2016年02月

2016年02月02日

書籍「ハードワークでも折れない心のつくり方」カイゾン・コーテ著(米国国防省キャリア)オススメ書籍の紹介

image


おはようございます。

のぞみ25号で品川から岡山に向かっています。

書籍「ハードワークでも折れない心のつくり方」カイゾン・コーテ著(米国国防省キャリア)を読んでます。

ペンタゴンでは、どのようなマインドセットで困難な任務を達成するかが紹介されています。

たいへん面白いオススメの書籍です。

ペンタゴンでは、健康管理のため、週3回勤務時間中のフィットネストレーニングが認められているそうです。

私がチェックしたポイントは、

,任ないとは絶対言うな(ペンタゴン格言)

▲圈璽パフォーマンスは、緊張と弛緩の間にある

「しなければならない」があなたの心を蝕む

た瓦寮甜笋鮟慣にする

ゼ分も他人も裁かない

Ω充造鯤未慮斥佞巴屬換え、対応する

ШF絶対やることを3つだけ紙に書く

┥ー蠅法岷震燭」と思わない


書籍「ハードワークでも折れない心のつくり方」カイゾン・コーテ著(米国国防省キャリア)
多くのビジネスマンに読んでいただきたいオススメの書籍です。

小森コンサルティングオフィス at 11:29コメント(0)トラックバック(0)成功本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「顧客起点の営業マンのあるべき姿」の3つのポイント

「顧客起点の営業マンのあるべき姿」の3つのポイント

営業管理職の皆さんへ

皆さんは部下の営業の指導育成を日々心がけられていることと思います。

ではそもそも目標とする理想の営業マンとはどのようなものでしょう?

その理想のポイントが明確でなければ、何をポイントに指導するのかがブレてしまう可能性があります。

1つの例ですが、以下に紹介します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「顧客起点の営業マンのあるべき姿」の3つのポイント

〔榲思考をもった営業活動

営業目標は「具体的に、測定可能で、達成可能かつチャレンジングで、会社目標と一貫性のある」ものを立案することが重要です。

売上目標、新規開拓目標、訪問店目標、日々の商談の目標、等明確な目標を持つことを営業に指導することです。

得意先と信頼関係を構築できる営業活動

得意先のキーマンと良好な信頼関係を構築できることが重要です。

そのためには「正直、誠実な態度」で活動し、訪問回数(得意先との良好なコミュニケーション)を多く持ち、

得意先の話を一生懸命聞き、得意先を宝物と思いWIN−WINの関係を構築できること。

F整媽茲離法璽困鯤垢だし、ソリューション提案のできる営業活動

営業はともすると一方的に企画の説明をしがちです。

そうではなく得意先の話を聞き、ニーズを把握することが大事です。そして会社として得意先のニーズにどのようなソリューション提案ができるのか?

得意先に喜んでいただける提案ができることがポイントです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

上記あたりまえのことですが、部下の営業の行動をこの理想の3つのポイントと照らし合わせ、ギャップのポイントを上司は指導していくことになります。

人材育成は、このように理想の営業マン、すなわち「御社の営業のあるべき姿」を決定し、現在の営業の行動分析からトレーニングプラン、研修プランを作成することが重要です。

参考にしてください。






小森コンサルティングオフィス at 09:10コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには営業の秘訣  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年02月01日

「スベらない商談力」研修のご紹介。ストーリーマップという面白い漫画を使います。

営業本部長、営業企画部長の皆さんへ

皆さんは日ごろから営業組織力の強化を目的(戦略)の1つにされていることと思います。

では「結果に結びつく効果的な営業研修」とは、どのようなものでしょう?

私が研修講師として独立して8年間メインで実施してきた研修が営業力強化の「スベらない商談力」研修です。

ポイントは理論と実践の両方を取り入れた参加型でロールプレイ、ワークショップを多く取り入れた結果に結びつく営業研修です。

また記憶効果を高め、研修の参画意識を高めるため「ストーリーマップ」という研修内容を面白い1枚の漫画で表したものを使います。

youtubeで研修内容を紹介していますので、よければご覧ください。

「スベらない商談力」研修のご紹介
〜ストーリーマップを使った参加型の面白い研修〜
https://www.youtube.com/watch?v=HciZbvbF26k

御社の営業組織力強化に協力できる日を楽しみにしています。

ご質問等はお気軽に連絡願います。








小森コンサルティングオフィス at 18:40コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「危機を突破するリーダーの器」(青春新書)童門冬二著 オススメ書籍の紹介




「危機を突破するリーダーの器」(青春新書)童門冬二著を読んでいる。

〜リーダーは危機に直面した時にこそ、その真価が問われる。
リーダーの器とは、小手先の技術などではなく、つまるところ「おのれをよく知っていること」
それを身をもって証明した実例が本書である〜

本書には9人の歴史上の人物が登場する。藤原清衡、織田信長、毛利元就、直江兼続、細川幽斎、大石内蔵助、上杉鷹山、琉球のリーダー、勝海舟、である。

本書の面白いのは、ほとんどの読者諸氏が知っている有名人の話ばかりであるが、意外と知らなかったエピソードが多く紹介されている。

私が印象に残ったのは、ご存じ忠臣蔵の大石内蔵助の「非常時の危機管理」。紛糾する赤穂城内をどのようにしてまとめたか?

そして江戸中期の改革者である米沢藩の上杉鷹山のリーダーシップである。
ハンデだらけの上杉鷹山がどのような心構えで藩の改革にあたり、後継者を立てたのか?
今まで知らなかった学びが多くありたいへん勉強になった。

歴史の偉人から学べるポイントは、現代のビジネス社会のリーダーシップにも応用できるものが多くある。

「危機を突破するリーダーの器」(青春新書)童門冬二著 多くのビジネスリーダーに読んでいただきたいオススメの1冊である。


小森コンサルティングオフィス at 18:25コメント(0)トラックバック(0)本の紹介リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「空を見上げて大切なことに気づく100の言葉」宮永千恵著(かんき出版)オススメ書籍の紹介




「空を見上げて大切なことに気づく100の言葉」宮永千恵著(かんき出版)を読んでいる。

たいへん美しい空と海の風景写真の中に100の偉人の言葉が紹介されているオススメの書籍である。

夜リラックスして風呂あがりに毎日読みたい書籍というより写真集である。

美しい風景を見ると心がおだやかになる。日々のストレスを緩和する時間がビジネスマンには必要であると思う。

私がメモしたポイントは、

々福を数えたら、すぐ幸福になれる。(シャルル・モンテスキュー)

∋笋燭舛鰐誼里砲茲辰篤擦北造Δ海箸呂覆ぁ自分が知っていると信じることによって迷うのだ。(ジャン・ジャック・ルソー)

自分を信頼しはじめた、その瞬間に、どう生きたらいいのかがわかる(ゲーテ)

い海寮い棒犬鮗けたこと、それが最大のチャンスじゃないか。(アイルトン・セナ)

タ佑浪薪戮笋蠅修海覆辰討癲屬發Δい辰擇鵝廚陵Φい鮗困錣覆韻譴弌必ずものになる。(松下幸之助)

「空を見上げて大切なことに気づく100の言葉」宮永千恵著(かんき出版) 多くのビジネスマンに読んでいただきたいオススメの1冊である。



小森コンサルティングオフィス at 17:54コメント(0)トラックバック(0)成功本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ