講者全員の理解が深まるという判断です。

ワークショップを運営される講師、トレーナーの方は、以上の3つの方式(ティーチャー方式、モデレーター方式、ファシリテーター方式)を効果的に実践いただければと思います。

参考にしてください。












2013年01月20日

「解決する力」猪瀬直樹著(東京都知事) PHPビジネス新書 おすすめ書籍の紹介

解決する力 (PHPビジネス新書)
解決する力 (PHPビジネス新書)




dd2e562a.jpg


「解決する力」猪瀬直樹著(東京都知事) PHPビジネス新書 を読んでいる。

たいへん面白い。

難題を乗り越えるリーダーの物の見方、考え方23。

平常心を保ち、覚悟を決め、対極的に判断せよ。

この書籍は、東京都知事であり作家の猪瀬直樹氏の著書であるが、「尖閣諸島問題」「東京電力とのバトル」「オリンピック招致」など日々揺れ動く出来事をネタに、問題解決力を磨く考え方、行動の仕方をわかりやすく解説されている。

ビジネスマンにとってたいへん勉強になる1冊である。

著者の猪瀬直樹氏は、1946年長野県生まれ、87年「ミカドの肖像」で第18回大宅壮一ノンフィクション賞、96年「日本国の研究」で文藝春秋読者賞、小泉政権下で道路公団民営化委員として道路公団民営化を実現。07年東京都副知事を経て現在東京都知事。

章立ては

プロローグ 石原、橋下、倒幕シナリオ

第1章 東京電力との闘い

第2章 電力不足を救う

第3章 尖閣諸島購入問題

第4章 オリンピックとスポーツの力

第5章 災後社会のネットワーク

第6章 東京のパワー

エピローグ 平常心の保ち方

私のこの書籍のポイントは、

1)前例、ルールに縛られる縦割り組織の官僚機構が国民生活向上の弊害になっている。

2)東京メトロ地下鉄と都営地下鉄の統合化できないのは、官僚の利権のため。

3)東京電力のずさんな経営のため、我々国民は、長年に渡って過大な電気料金を払わされてきた。

4)日本維新の会、石原(慎太郎氏)、橋下(大阪市長)連合は、官僚政治からの脱却をめざす。
→自民党では官僚政治からの脱却は無理である。

5)尖閣諸島は、東京都が管理するほうがよい。国には尖閣諸島を管理する理念もノウハウもなし。

6)東日本大震災で威力を発揮した東京都庁のスピード感。ツイッターが、被災者の命を救った。

石原慎太郎都知事時代より副知事の経験をされた猪瀬氏が、リーダーシップをとって実現されたポイントが、わかりやすくまとめられている。

私は、実力主義の外資系企業で20年間ビジネスにかかわって、現在はコンサルタントをしている。

その私の立場から見ると、石原慎太郎(日本維新の会)代表、猪瀬直樹東京都知事、橋下大阪市長の3名のリーダーシップには、すばらしいものを感じる

ヴィジョンと行動力、国民の為という軸、情報発信力。ともにすばらしい。

今の政治家、官僚には、何の期待もしていないが、この3名には期待し応援したいと思っている。

この本で猪瀬氏は、最後に「平常心の保ち方」についても解説されている。

我々国民1人1人が、ヴィジョンと問題意識、問題解決の実行力を持つことが重要である。

「解決する力」猪瀬直樹著(PHPビジネス新書) すべてのビジネスマンに読んでいただきたいおすすめの書籍である。

小森康充


小森コンサルティングオフィス at 15:22コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月18日

1月17日SMBCコンサルティング東京にて「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」研修を実施しました。

1月17日SMBCコンサルティング東京にて講演ダブルヘッダーで実施しました。

午前中3時間「スベらない段取りの技術」、午後3時間「スベらない商談の技術」、企業の営業マン対象に、売上アップのポイントを紹介しました。30名の参加者の皆さんがロールプレイとワークショップで盛り上がりました。

Chiyoda-Ku-20130117-00085


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スベらない段取り術の内容は、

1.商談のカギは目標設定  
1)目標とは、
2)目標達成の原則は「具測達一」
3)目標達成のための心がまえ

2.アピールするポイントを押さえる   
1)商品――愛情を伝える   
2)会社――誇りを持つ
3)営業――自己アピールをする
(ワークショップ) 現状の振り返りと次のステップ

3.業績を飛躍的に向上させる商談の事前準備 3つのツール
1)得意先情報シート 更新しないと意味がない
2)関心度チェック お客様は何に関心があるか
3)プランスリップ 取引状況を数字で把握する

4.イエスと言ってもらえる状況を作り出す準備   
1)議論の余地のない「事実」を用意する
2)説得力のあるデータを作り出す
  ◎訪問回数を増やすこと   
  ◎得意先の規模が平均以上であること
  ◎担当者、その上司とコミュニケーションがとれること
3)誰が決定権を持っているか

5.優先順位を決めるための法則   
1)売上増加が期待できるのはどこか   
  ◎増加見込売上   
  ◎成功可能性
  ◎期待値
  ◎タイミング
  ◎コスト
  ◎一貫性
2)行動計画表を作る

6.訪問時間を最大化する8つのポイント   
◎毎日の「することリスト」を作成する
◎やるべきことの優先順位をつける
◎重要なことからやり始める   
◎大きな仕事は分解して一つひとつ処理する 他

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次回のセミナーの案内

「スベらない段取りの技術」研修
 2013年1月23日午前 (SMBCコンサルティング主催 名古屋)
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201301/seminar_20122631-01.html

「スベらない商談の技術」研修
 2013年1月23日午後 (SMBCコンサルティング主催 名古屋)
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201301/seminar_20122632-01.html

「スベらない段取りの技術」研修
 2013年3月7日午前 (SMBCコンサルティング主催 東京)
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201303/seminar_20122738-01.html

「スベらない商談の技術」研修
 2013年3月7日午後 (SMBCコンサルティング主催 東京)
http://www.smbc-consulting.co.jp/company/seminar/teigaku/tokyo/month/201303/seminar_20122739-01.html

多くの方のご参加を期待しています。

















人事・教育ご担当者様向け 「スベらない商談力」無料デモセミナーを開催!参加者募集中!

営業本部の組織力強化のために、人事・教育ご担当者様向け 無料デモセミナーを実施します。

研修内容は、「スベらない商談力研修」 主催:かんき出版

〜最も効率的で強い説得の方法とは?〜

日時 2013年3月8日(金) 15:30〜17:30 ※受付は開始30分前から行います。

会場 かんき出版 セミナールーム   〒102-0083 東京都千代田区麹町4-1-4西脇ビル3階

対象 企業の人事・教育ご担当者様

講師 小森康充 (人材育成コンサルタント)

参加費 無料

定員 24名 ※定員に達し次第締め切らせていただきます。

  受付期間 〜2013年3月7日(木)まで

お問い合わせ 株式会社かんき出版 教育事業部 【セミナー事務局】

電話:03-3262-8014

eメール:doujou@kanki-pub.co.jp

詳細ページ
http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/info/12028/

DSCF1983


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2時間のデモセミナーで研修内容を理解いただきます。研修は、講義の理論に加え、ロールプレイ、ワークショップを多く取り入れます。今回のデモセミナーも参加型で、実際の研修内容の一部をロールプレイで体験いただきます。

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。


大阪産業創造館にて3月19日「商談、交渉術」2時間講演会を実施。参加者募集中

3月19日、大阪産業創造館で「商談、交渉術」の2時間講演を実施します。

4F大ホールでの講演会は、2008年より6年連続開催となります。

以下案内文ですので、どうぞご参加願います。120名先着受付ですので、お申込みはお早めに願います。

詳細、申し込みページ
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=14360

IMG_0170


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ナレッジセミナー】
中小企業経営者がおさえておきたい商談・交渉術

開催日時  2013年3月19日(火) 14:00-16:00

開催場所  大阪産業創造館 4F イベントホール

料金   1,000円/名 消費税込み ※当日はお釣りの必要がないようご準備ください。

お支払方法  当日受付にてお支払い

定員  120名 (満席になり次第、締め切ります)

講師  小森 康充 氏(小森コンサルティングオフィス 代表)

対象  中小企業経営者・経営幹部

※対象外の方、士業・経営コンサルタントなど当館が経営の専門家と認める方からのお申込みはお断りいたします。

問い合わせ先
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
〒541-0053 大阪市中央区本町1-4-5
大阪産業創造館13階
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月〜金 10:00〜18:00 (祝日除く)

詳細、申し込みページ
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=14360

IMG_2877


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜スベらない商談・交渉のためのプロセスとステップ〜

取引先との商談の場など、良好な関係性を構築する上で商談・交渉スキルの有無や、レベルが大きな役割を果たすことが多々あります。

また、企業のトップである中小企業経営者にとっては、取引先はもちろんのことですが、社内のスタッフに対する組織マネジメントの一環としても、求められる能力のひとつといえるでしょう。

自社の売上や収益を上げる意味でも、強い組織力を構築するうえでも欠かせない商談・交渉術。

「スベらない商談力」(かんき出版)などの著者による事例を交えた講義で商談話法の基本から、交渉のプロセスまでを、わかりやすく解説します。

内容

●購買の大原則
●相手の本音を聞き出す6つの話法
●クロージングの話法
●交渉が必要となる3つの条件
●交渉は3つのプロセスから
〜それぞれに必要なスキルを具体的事例に基づいて説明〜

詳細、申し込みページ
http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=14360

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当日会場でお会いできることを楽しみにしています。






2013年01月14日

購買の大原則「人は、好きなもの、欲しいもの、必要なものを受け入れる(買う)」

書籍「スベらない商談力」にて紹介させていただいているが、人が物を買ったり、アイデアを受け入れたり、行動を起こすには原則がある。それを「購買の大原則」として紹介しています。

購買の大原則とは、「人は、自分自身が、好きなもの、欲しいもの、必要なもの、を受け入れる(買う)」

すなわち営業マンが、買って欲しいものを買うのではない。

例えば、休日に映画を見に行く人。なぜ映画を見に行くのでしょう。

理由は、「映画が好きだから」「好きな俳優が出演しているから」「好きな彼女が映画を見たいというから」、、、、

ここでも「好きだ、欲しい」という言葉が出てきます。

スポーツジムに通っている方、は何故でしょう?

「健康のために体を鍛えたいから」「水泳が好きだから」「スポールで汗をかいた後にビールを飲むとうまいから」「シェイプアップしたいから」「体重を落とすためにスポーツが必要だから」

この理由も人それぞれであるが、「欲しい、好きだ、必要だ」という言葉が出てきます。

これが購買の原則です。人は、自分自身が好きになるか、欲しいという感情が芽生えるか、必要性を感じるか、どれかの感情が芽生えたときに行動を起こすのです。またはお金を出して商品を買うのです。

ということは、営業マンの皆さんが効果的に売上をアップするためには、営業マンが紹介するアイデア、商品を、顧客が「好きだ、欲しい、必要だ」と感じてもらわなくてはなりません。

そのためには、いきなり商談で商品説明をはじめたり、延々と話をするのではなく、まず顧客の話を聴くことです。

そして相手の心の窓を開き、顧客の状況、気持ち、ニーズを把握します。商談はここからはじまります。

私は営業研修の講師をしていますが、本当の意味で「人が人を説得することはできない」と思っています。

何故なら購買の原則があるからです。購買の原則は、顧客1人1人で違うからです。

ただ皆さんの過去の経験で、営業マンが商品説明して見事契約できたことをもあるでしょう。

これは一見営業マンが顧客を説得したように見えています。ところが実は、営業マンの説明内容が、たまたま顧客のニーズ「好きなもの、欲しいもの、必要なもの」に合致しただけなのです。

商談で最も重要なのは、「相手の好きなもの、欲しいもの、必要なものを聞き出すことです。」

ここでのポイントは、いきなり初対面の営業マンが訪問して、「あなたのニーズは何ですか?」と聞いても相手は本音を答えてくれないでしょう。

人には心の窓があり、初対面ではたいてい心の窓が閉じているからです。まず商談は、相手の心の窓を開くことから始めることが重要です。

すべては信頼関係の構築がベースになるのです。



2013年01月09日

スベらない商談力セミナー マスターコース (上級スキル)のご紹介

スベらない商談力セミナー マスターコース(上級編) のご紹介!

2月5日(火) 10時〜17時 かんき出版主催(東京開催)

http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/info/12025/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

すべての基礎は、コミュニケーションです。
営業成績の向上には、コミュニケーションスキルが鍵となります。
「コミュニケーション」でとても重要なのが、“相手の「心の窓」を上げる”こと。その根本原理を理解し、実践すれば、人間関係・営業成績は格段に向上します。

実務に活かす「上級スキル」を学びます!!

書籍『スベらない商談力』の著者・小森康充氏が講師を務める大人気公開セミナーの「マスターコース」が登場しました!
お客様との良好な信頼関係を構築し、営業成績をあげる秘訣を習得後、現場で実践、その実践状況を共有し、今後の課題を明確化。実務に活かす「上級スキル」を学ぶ講座です。

期待できる効果
顧客とのコミュニケーションや対人折衝のコツをつかむことが出来ます!
◇最も効果的に人を説得する話法が身につきます。
◇初対面の人と信頼関係を構築するポイントが明確になります。
◇長期的に良好な顧客との人間関係を構築する手法を身につけられます。
◇研修で学んだ事の実践状況を全員で共有し、今後の課題を明確化することができます。

特に今回は、上級編の「反対意見の対処の手法」を紹介します。

相手から反対意見が出ることは、商談、社内コミュニケーション、プライベートの会話でよくあることでしょう。
その時、あなたは、どのように対処していますか?反対意見に対処し相手を説得できていますか?

最も効率的な反対意見の対処の手法を紹介します。

セミナーは、講義に加え、ロールプレイ、ワークショップを多く取り入れた参加型で行います。

遠慮なくお問い合わせください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スベらない商談力セミナー マスターコース 
2月5日(火) 10時〜17時 かんき出版主催(東京開催)
http://doujou2.kanki-pub.co.jp/seminar/info/12025/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会場でお会いできるのを楽しみにしています。

2013年01月07日

「税務署員だけのヒミツの節税術」 あらゆる領収書は経費で落とせる(確定申告編) 大村大次郎著 中公新書ラクレ おすすめ書籍の紹介

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)


「税務署員だけのヒミツの節税術」
あらゆる領収書は経費で落とせる(確定申告編)
大村大次郎著 中公新書ラクレ
を読んでいる。今年の2月、3月に確定申告の時期であるが、たいへん面白く勉強になる。

著者の大村大次郎氏は、元国税調査官、10年間主に法人税担当調査官としての経験をされ、現在はフリーライターをされている。

内容は、会社員も自営業者も税金を払いすぎている。税務の知識をしっかりともって、申請することで、かなりのお金が戻ってくる。逆にその知識がなければ税務署のいいなりになってしまい、必要以上の税金を払わされてしまう。というものである。

第一章 サラリーマンのほとんどは税金を払いすぎている

第二章 確定申告のポイントは、公私混同

第三章 知らないと損する確定申告の裏ワザ

第四章 本当は危ない青色申告

第五章 税務署に騙されるな

私がチェックしたポイントは、

1)年末に結婚したら税金が安くなる

2)家を買うなら平成25年の内に買おう

3)10万円以下でも医療費控除は受けられる

4)なぜ税務署員は扶養家族が多いのか

5)交際費にできるかどうかの基準は3つ
1)人と会っていること
2)仕事についての話をしていること
3)全額を自分が払っていること

6)税務署は質問には親切に答えてくれる
ただしグレーの部分は、税金を多く払う方向にアドバイスされる

7)税務署は、税金を納めすぎた時は黙っているが、足りなかったら文句を言うところ

8)税務署員は、少しでも多く税金をとろうとしており、中には平気でウソを言う税務署員もいる

9)日本の税のルールは、金持ちに有利、庶民に厳しい。トヨタの社長と平均サラリーマンでは、税負担率は平均サラリーマンの方が多いという事実

10)青色申告が白色申告よりもいいとは限らない。

以上、たいへん参考になる内容であった。

私が知っておきたかったのは、「未成年の歯の矯正治療は、医療費控除の対象である。」ことであった。

思い出せば、子供が小学生のとき、歯の矯正治療にかなりのお金を払った。まさかそれが控除できると知っていれば、かなり税金がもどってきたのである。

このように税務署は、聞けば教えてくれるが、積極的には、これを申請すれば税金が安くなりますよ。とは言ってくれない。我々が自分で知識を身に付け、自分で申請しないといけないのである。

ちなみに、日本とシンガポールの税金の差が以下である。

年収における所得税+住民税の差

480万だと日本21%:シンガポール4.2%

960万だと日本27%:シンガポール8.7%

1920万だと日本35.4%:シンガポール13.2%

いかに我々日本人は、多くの税金を払っているかということを認識する必要があるでしょう。


税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)


小森コンサルティングオフィス at 17:32コメント(0)トラックバック(2)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月06日

時間に感謝しよう!

8db18a42.jpg
おはようございます。

喫茶店でゆっくりと読書しています。

2013年 今年の初アイスコーヒーです。

今日のお話

「とてもとてもふしぎな、それでいてきわめて日常的なひとつの秘密があります。

すべての人間はそれにかかわりあい、それをよく知っていますが、そのことを考えてみる人はほとんどいません。

たいていの人は、その分けまえをもらうだけもらって、それをいっこうに不思議と思わないのです。

この秘密とはー

それは時間です。

(ミヒャエル、エンデ) 」

今日も1日、明るく、楽しく、元気よく、いきましょう!
小森康充


小森コンサルティングオフィス at 11:30コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年01月05日

書籍「叩かれても言わねばならないこと」 枝野幸男(元内閣官房長官)著 東洋経済 おすすめ書籍の紹介

叩かれても言わねばならないこと。
叩かれても言わねばならないこと。


書籍「叩かれても言わねばならないこと」 枝野幸男(元内閣官房長官)著 東洋経済 を読んでいる。

著者の枝野幸男氏は、衆議院議員(埼玉5区選出、当選6回)、87年東北大学法学部卒業、88年司法試験合格、93年日本新党から立候補、96年民主党入党、内閣府特命担当大臣、経済産業大臣を歴任。
著書に「小沢一郎日本改造計画への挑戦状」、「それでも政治は変えられる」(マネジメント社)、「事業仕分けの力」(集英社新書)、他がある。

この本は、3.11の東日本大震災当時、内閣官房長官であった枝野幸男氏の福島原発事故の内容から、脱近代化へ進む日本の問題点、未来を語っているものである。

第0章 3.11という最後通牒

第一章 負の再配分と成熟した豊かさ

第二章 脱原発依存への道

第三章 安心社会による活力

第四章 生き残りの新戦略

第五章 覚悟を決める政治

という章立てである。この本のすばらしい点は、枝野さんの経験からの事実、本音が語られている点である。

私のチェックポイントは、

1)政府の危機管理能力のなさ
自民党から民主党への政権交代の中で、過去の政府がいかに大震災のリスクマネジメントができてなかったか。原発事故のマニュアルもなければ、東電と政府、経産省のホットラインのコミュニケーションラインも何もできていなかったこと。

2)役所のコミュニケーションのスピードに問題あり
役所経由では、コミュニケーションが迅速に伝わらない。3.11の「帰宅するな」という会見は、枝野長官とJR東日本の社長が電話で直接話して決定。「今日はJRが動くか動かないか?」この返事が役所経由では伝わらないというおそまつさ。

3)情報発信の3つの原則
1)一般の国民が聞いても分かる言葉を使うこと
2)発表する際は、同時に官邸にも情報を入れること
3)分からないことは、分からないと明確に言うこと

3.11事故において、この基本のできていない保安院、東電の会見に失望した読者諸氏もおおかったと思う。
私も3.11当時、保安院、東電の記者会見を何度も聞いたが、何を言っているのかさっぱりわからなかった。

プレゼン能力がないのか?何かを隠そうとしているのか?両方なのか、どちらにせよ記者会見をするプレゼンターは、プレゼンテーションの基本のできている方にしてもらうことが最低限の原則である。

4)脱原発を郵政改革にしてはいけない
福島原発事故からのラーニングで、危険な原発をやめることは国民の総意であろう。諸外国に比べ日本は、津波、地震のリスクが格段に高い。地震大国の日本で原発など作ってはいけなかったのである。ところが自民党政権にて危険な原発を54基も作ってしまった。原発はコストが安いと我々国民はウソを聞かされてきた。除染、賠償、廃炉の費用だけでも、他のどのエネルギーよりも高くつく。いかに早く自然エネルギーに転換するか?そこがポイントである。

5)世界の動向は、産業革命期から石炭→石油→天然ガス→原子力を経て21世紀は自然エネルギーである。
ところが政府の危険な原子力政策のため、日本は自然エネルギーの開発が遅れてしまった。官民をあげての自然エネルギーへのシフトが必要である

6)日本ブランドは世界最高(海外にチャンスあり)
日本のコシヒカリは、シンガポールで3倍の値段で売れている。
東南アジアの金持ちが、高くても日本ブランドを買う。パリでは日本の寿司が大人気。日本人の「おもてなし」の精神がブランドになる。日本人はもっと海外に出て行って、日本ブランドを売り込めばよい。日本ブランドは、外国人からの評価は最高である。

7)テレビ政治は終わった
政治家の一部の行動、コメントを切って報道するテレビ、新聞の報道姿勢に問題あり。
まさに木を見て森を見ず。
我々国民は、新聞、テレビの報道で、いろいろな事柄を評価していくが、どうも報道機関というのは、意図された方向に国民をもっていこうとするところが多すぎる。全体の政治家のスピーチを見るとなんでもないことが、一部のコメントをクローズアップして流すことにより、我々が理解する政治家への主旨、印象が大きく変わってくる。

正直、誠実な報道をマスコミは心してほしい。枝野氏の本の内容からもそれがよくわかる。

海外からは日本の評価は、「国民一流、政治は二流、マスコミ三流」といわれているそうである。

東日本大震災でテロ、暴動がなく、日本国民が助け合って、行動する姿は、世界に感動を与えた。
しかし政治のつたなさ、リーダーシップのなさは、二流と評価されている。これは自民党も民主党も同じである。

そして福島原発事故で真実の報道をしなかった日本のマスコミは、政治家よりも低い三流の評価である。

我々日本国民が心しないといけないのは、日々見ている日本の新聞、テレビの報道は、世界から見ると三流であるということである。

時代はフェイスブック、ツイッターのインターネットである。インターネットで直接正しい情報を取りに行くことが重要である。流される情報には、国民を先導しようという何者かの意図が潜んでいることが多いものである。

書籍「叩かれても 言わなければならないこと」 枝野幸男著 東洋経済 たいへん勉強になるおすすめの書籍である。




小森コンサルティングオフィス at 17:21コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

明確な目標設定が成功に結び付く。「具測達一」の目標設定を心がけよう!

2013年が始まった。
読者諸氏は、どのような今年の目標を設定しましたか?

明確な目標設定が、成功の最も重要なポイントであると思います。

人生の目標、プライベートの目標、仕事上の目標、それぞれにおいて明確な目標を設定して、それをレビュー(振り返り)していくこと

何度もブログで紹介していますが、目標設定は、「具測達一」の原則をポイントにしていただければ明確な目標設定ができます。

〔槁犬篭饌療に「具」

数字、固有名詞、期限、を入れた具体的な目標設定をしましょう。
いつまでに何をどのくらいやるのか?この期限、数値を入れた目標は、具体的でパワーを持ちます。
具体的な目標設定ができた時点で半分目標は達成していると言ってもいいくらいです。

具体的な目標を設定すると途中経過を測定できるようになります。測定可能の「測」

1年の目標は、3ケ月毎にブレイクしましょう。そして毎月にブレイク、毎週にブレイク、毎日にブレイクしましょう。
そして途中経過をレビューすることが重要です。そのことにより、このままのやり方でよいのか?やり方を変更するのか?を常に自問自答するのです。
目標の途中経過を確認する、測定することが目標達成の重要なポイントです。

L槁犬蓮▲船礇譽鵐献鵐亜,つ 達成可能なものにしましょう。達成可能の「達」

目標設定は、アグレッシブにチャレンジングなものにしましょう。
誰でも達成できるもの。過去にすでに達成されたものなど目標ではありません。

何のために目標設定するのか?それは新しいチャレンジ、革新のためです。去年できたこと、やったことは、すでにできたことであり、今年の目標にしても意味がありません。去年できなかったこと。チャレンジしたいことを目標にするのです。ただ実現不可能な目標を立てても意味がありません。よってチャレンジング かつ 達成可能な目標設定が重要なのです。

ぬ槁犬蓮一貫性のあるものにしましょう。一貫性の「一」

人生の長期目標、今の仕事上の目標、プライベートの状況と一貫性のある目標を立てることは重要です。
中長期目標(3年〜10年)は、大きなチャレンジ目標でもOKですが、今年の目標、来月の目標は、現状の状況、人生の長期ヴィジョンと一貫性のあるものにしたほうがよいのです。一貫性のある目標ほど、モチベーションが上がるものです。

以上の具体的、測定可能、達成可能、一貫性の頭文字をとって「具測達一」の目標設定、とよんでいます。

明確な目標設定を立案いただき、それに果敢にチャレンジ、実行していただきたいと思います。

あと重要なことは、「目標は紙に書く」ことです。不思議ですが、神に書かれた目標は、達成の可能性が大きくなります。

目標設定のジャンルは、私は下記のポイントにわけています。

〇纏、健康、2搬押↓ねЭ諭↓イ金、趣味、地域社会、

それぞれのポイントで昨年のレビューをもとに、今年の目標設定をしてそれを実行にうつしていただければ楽しくなると思います。

参考にしていただければ幸いです。





小森コンサルティングオフィス at 15:32コメント(0)トラックバック(0)目標設定の重要性  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ