2016年06月

2016年06月09日

「思考力、問題解決能力向上の3つのポイント」新しい講演、研修メニューのご紹介

新しい講演、研修メニューのご紹介です。

「思考力、問題解決能力向上の3つのポイント」

対象:ビジネスリーダー

提供する価値

‘々直面するビジネス上の課題、問題解決を効率よく解決する。

▲咼献優耕槁犬鮴鑪的思考をもとに効率的に達成する。

講演内容

思考力、問題解決能力のスキルの3つのポイント

ヾと様々な資料から得たデータを組み合わせ、確固たる論理に裏付けされた結論を導き、そこから問題解決のための確実なプランを導き出すことができる。

過去の成功例、失敗例を参考に、より良い方法で問題解決にあたることができる。

H生しかけている問題を認識し、その都度適切に処理できる。


「問題解決の3つのステップ」

〔簑蠅浪燭?を明確にする

どこで起こっているのか?(自分の回りだけ、他のところでも)

この問題は今までも取り上げられたことがあるか

取り組むべき問題なのか?

その問題を解決するとどうなるのか、解決しないとどうなるのか


◆嵬簑蠅悗梁仆茲裡兇弔諒法」

1.意思決定を行う

2.個別に何人かと話し合う

3.何人かのグループに相談する

4.他者による意思決定を促進する

5.問題を誰かに任せる

6.問題を無視する(回避する)


「具体的解決策(アクションプラン)を決定する」

1.解決策に複数の選択肢を用意する

2.選択肢を評価する

3.成功の可能性を考慮して意思決定を行う

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

講演、研修はワークショップを取り入れ実践的、参加型で楽しく実施します。

ご興味のある方はお気軽にお問合せください。



小森コンサルティングオフィス at 06:00コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル戦略とは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月08日

ポジティブ心理学のエドワード・ホフマン博士の講演会に参加しました。

エドワード・ホフマン博士の講演会に参加した。(6月3日:日本ポジティブ心理学協会主催)

ホフマン博士はポジティブ心理学で有名なアルフレッド・アドラーの伝記作家として多くの著書のある心理学者である。

エドワード ・ホフマン博士のプロフィール
Ph.D.1951年生まれ。コーネル大学、ミシガン大学で学位を取得。心理療法家としてニューヨークで開業。イェシーバ大学準教授(心理学)。“Journal of Humanistic Psychology”の編集委員。日本人間性心理学会、および大学等での講演のため、日本へも数回訪れている

image

写真はホフマン博士と筆者

私が勉強になったポイントを紹介する

\犬ることは自己成長である。
親、教師は子供に健康的な生き方を教えないといけない。健康的な人生には友情が大事、友情を通じて社会的感覚を身につける。

多くの人は成功よりも失敗から影響を受ける。人間が成長するには多くの失敗をする。
失敗した自分にやさしくし、あやまちを許すことが大事。そのためには成功体験を思い出させ、勇気づけすることが重要である。

人から愛を受ける良い方法がある。他者に誠実になることだ。

ぅ櫂献謄ブな人生を送るには楽観的になることが重要。そのための訓練は、毎日うまくいったことを何か書き続けること、それを3週間継続する。例えば「今日は通勤に50分かかるところを45分でいけてラッキーだった。」という簡単なことで良い。

タ佑六に相手をコントロールしようとして「怒り」を使う。怒る人は勇気のない人である。

人生は実際に起こったことよりも、それを自分がどう解釈したかが重要である。
自分に欠点、障害があっても学び続けることはできる。障害を克服した時に人は大きく成長できる。

エドワード・ホフマン博士の講演会は、ポジティブ心理学についてたいへん勉強になる貴重な機会であった。

主催いただいた日本ポジティブ心理学協会に感謝したい。

日本ポジティブ心理学協会
http://goo.gl/D9ttFH


小森コンサルティングオフィス at 21:30コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

テーマ 「リーダーに必要な決断力の9原則」新しい講演、研修メニューのご紹介。

新しい講演、研修メニューのご紹介です。

テーマ 「リーダーに必要な決断力の9原則」

提供する価値

.咼献優好蝓璽澄爾日々直面する決断を戦略的に実践できるようになる。

間違った決断をなくすことにより効率的にビジネス目標が達成できる。

リーダーの決断力が向上することで組織力の強化が達成できる。

対象 ビジネスリーダー

image


「決断力の9原則」の内容

〃菽任垢觧柄に関する有効な情報をできるだけ多く集める

(各種マニュアル、データ、上司、得意先からのインプット、他本部からの情報)

△垢戮討両霾鵑鯑手するまでは決断は下さないようにする

(決断を下すタイミングを考える)

K榲に決断すべき事柄だけに集中するよう心掛ける

(真の問題は何かということにフォーカスする)

つ拘的な結果に目を向けて決断する

(短期的ビジネスのために長期的なビジネスの成功を犠牲にすることは避けなければならない)

ゲ甬遒了例を参考にして決断する

(上司、同僚の経験談、得意先の記録、個人のビジネス、トレーニングファイル等)

Σ饉劼隆覿畔針と一貫性のある決断を下す

(基本原則である「正直誠実さ」「公正さ」「人は財産である」等の要素をもとに判断する)

落ち着いて決断する

(常に冷静なアプローチでその決断がビジネス構築、組織力構築にプラスになることを確認)

┘侫ローアップを怠らないようにする

(自分が下した決断が効果的に実行されるように見届けることが大事である)

下した決断を自分が正しいと思っていることと比べて見直す

(Do The Right Thing!正しいことをする!という原則を常に自問自答する)

研修は講義に加えワークショップ、発表を多く取り入れ参加型で行います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上 講演、研修をご検討の方はお気軽にお問合せください。


小森コンサルティングオフィス at 18:18コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月07日

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書ランキング第5位です。

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店 浜松町本店の週間ビジネス書ランキング第5位です。

KIMG0158


2016年5月29日〜6月4日ビジネス書籍ランキング
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

継続して企業の営業研修のテキスト書籍として活用いただいていることに感謝です。

人材育成は「知識」→「スキル」→「習慣化」です。本書で学んだ信頼関係構築の知識を日々実践いただきスキル化をしてください。そして毎日毎日愚直に実践して習慣化(いつでもどこでもできている)のレベルまで磨いてください。

相手の心の窓を開く話法はご家族、友人関係でも実践いただけます。

本書では社内のチームメンバーから得意先まですべての方に実践できる今日から使える話法を紹介しています。

多くの若き営業に読んでいただければ幸いです。






小森コンサルティングオフィス at 18:55コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

商談プレゼンで最も重要なことは「利点の強調」です。スベらない商談力より

営業の皆さんへ

皆さんは日々得意先に商品売込の商談をされていることでしょう。

「スベらない商談力」営業研修の参加者からの質問でよくあるのが、

「商品のプレゼンは一生懸命しているのですが、なかなか契約率が上がりません。どうすればよいのでしょう?」

というものです。

プレゼンは2つのパートに分かれます。「利点の説明」と「特長の説明」です。

「利点」とは、商品が得意先にもたらす価値のこと、この利点を得意先が理解した瞬間、心の窓が開き「それ買った!」と言う原動力になるものです。

「特徴」とは、今までの商品または他者品との違いのこと、この特徴の説明だけでは得意先の心の窓は開きません。

例えば「当社の新製品は〇〇という特別材料を従来品に比べ30%アップで使っております。(以上が特徴の説明)

「そのことで商品の重さが30%も軽くなっており、持ちやすくまた長時間作業いただいても疲れにくくなります。」
(以上が利点の説明)

商談で重要なのは、商品の特徴に加え、いかに得意先の「利点」を強調できるかです。

image


簡単に言うと得意先の質問は「その商品を買ったら私に何の得があるの?」です。

営業のプレゼンにはこの答えがないといけません。

以下の「スベらない商談力」のyoutubeに「利点」の強調の話が出てきますのでどうぞご覧ください。

「スベらない商談力」youtube
https://www.youtube.com/watch?v=gXqzWWmS1u0

「利点の強調」これができれば営業の売上達成率は格段にアップします。

小森コンサルティングオフィス at 10:21コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力営業の秘訣  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月04日

「P&Gにとってのダイバーシティ&インクルージョン」臼田美樹氏(P&G ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)の講演

「P&Gにとってのダイバーシティ&インクルージョン」臼田美樹氏(P&G ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)の講演

前々回のブログに継続して「多様な社員がもたらすイノベーション」(日経新聞主催)講演会のポイントを紹介する。

P&G社長スタニスラブ・ベセラ氏の講演後、臼田美樹氏(ヒューマンリソーシズ アソシエイトディレクター)のプレゼンテーションがあった。

彼女のP&Gダイバーシティ推進ポイントは、

「ダイバーシティ&インクルージョン」の意味は「受容と活用」。違う個性が活用し合うことでイノベーションを生み出す。1+1=2 ではなく、3にも4にもなる。また女性同士も男性同士も違う個性がある。年齢、国籍、宗教、価値観の違いを受け入れることが重要である。

P&Gでは女性管理職比率(課長以上)は32%。また日本人は世界のP&G事業所18カ国で働いている。

企業でダイバーシティ&インクルージョンを実現するポイントは3つ

/値目標、▲肇譟璽縫鵐阿叛度、4覿肇ルチャー

この3つが同時になされなければならない。

/値目標

取締役の女性比率、課長以上の女性比率を何年後に達成するかの具体的目標を設定する

▲肇譟璽縫鵐阿魯瀬ぅ弌璽轡謄トレーニングの実施

「ダイバーシティは経営戦略である」と社長、取締役自らが取り組むこと。また社員1人1人が自己実現のポイントとして自分のものとしてダイバーシティに取り組まねばならない。

P&Gはダイバーシティ研修手法を公開されるそうなので興味のある会社はP&Gヒューマンリソーシズに問い合わせてみてはいかがであろう。

P&Gの3つのフレキシブルな勤務制度

1)フレックスアワー(フレキシブルは勤務時間)

通常は1日8時間勤務で朝9時〜夕方17時。
フレックスアワーとは、平均して8時間勤務になればよい。
例)月曜4時間、火曜10時間、水曜11時間、木曜4時間、金曜11時間等(平均8時間)

2)ロケーションフリーデー(自宅勤務OK)

オフィスに出社しなくても自宅、実家、図書館等での勤務をOKとする

3)コンパクトワーク

勤務時間の途中に保育園に迎えに行く等OK、その後自宅勤務をする

例)9時〜15時 オフィス勤務、15時〜18時 保育園にお迎え、18時〜20時 自宅で仕事(合計8時間勤務)

ちなみに営業は30年前から直行直帰であった。私は新人で和歌山県を担当したが、和歌山の自宅マンションがオフィス、自宅から得意先を回り、夜自宅に帰る。大阪の会社に出社するのは月1回の月末会議だけであった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P&Gは30年前からダイバーシティのカルチャーはあったと思う。

また臼井氏のプレゼンからダイバーシティ推進には上記3つのポイントの実践が重要性であることがよく理解できる。

企業のダイバーシティ推進について改めてたいへん勉強になった。

今回講演を主催いただいた日本経済新聞 クロスメディア営業局、協賛のP&Gジャパンに感謝したい。

日本経済新聞 クロスメディア営業局(日経アドネット)
http://adnet.nikkei.co.jp/

P&Gジャパン
http://jp.pg.com/
 

小森コンサルティングオフィス at 10:19コメント(0)トラックバック(0)P&Gトレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで実施しました。(SMBCコンサルティング東京主催)

昨日「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで実施しました。(SMBCコンサルティング東京主催)

36名の参加者の皆さんが熱心に受講いただきました。

KIMG0035


2人ペアーのワークショップ、ロールプレイを多く取り入れ、笑いも生まれ、楽しく実践的に信頼関係構築のスキルを学んでもらいました。

この研修は年間を通じて実施してますが、「スベらない段取りの技術」(午前中)は、営業として必要な目標設定の重要性、効果的訪問計画、目標以上の成果を上げるポイント等の準備、段取りのスキルを紹介します。

「スベらない商談の技術」(午後)は、購買の原則、信頼関係構築の3つのポイント、商談の話法までを紹介します。

午前、午後のダブルヘッダーで営業の基本から実践スキルを習得いただけます。

午前中「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)、午後が「スベらない商談力」(かんき出版)の内容になります。







次回のSMBCコンサルティング東京の営業研修開催は、9月14日となります。

また次回のSMBCコンサルティング東京のオープン研修は以下です。

「管理職リーダーシップ入門」 7月21日 10時〜13時
https://goo.gl/sxDvm9

「OJT(職場の部下指導)トレーニング」 7月21日 14時〜17時
https://goo.gl/Rcugjx

多くの若きビジネスリーダーのご参加をお待ちしています。



小森コンサルティングオフィス at 09:29コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力トップセールスの段取り仕事術  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月03日

「多様な社員がもたらすイノベーション」講演 (日経新聞主催)P&Gジャパン社長スタニスラブ・ベセラ氏のスピーチ

「多様な社員がもたらすイノベーション」講演
(5月30日、日経新聞主催)で昨日のブログに続きP&Gジャパン社長スタニスラブ・ベセラ氏のスピーチのポイントを紹介したい。

P &Gでは「ダイバーシティ&インクルージョン」(多様な人材の受容と活用)を経営戦略の1つとする。

企業が発展するには多様性が必要である。

女性役員の数字目標も重要である。

ポイントは3つ

―性社員の活用

顧客である消費者は多様性を持っている。
その消費者により良いサービスを提供するには、社員が1人1人の才能を開花させ多様性のある人材でなければならない。

多くの社員の様々な価値観を吸い上げることでビジネスプランがより良いものになる。

∩反イ寮長なくしてビジネスの成長はない

人材が最も重要である。前向きに世界を変えていくスキルはP&Gの社員として必要。

P &Gのダイバーシティの考え方、研修をビジネスパートナーと業界に広げていく。

日本社会の活性化に貢献することが、P&Gがより良い会社に成長するポイントになる。

良き市民、良き会社である風土を社会全体に広めることが大事である。

以上世界最大の消費財メーカーP&Gのダイバーシティのポイントを紹介した。

P&Gでは私が入社した30年前から男女公平でありダイバーシティのカルチャーはできていた。

女性の部長、課長が多く活躍されており、女性だからどうということはなかった。

このポイントがこの30年P&Gが日本で成功してきたポイントではなかろうか?

P&Gジャパン社長 スタニスラブ・ベセラ氏
http://jp.pg.com/about/goaisatsu.jsp

小森コンサルティングオフィス at 08:57コメント(0)トラックバック(0)P&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月02日

「ダイバーシティの経済効果〜通説を覆す」というテーマでキャッシー・松井氏(ゴールドマン・サックス証券株式会社 副会長)の基調講演

「ダイバーシティの経済効果〜通説を覆す」というテーマでキャッシー・松井氏(ゴールドマン・サックス証券株式会社 副会長)の基調講演を聞かせてもらった。

ダイバーシティを考える上でたいへん参考になったのでポイントを紹介したい。

この講演は「多様な社員がもたらすイノベーション」(5月30日、日経新聞主催)の冒頭の基調講演である。

私がメモしたポイントは、

キャッシー・松井氏曰く、「日本をダイバーシティの国にする」必要がある。

少子高齢化の日本で人口が減る中、国の成長率を上げる3つのポイントは/雄燹↓∋駛棔↓生産性、この3つに取り組まないと国の成長率は下がることになる。

少子化対策は、―仞故┐離▲奪廖↓外国人の受け入れ、O働力の受け入れ、この3つしかない。

ダイバーシティの女性活用はになる。

1)女性が働けない第1原因は保育所の問題ではない。

会社がダイバーシティの女性活躍を推進する気がないことが原因である。

会社の「無意識バイアス」で「女性は出世できず、出産したら会社を辞めるもの」というものがある。

アンケート結果で女性が仕事を続けられない理由の順位は

_饉劼悗良塰、

∋纏の行き詰まり、

2雜遏

ぐ藥の順である。

保育所の問題は4番目の優先順位の議論であって、ここが解決しても女性活躍の効果は限られている。

第1,2番の優先順位は、会社の男性管理職がダイバーシティの考え方を持っていないことにある。

2)女性の管理職を増やすことが企業の発展につながる

調査の数字から女性の役員が3人以上いる会社は、そうでない会社と比較して
ROE(株主資本利益率)が1.5倍である。

その理由として松井氏は「決定プロセスが男性と女性では違うから」すなわち女性が会社の重要な決定事項にかかわることで、決定プロセスに今までと違う仮定が含まれるようになる。それがイノベーションにつながるのである。

3)日本がダイバーシティを推進すると女性の労働力は700万人増える。

これはGDPを12.5%押し上げる可能性がある。

またデータ上、出生率と女性就業率が正の相関関係のあることが意外であった。

女性の就業率が増えると出生率は減るのではと私は思っていたが、そうでないという世界の国のデータで出ている。

以上 ダイバーシティの女性活躍のポイントでたいへん勉強になる講演会であった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「多様な社員がもたらすイノベーション」
〜ダイバーシティ&インクルージョン 多様性の受容と活用〜
主催:日本経済新聞社 協賛:P&Gジャパン
http://adnet.nikkei.co.jp/e/event.asp?e=02152

小森コンサルティングオフィス at 18:56コメント(0)トラックバック(0)セミナー、講演会  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年06月01日

「決断力向上の秘訣」をテーマとする6回連載企画が生産性新聞(日本生産性本部発行)で始まりました。

「決断力向上の秘訣」をテーマとする6回連載企画が生産性新聞(日本生産性本部発行)で5月25日より始まりました。

image


ビジネスリーダーとして最も重要な行動が1つあります。それは「正しい決断を下す」ことです。

この連載の目的はビジネスリーダーとして正しい決断を下すことができるよう「決断力」の実践ポイントを説明するものです。

初回のポイントは「企業方針と一貫性のある正しい決断を下す」です。

企業方針は正しい原則に基づいて定められており、従業員はその内容をよく理解していなければなりません。

一般的な企業方針は「正直誠実」「顧客満足」「社会貢献」「信頼関係」といった要素です。

私の古巣のP&Gでは仕事上の価値観を「Do The Right Thing !」という言葉で表してました。

「正しいことをしろ!」という意味です。

ビジネス上の決断と行動は、この正しい企業方針、価値観に基づいて実行されなければなりません。

昨今の企業不祥事は「事実」と「レポート(データ、決算書等)」が食い違うことにあります。

「正直誠実に事実を報告する」全企業のリーダーがこの決断をすれば企画の不祥事はなくなるのです。

「Do The Right Thing !」(正しいことをしろ)

今日から心がけてください。

公益財団法人 日本生産性本部
http://m.jpc-net.jp/site/jpc-net/home?url=http%3A%2F%2Fwww.jpc-net.jp#2769

生産性新聞のページ
http://m.jpc-net.jp/site/jpc-net/index-2?url=http%3A%2F%2Fwww.jpc-net.jp%2Fpaper%2Findex.html#2658

小森コンサルティングオフィス at 14:09コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ