2015年12月

2015年12月30日

日本の大学で大学名と創始者の名前が一致する(すぐに思い浮かぶ)大学は4つあると言われています。

早いもので今年もあと2日ですね。

私は同志社大学の出身ですが、ここ数年同窓会に積極的に参加させていただいてます。

聞くところによりますと、日本の大学の数は779大学あるそうです。

その中で私立大学は約600大学。ベビーブームの時の最高受験生の数は250万人、現在は少子化で受験生数は100万人だそうです。

なんと半分以下ですね。これでは大学の経営も大変かと思います。

ところで、日本の大学で大学名と創始者の名前が一致する(すぐに思い浮かぶ)大学は4つあると言われています。

1人目は、同志社大学の新島襄先生
NHKのドラマ「八重の桜」で注目を浴びました。

2人目は、慶應義塾大学の福沢諭吉先生
壱万円札で日々お目にかかりますね。

3人目は、早稲田大学の大隈重信先生
大学の銅像が有名です。

4人目は、津田塾大学の津田梅子先生
お名前が大学名になってますね。

この4大学は、一般的に大学名と創始者の名前がすぐに結び付くようです。

その他の大学は、出身大学以外は創始者の名前がすぐには出てこないのではないでしょうか?

今日は同志社大学の校友会でお聞きした話を紹介させていただきました。

これからもできる限り大学の校友会には参加させていただきます。

同じ大学の先輩後輩の関係からビジネスの情報交換にも繋がることと思います。

同志社大学東京校友会
http://www.doshisha-tokyo-alumni.jp/




小森コンサルティングオフィス at 12:40コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月25日

「標的は動いている」新規開拓営業の皆さんへ、一度断られても二回目のアプローチをしましょう。

「標的は動いている」

新規開拓営業の皆さんへ

皆さんは新規開拓の顧客へのアプローチをどのようにしていますか?

初対面で相手に冷たくされたとしましょう。

あなたは、どうしますか?

多くの営業は「この顧客は見込みがないから、あきらめよう。」と二回目のアプローチはしないのではないでしょうか?

今日紹介したい言葉があります。

それは「標的は動いている」という言葉です。

標的とは、顧客のことです。

簡単に言うと「初対面で冷たくされても二回目、三回目のアプローチをしましょう。」ということです。

顧客の状況、気持ち、必要性は前回訪問の時から変わっている可能性があるのです。

私のエピソードを紹介しましょう。

日曜に自宅でリラックスしていると、インターホンが鳴りました。

「○○証券の○○と申します。このエリア担当になりましたのでご挨拶で訪問してます。今お時間よろしいでしょうか?」

と新人らしいフレッシュな声が聞こえます。

私は初対面の営業とは、会わないことにしています。忙しいことを理由に断ります。

ポストに入っていた営業の名刺とプロフィールの自己紹介文を見て好感を持ちました。

「来週もう一度訪問してきたら、会ってみようか」と私は思います。

ところが、その営業は二度と訪問してくることはありません。

過去、私の自宅には、多くの営業がインターホンを鳴らしました。銀行、保険会社、新聞、携帯会社、生協、八百屋さんまで。

そのほとんどの営業は、二回目訪問してくることは、ありません。

私は二回、三回と訪問してきたら、会ってもいいと思ってます。

ニーズがないのではなく、初対面の営業といきなり会うのは、なんとなくいやなのです。

新規開拓営業の皆さんは、同じ顧客に何度も訪問することの重要性を学んでいただけると幸いです。







小森コンサルティングオフィス at 22:20コメント(0)トラックバック(0)新規開拓成功例  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月24日

「チームを動かすための管理職塾」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)第3回研修担当の薮本さんのブログを紹介します。

「チームを動かすための管理職塾」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)第3回研修が先週実施されました。

担当の薮本さんのブログを紹介します。
http://shien.toushiikusei.net/e5440.html

今回は前回実施した「サーバントリーダーシップ研修」の実践例の発表と今回の講義「部下育成OJTスキル」の紹介です。

人材育成は繰り返しです。何度も復習、実践、発表を繰り返すことで研修で学んだことを職場実践、成果に結びつけることができます。

研修は1回で終わっては効果はありません。2回、3回のフォローアップ研修が重要です。

今回の「チームを動かすための管理職塾」は6回連続(月1回6カ月間)のコースになっています。
KIMG0582

28名の参加者のリーダーの皆さんの積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできていると判断します。

大阪中小企業投資育成株式会社
http://www.sbic-wj.co.jp/

2015年12月23日

書籍「スベらない商談力」(かんき出版)が先週の文教堂書店、浜松町本店の週刊ビジネス書ランキングで第3位になりました。

書籍「スベらない商談力」(かんき出版)が先週の文教堂書店、浜松町本店の週刊ビジネス書ランキングで第3位になりました。

期間 12月13日〜19日

http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

多くの若きビジネスマンに読んでいただけると幸いです。

image


信頼関係構築のポイントは、相手の心の窓を開くことにあり。

トップセールスを達成するためにも、このスキルは重要です。

今後も日々、講演会、研修で心の窓を開くことの重要性を伝道していきます。



小森コンサルティングオフィス at 14:45コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月21日

文教堂書店 浜松町本店の週刊ビジネス書ランキングで、「スベらない商談力」12位、「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)19位です。

文教堂書店 浜松町本店の週刊ビジネス書ランキングで、「スベらない商談力」12位、「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)19位です。

2冊とも20位以内に入りました。

文教堂書店 浜松町店 ビジネス書週刊ランキング
2015年12月6日(日)〜 12月12日(土)
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

今後も多くの営業、営業管理職の皆さんに読んでいただけると幸いです。

image




12月17日、「リーダーのための管理職塾」第3回を実施しました。大阪中小企業投資育成株式会社の主催です。

12月17日、「リーダーのための管理職塾」第3回を実施しました。大阪中小企業投資育成株式会社の主催です。

28名の各企業のリーダー(取締役、部長、課長、係長)に参加いただいてます。

http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002170.html

この「リーダー塾」は、2015年10月〜2016年3月まで6回連続(月1回)で実施するもので、次世代リーダーとしてかかせない「リーダーシップ」「部下育成OJT」「マネジメント」の3つをPDCAのサイクルを回しながら学ぶものです。

講義で学んだ内容を職場で実践、成功例のベストプラクティスを次回研修でワークショップ、発表いただきます。

KIMG0582


テキスト書籍には「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)を使用します。

事前に講義内容を予習で読んできてもらいます。そして復習でまた講義内容を読み返すことが大事です。

トレーニングは繰り返しです。学んだ内容を何回も繰り返し学ぶことが大事です。

このリーダー塾で学ばれた皆さんが、組織のリーダーとして会社を引っ張っていっていただくことを期待しています。




小森コンサルティングオフィス at 08:38コメント(0)トラックバック(0)リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月16日

今日はSMBC コンサルティング東京で「リーダーシップ研修」「部下育成OJT 研修」のダブルヘッダーです。

おはようございます。

日本橋のEXCELSIOR にいます。

今日はSMBC コンサルティング東京で「リーダーシップ研修」「部下育成OJT 研修」のダブルヘッダーです。

ヴィジョンを描き、チームメンバーの心に火をつけるリーダーシップ、部下のやる気をアップし、スキルを伝道し部下を育てる部下育成OJT スキル。

この2つを今日は、伝道させていただきます。

今日の一言

「ベストプラクティスの重要性。小さな成功事例でも、オープンに共有し、讃え合おう。そのことでチーム全員が仕事のやり方を改善でき、やる気もアップする。」

image


ベストプラクティスとは、見本となる成功事例のことです。

チームメンバーは、よく見ると素晴らしい仕事のやり方をしている人がいるものです。

その隣に仕事の段取りがわからず、悩んでいる人がいます。

うまくやっている人が、チームにそのやり方、ポイントをまとめて伝えることができればいいですね。

ベストプラクティスは、定期的にチームで共有しましょう。

そのことで、チーム全員が仕事のやり方を改善でき、発表した人のモティベーションは大きくアップします。

実践してください。

では、今日も1日、明るく、楽しく、元気よく、いきましょう。

小森コンサルティングオフィス at 09:16コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月15日

「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)紀伊国屋書店新宿本店の週刊ランキング第2位です。

「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)紀伊国屋書店新宿本店の週刊ランキング第2位です。

企業の営業研修のテキストとしてお買い上げいただいていることに感謝です。

紀伊国屋書店新宿本店の週刊新書ランキング(11月23日〜29日)

新宿本店 新書ランキング


トップセールス達成のポイントは、事前の段取りにあり。

何事も準備、段取りが重要です。ではどのような段取りが営業に必要でしょう?

そのポイントを本書で紹介させていただいています。

1)目標設定のポイントは「具測達一」にあり。

2)営業がアピールするのは、ヾ覯茵↓会社、自分自身

3)目標以上の成果を達成するポイントとは?

4)訪問計画の段取り

5)効果的タイムマネジメントの7つのポイント

6)長期的ビジネスのアップを達成するには

等の内容が盛り込まれています。

新宿本店 元棚


今後も日々、営業研修、講演会にて「トップセールスを達成するポイント」について伝道させていただきます。







2015年12月12日

日本ライフセービング協会の納会に参加しました。世界連盟のハロルド事務総長が参加されました。

本日12月12日品川プリンスホテルにて行われた特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会(JLA)の納会に参加しました。

納会は毎年12月に東京で開催されますが、ライフセービング日本協会の理事、各クラブの代表メンバー、社会人、学生のライフセーバー、大会関係者、スポンサー企業の皆さん、契約海水浴場関係者、赤十字、その他関係者の皆さんが参加されます。

私のライフセービング活動は、26年間ほどになりますが、大阪ライフセービングクラブの代表から、日本ライフセービング協会の理事も経験させていただきました。

ライフセービングとは、ボランティアの水辺の事故防止の活動です。

活動内容は、主に海水浴場の監視活動、トライアスロン、バイアスロン、臨海学校のガード、心肺蘇生法(CPR)の講習会、ジュニアランフセービング教室の開催、競技会の開催、資格講習会の開催等です。

今回の納会には、ILS(ライフセービングの世界連盟)のハロルド事務総長が参加されました。

KIMG0563

写真の真ん中がハロルド事務総長、右が沖縄の矢貫さん、左が筆者です。

ハロルド事務総長のスピーチのポイントは、

\こΔ離薀ぅ侫察璽咼鵐鯵萋阿蓮△海裡隠鞠で大きく拡大している。
世界連盟の加盟国は、2000年 61カ国、2004年 80カ国、2008年 99カ国、2015年には135カ国である。

KIMG0566


年間の水辺の事故(溺水)の死者数は、世界で120万人、1分間で2人が死亡している。うち1人は子供である。
この悲しい事故を減らさないといけない。ライフセービングの普及によって事故は未然に防げる。

ILSはWHO(世界保健機構)、赤十字、ユネスコ、オリンピック委員会等とも連携をとり活動している。

ILS(ライフセービング世界連盟)の本部はベルギーにある。
是非 皆さんはベルギー本部を訪問してください。ベルギー本部は綺麗に清掃されておりライフセーバーの皆さんの家です。

以上がハロルド事務総長のポイントでした。

納会のその他スケジュールは、理事長の入谷拓哉氏のスピーチ、各種年間ライフセービング活動の表彰等があり、立食パーティで久しぶりに会うライフセーバーとの交流を深めました。

懐かしのライフセーバーの仲間と会えることは楽しいものです。

私も微力ながら今後もライフセービングの活動を継続したいと思います。

ILS(International Life Saving Federathion)
http://www.ilsf.org/about

JLA(日本ライフセービング協会)
http://www.jla.gr.jp/home.htm

大阪ライフセービングクラブ
http://www.osaka-lifesaving.org/index.html

P &G という会社は、アメリカ本社のグローバル企業ですが、Up or Out (アップ オア アウト:上に行くか、さもなくば去れ) の実力主義の会社です。

昨日は、P &G の同期会を五反田の串焼きLily で行いました。

東京在住の7名が集まりました。
image

思えば大学を卒業してP &G に入社して早29年が立ちます。

私がP&G営業本部でお世話になったのは、17年間ですが、

参加者全員がP&G を卒業して他の会社にいます。皆さん副社長、本部長クラスでご活躍です。

P &G という会社は、アメリカ本社のグローバル企業ですが、Up or Out (アップ オア アウト:上に行くか、さもなくば去れ) の実力主義の会社です。

日本企業のように終身雇用ではありません。
定年まで勤める方は少数です。

出世し続けるか、会社を変わるかを選択しないといけません。

それだけ厳しいのに、何故学生から人気があるかというと、新人当日から実践的なトレーニングを受けることができるからです。

目的思考、戦略的思考力、商談力、信頼関係構築力、問題解決力、タイムマネジメント、1ページメモライティング、リーダーシップ、部下育成OJT スキル、マネジメントスキル等、すべてP&G で学びました。

P&Gでは、上司と社内トレーナーから多くのスキルを学びました。

当時は外部講師のトレーニングは、あまりありませんでした。

何故なら外部講師よりも社内でのトレーニングのほうがレベルが高いからです。

コンサルタントとして独立して研修講師を今の私ができているのは、P&Gのトレーニングのお陰だと思っています。

今後も多くのクライアントの皆さまに、実践ビジネススキルを講演会、研修会、コンサルティングで紹介させていただきたいと思います。

話はもどりますが、同期会で昔の仲間と飲むビールは、旨いですね。





小森コンサルティングオフィス at 17:20コメント(0)トラックバック(0)P&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月11日

上司へのレポートの3つの目的とは?営業マンの皆さんへ

営業マンの皆さんへ

皆さんは日ごろ、上司の営業マネジャーにレポート(報告)をされていることと思います。

時には、「この件の報告は上司にするべきか?しないでもよいか?」で迷うこともあるのではないでしょうか?

では必要なレポートとそうでないレポートをどのように分ければよいのでしょう?

ここで重要なポイントは、そもそも何の目的で上司に報告をするのでしょうということです。

3つのポイントを紹介します。

「上司へのレポートの3つの目的とは?」

.咼献優江況の報告

今月の目標売上達成率、新製品、キャンペーンの進行状況、重要得意先の商談状況等、

上司から与えられている目標数字に対する状況がどうか?月末の結果数字がどれくらいいくか?の報告です。

ビジネス状況をタイムリーに上司に報告することは重要です。


▲▲疋丱ぅ后幣鞠А砲魑瓩瓩襪燭瓩諒鷙

稟議書等の特別キャンペーンの予算申請、担当得意先との商談企画案に対して上司のアドバイスをもらうことです。

上司は部下よりも営業経験が豊富で社内のリソース、人脈、アイデアを持っていることが多いと思います。

営業活動で方向性に迷った時は、遠慮なく上司にアドバイスを求めましょう。

上司のリソースを追加することで商談企画案が強くなります。

自己アピールのための報告

営業は外勤がメインになっていると思います。本社内勤業務のように上司がとなりの席に座っているわけではありません。

よって部下の営業が日ごろ、どれだけ頑張って営業活動しているかを上司は見ていないのです。

上司との営業同行も月1回、2回の頻度であることが多いのではないでしょうか?

ほとんど8割の日程は、部下自らが1人で得意先商談しています。

よってサクセスレター(商談成功例の報告レポート)を定期的に上司に送付することで、日ごろから商談を成立させているというアピールを上司にできます。

上司の立場からもボーナス査定等で部下の評価をするとき、日ごろからサクセスレポートの多い部下は印象が良いものです。

しっかりと上司に文書で自己アピールをしましょう。

以上まとめますと、上司へのレポートの3つの目的は、

.咼献優江況の報告

▲▲疋丱ぅ后幣鞠А砲魑瓩瓩襪燭瓩諒鷙

自己アピールのための報告

この3つの目的を明確に把握できていれば、このレポートは上司に報告すべきかどうかの参考になると思います。

今日から実践してください。





小森コンサルティングオフィス at 20:22コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月06日

それは「Need to have と Nice to haveの違いを明確にせよ」それが効果的タイムマネジメントのポイントである。

以前のブログでも紹介しているが、ビジネスマンとしてのタイムマネジメント上、重要な質問がある。

それは「Need to have と Nice to haveの違いを明確にせよ」ということである。

P&G時代、上司からこのポイントをトレーニングされたことを思い出す。

どういうことかというと「Need to have」というのは、「それが必要だ。」ということで 「 Nice to have」というのは、なくてもいいけどあればいいな」というものである。

ビジネスでは、この2つを明確に分けなくてはならない。すなわちNeed to haveの仕事を優先して、 Nice to haveの仕事は基本やらない、または時間の十分余裕のあるときにやる。ということである。

ビジネスは目標設定が最も重要である。何の目的のために今月は活動するのか?

会議の目的は何なのか? 

部下と同行する、目的は何なのか?

今日は得意先と商談する、目的は何なのか?

この質問が最も重要である。

P&G時代私が上司に企画提案書を渡し、「この企画実施の了解をいただきたい」と言うと、上司から言われる。

上司の質問 「この企画実施は、今月の売上目標達成のために、Need to have? それとも Nice to have?」

すなわち今月の売上目標達成のために、なくてはならないものか?それとも なくてもいいけどあればいいな。というレベルのものか?を聴いているわけである。もちろん Nice to have であれば上司の許可は出ない。

あなたが営業マネジャーで毎月月末に10時〜18時まで8時間のチームミーティング(休息2時間をみる)をしているとしよう。

質問「毎月の8時間のチームミーティングは、「Need to have? それともNice to have?」

チームコミュニケーションは重要なので、4時間のチーム会議は Need to haveでしょう。

しかし後の4時間は Nice to haveだよね。結構雑談もしてるし、一方的な連絡事項は、事前にメールでシェアしておけば、質問を受けるのみですむしね。

ということで4時間のミーティング時間が削減できるかもしれない。

読者諸氏も常に「今私がやろうとしている仕事は、Need to have? それとも Nice to have?の質問を自問自答してみてほしい」

Need to haveの仕事に集中すること。それが重要である。無駄な残業も減り、仕事が効率化する。

残業の多い部下は、Nice to haveの重要でない仕事を一所懸命していることが多いものである。

今日から実践してください。



2015年12月05日

「世界のリーダーに学んだ自分の考えの正しい伝え方(橘・フクシマ・咲江著:PHP ビジネス新書)、オススメ書籍のご紹介。

image

「世界のリーダーに学んだ自分の考えの正しい伝え方(橘・フクシマ・咲江著:PHP ビジネス新書す)を読んでいる。

本書は、エグゼクティブがビジネスの現場で大切にしている話し方の基本を紹介したものである。

著者の橘・フクシマ・咲江氏は、ハーバード大学教育学修士、スタンフォード大学経営学修士、日本コーンフェリーインターナショナル社長、会長を経てG&S Global Advisors代表取締役社長。

その間に花王、ソニー、ブリジストン、三菱商事等の社外取締役を歴任。

本書で私が勉強になったポイントは、

.┘哀璽ティブの話し方5つの共通点
1)伝えたいメッセージを明確に持つ
2)相手やTPO に合わせて表現の仕方や話し方を変える
3)話しの途中で言葉の定義を確認する
4)伝えたいことを何度も繰り返す
5)傾聴力で相手のタイプを把握する

▲灰潺絅縫院璽轡腑鵑5つの要素
1)Empathy 共感
2)Compassion 思いやり
3)Objectivity 客観性
4)Integrity 誠実さ
5)Flexibility柔軟性

人の意見やプレゼンは聞くだけでなく、「自分ならこう思う」と考える癖をつける

ぞ綮覆亮言佞蓮⊆分に関心を持ってくれている証拠、と捉える

ネソ┐淵┘哀璽ティブの共通点は、情熱があること

Ε漾璽謄ングでは必ず一度は発言する

Д▲蘆気靴鬚垢襪茲蟆善策を考えなさい(ヘンリー・フォード)

┝分が幸福になるように働きなさい。会社のためでなく、自分のために(本田宗一郎)

「世界のリーダーに学んだ自分の考えの正しい伝え方(橘・フクシマ・咲江著:PHP ビジネス新書)多くのビジネスマンに読んでいただきたいオススメの書籍です。


小森コンサルティングオフィス at 13:44コメント(0)トラックバック(0)本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年12月02日

一般参加可能なオープン研修のご紹介。SMBC コンサルティング東京主催。


一般参加可能なオープン研修のご紹介です。

年間を通じて実施させていただいてますSMBC コンサルティング東京主催の研修です。

どうぞご覧ください。


「管理職リーダーシップ入門」
2015年12月16日(水)10時〜13時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/YPRSXB


「OJT職場の部下指導」
2015年12月16日(水)14時〜17時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/XcbJHj

「スベらない段取りの技術」
2016年1月27日(水)10時〜13時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/JpY1tW

「スベらない商談の技術」
2016年1月27日(水)14時〜17時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/8gRKHz

「管理職リーダーシップ入門」
2016年2月8日(月)10時〜13時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/1wUTOr

「チームが成果を出し、目標達成する5つのステップ」
2016年2月8日(月)14時〜17時(SMBCコンサルティング東京)
https://goo.gl/16IZUW

では、当日、研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ