2016年09月

2016年09月30日

売上を最大化する「最強の営業手法」とは? 一般参加可能な営業研修を東京で開催します。(SMBCコンサルティング東京主催)

売上を最大化する「最強の営業手法」とは?

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方 」
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜

一般参加可能な営業研修を東京で開催します。(SMBCコンサルティング東京主催)
10月14日(金)10時〜17時
https://goo.gl/nkc7vj

近年のお客様は、法人・個人を問わず製品知識や購買経験が豊富で、常に多忙を極めています。
このため、自分の役に立ちそうもない営業担当者と会うことはありません。
これからの営業活動は、お客様の意思決定のプロセスをしっかり理解し、論理と心に訴える商談を展開していかないと成果は得られません。
本セミナーでは、お客様の購買決定のメカニズムを心の扉で表現し、各段階にあった適切な商談の進め方を学んで頂きます。
新任〜中堅の営業担当の方の積極的なご参加をお待ちしております。

150115_小森康充氏_345


スケジュール
1.はじめに 
    (1)商談は、お客様の心の窓を開くことから始まる
    (2)心の窓が閉じているときに商品をアピールしても、商談はスベるだけ
    (3)お客様と信頼関係を深め、心の窓を全開にする

  2.購買の大原則
    (1)お客様は、なぜその商品を買うのか?
    (2)お客様は営業が売りたいモノを買うのではない

  3.お客様と信頼関係を築くには
    (1)正直で誠実な態度で接する
      ・あいさつをしっかりする
      ・約束を守る
      ・公平に接する
      ・感謝の気持ちを持つ
    (2)お客様の話をしっかり聴く
      ・お客様より自分の方が話していないか?
      ・人は、自分の話をよく聴いてくれた人に心の窓を開く
      ・心の窓が大きく開いているときこそ、商品を売り込む絶好のタイミング!
    (3)コンタクト回数の法則 
      ・会う回数をとにかく増やす 
      ・会話の回数を増やし、心の窓を少しずつ開いていく
    (4)買ってくれないお客様は将来の宝物
      ・今、買ってくれないお客様は、将来のお客様候補
      ・お客様を宝物と思えれば、将来の結果は見事に違ってくる

  4.お客様の“本音”を引き出す 6つのテクニック 
    (1)「この商品売ってよ」とお客様に言わせる
       〜「リスニング」のテクニック〜
    (2)話をどんどん引き出す
       〜「誘導」のテクニック〜
    (3)目は口ほどにモノを言う
       〜「アイコンタクト」のテクニック〜
    (4)沈黙は金
       〜「ポーズ(沈黙)」のテクニック〜
    (5)相手の話をもっと深める
       〜「ミラー」のテクニック〜
    (6)他にないですか?
       〜「話題変換」のテクニック〜

  5.お客様の“買った!”を引き出す 5つのステップ
    (1)お客様のニーズ(条件)を確認する
    (2)アイデアを提案する
    (3)アイデアを具体的に説明する 
    (4)利点を強調する
    (5)お客様の同意を得る

  6.お客様の“イエス”を引き出す クロージングの決めゼリフ
    (1)ストレートに注文を聞く
    (2)二者択一してもらう
    (3)相手に答えてもらう
    (4)次の行動を述べる
    (5)沈黙する

  7.おわりに
    できる営業は、目標も高く、成功を信じる力も高い

テキスト書籍には「スベらない商談力」(かんき出版)を使用します。当日配布予定です。

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方 」
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
https://goo.gl/nkc7vj

当日研修会場でお会いできることを楽しみにしています。


2016年09月29日

生産性新聞(日本生産性本部発行)の「決断力のコツ」5回目連載記事です。(9月25日発行)

生産性新聞(日本生産性本部発行)の「決断力のコツ」5回目連載記事です。(9月25日発行)

image


「リーダーの仕事はチームの目標と戦略を明確に決定しメンバー全員に伝達することである」

強い組織力を構築するには、メンバーの決断のスピードをアップすることが重要です。

そのためには、メンバーにチームの目標と戦略、役割分担が明確に伝わっていることが必要です。

今の時代はメンバーに役割と権限をあたえスピーディに決断してビジネスを推進することが求められます。

古巣のP&Gで学んだ効果的目標と戦略の伝達手法「OGSM の原則」を添付記事に紹介してます。

OGSM とは、
Objective (目標を言葉で伝える)、Goal (目標を数字で伝える)、Strategy (戦略を伝える)、Measurement (戦略の途中経過の確認方法)
の頭文字をとったものです。

この手法でチームの目標と戦略をメンバーに伝えると、分かりやすく目標の達成率もアップするのです。

今日から実践してください。

日本生産性本部
http://www.jpc-net.jp/

2016年09月28日

NUMO(原子力環境発電整備機構)さんにて9月15日に信頼関係構築のコミュニケーショントレーニングを実施しました。

NUMO(原子力環境発電整備機構)さんにて9月15日に信頼関係構築のコミュニケーショントレーニングを実施しました。

4名1グループで講義に加えロールプレイ、ワークショップを多く取り入れた参加型研修で実践的な研修です。

IMG_1540


テキスト書籍には「スベらない商談力」(かんき出版)を使い顧客、社内、家族すべての方の心の窓を開く話法を紹介しました。

image

またストーリーマップという研修内容を面白い1枚の漫画で表した手法を使いました。
この研修手法は記憶効果、復習効果に優れたもので楽しく学んでいただけます。

参加者の皆さんの積極的な受講態度のお蔭で効果的な研修にできたことに感謝です。

IMG_1526


ところで皆さんはNUMO(原子力環境発電整備機構)さんの会社はご存じでしょうか?

新聞、TV等で見て知っている方もいらしゃると思います。

「放射性廃棄物の地層処分を実現する」ことを使命にしている会社です。

会社の基本方針は、,垢戮討砲いて安全を最優先します。地域との共生を目指します。社会から信頼される組織を目指します。です。

地域住民の方を対象に「放射性廃棄物の地層処分」のイベントも開催されています。

興味のある方は下記HPをご覧ください。

NUMO(原子力環境発電整備機構)のHP
http://www.numo.or.jp/

NUMOの今後のイベント
http://www.numo.or.jp/pr-info/pr/event/

「利点の強化からクロージング」このスキルが営業の売上達成に最も重要です。スベらない商談力より

営業の皆さんへ

「利点の強化からクロージング」このスキルが営業の売上達成に最も重要です。

営業は自社商品の特徴の説明に時間をかけてしまいがちです。

しかし得意先は商品の特徴を聞きたいのではなく、その商品が自分の会社にもたらす価値、すなわち利点がどれだけあるかを聞きたいのです。

よって営業は自社商品を扱ってもらうことで得意先が得る利点を強調する必要があります。

その利点の強化がクロージング契約率のアップをもたらすのです。

得意先の商談の前に、今日のプレゼンで得意先の利点をどのように強調するか?

クロージングのスキルはどの話法を使うか?

この準備が重要です。できれば事前ロールプレイを上司、同僚とするとより契約率がアップするでしょう。

スベらない商談力研修で紹介しているクロージングスキル、‘鷦埖魄譟↓∩蠎蠅謀えてもらう、L魍篳担、つ戚曚箸いΧいクロージング話法をどんどん実践商談で使ってください。

「利点の強化からクロージング」この話法を強調することで売上達成率はアップします。




小森コンサルティングオフィス at 19:16コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月26日

戸田オリンピックボート競技場にてボートの大学選手権(インカレ)が9月22日〜25日で開催されました。

戸田オリンピックボート競技場にてボートの大学選手権(インカレ)が9月22日〜25日で開催されました。

1000人以上の全国の大学ボート選手が参加しましたが、私も35年前、同志社大学のボート部としてこの競技場でエイト競技に参加しました。

今年のインカレ男子エイト決勝は、1位:日大、2位:明治、3位:仙台、4位:慶應、5位:早稲田、6位:一橋、でした。

image


ボートという競技は面白い一面があって、歴史的に国立大学が強いのです。最近は私立大学の優勝が多くなってますが、過去は、東大、東北大学、一橋が強く関西では同志社と京大も強かったのです。

最近の国立大学では一橋が圧倒的な強さです。

image


関東の大学ボート部の部員は、この戸田オリンピック競技場のまわりに合宿所があり、年間を通して朝は4時起床でボートを漕ぎ、合宿所から大学に通い、夕方また合宿所に戻り練習します。

そして夕食後22時には消灯と規則正しい生活を送ります。
私も同志社大学時代は琵琶湖の支流の瀬田川の合宿所で生活してました。

話は変わりますが、以前のブログでも紹介しましたが、ボート競技は波風があればバランスが崩れ漕ぐことができなくなります。

上記写真を見てもわかりますが戸田の競技場は池で波もなく静水です。これがボート競技場の最低限の条件になります。

ところが2020年東京オリンピックのボート競技は東京湾の海の森水上競技場で開催予定です。

波風が強い海で競技をすることでボート選手、監督会からは大きなクレームになっています。

この戸田のオリンピックコースまたは近くの彩湖に候補地変更をボート競技監督会がリクエストしていますが、東京都は早々と海の森水上競技場の工事を始めています。

アスリートの声を無視して何故工事を始めるのか理解できません。

オリンピックの理念はアスリートファーストのはずです。

海の森水上競技場は、アスリートファーストではなく利権ファーストです。

わざわざ海の上に競技場を作り波風の防波堤のために都民の税金を500億円も使う計画です。

これほどの税金の無駄遣いはないでしょう。

継続して海の森水上競技場の埼玉県戸田市への会場変更を強くリクエストする必要があります。

小森コンサルティングオフィス at 07:57コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

挨拶の重要性。^Щ□∋談→仕事の話の3ステップが社内コミュニケーション活性化のポイントである。

今日は挨拶の重要性についてです。

^Щ□∋談→仕事の話の3ステップが社内コミュニケーション活性化のポイントです。

ビジネスリーダーの皆さんへ

皆さんは新人研修で「挨拶の重要性」を教わったのではないでしょうか?

家族、社内、得意先のすべての方に、笑顔で元気な声で「おはようございます」。と挨拶できてますか?

チームメンバー全員が朝から笑顔で挨拶すると気持ち良いですね。

今日は社内コミュニケーションを活性化するポイントを紹介します。

それは^Щ□∋談→仕事の話の3ステップです。

始めに朝の挨拶の後に雑談をすることです。

「昨日は阪神タイガース勝ちましたよね」

「そうだね。これで2連勝だよね」

等のスポーツ、家族、趣味のお互いの興味のある話題であれば何でもOK です。

その後に仕事の話に入ります。

「ところで課長、昨日の商談で相談したいことがあるのですが、少しお時間よろしいですか?」

これが^Щ□∋談→仕事の話の3ステップです。

朝の挨拶、楽しい雑談がなければ、いきなり込み入った仕事の話を上司、先輩にはしにくいものです。

社内コミュニケーションの活性化とは、込み入った話をスピーディにできることがポイントです。

今日から実践してください。



2016年09月23日

得意先の人事異動は営業のチャンスです。同業で一番に挨拶して新しい企画を提案しましょう。

得意先の人事異動は営業のチャンスです。同業で一番に挨拶して新しい企画を提案しましょう。

営業の皆さんへ

皆さんの担当得意先キーマンが人事異動で交代することがあるでしょう。

その時が営業のチャンスです。

新しい担当者は前担当と違うものの見方、考え方をすることがよくあります。

よって今まで取引しなかった企業と取引を始める可能性も十分あるのです。

新規開拓を狙っている得意先の人事異動の情報収集はしっかりとすることです。

新しいキーマンの部長に同業で一番に挨拶にいきましょう。

第一印象をよくすることが営業にとって重要なポイントになります。

今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 20:58コメント(0)トラックバック(0)得意先浸透  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月20日

部下を褒めることの重要性。信頼関係の構築のために

日本人には「謙譲の美徳」という文化があるためか、部下をあまり褒めないように思います。

私は外資系企業で20年間のキャリアを積みましたが、欧米人は部下をすごく褒めるように思います。

笑顔でほんの些細なことまで褒めるのです。

人は褒められると、嬉しくなって心の窓が開きます。あきらかにお世辞だとわかっていても嬉しいのです。

部下と信頼関係を構築するには、部下の良いところを褒めてください。

褒めるのは、いつでも誰に対してもできます。

また時間もお金もかかりません。

この簡単な話法を使わない手はありません。

部下のみならず、上司、得意先、家族すべての人に「褒める」話法は使えます。

人を見ると、その人の良い点を見つけるようにしましょう。

そしてその良い点を相手に伝えるのです。

今日から実践してください。



「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)が先週の文教堂書店浜松町本店のビジネス書籍ランキングで第4位にランクインしました。

営業研修のテキスト書籍「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)が先週の文教堂書店浜松町本店のビジネス書籍ランキングで第4位にランクインしました。

文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書ランキング(9月11日〜17日)

http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

ビジネスで最も重要なことは、「具測達一」の目標設定です。

具測達一とは、具体的、測定可能、達成可能、一貫性の頭文字をとったもので、この原則に基づいて目標設定すると、チームメンバーに伝達しやすく目標達成の可能性もアップします。

本書は、営業の目標設定の原則から高い目標売上を達成するポイント、訪問計画の立案方法、タイムマネジメント等を紹介します。

事前の段取りの重要性を理解いただける内容になっています。

多くの営業に読んでいただきますと幸いです。



2016年09月19日

「ボスとリーダーの違い」皆さんはボスではなく、リーダーになってください。

「ボスとリーダーの5つの違い」

.椒垢鷲下を操縦するが、リーダーは部下をやる気にさせる。

▲椒垢聾⇔呂鬚佞襪Δ、リーダーは誠意を持って接する。

ボスは「私が」と言い、リーダーは「私達が」と言う。

ぅ椒垢話が悪いかを示し、リーダーは何が悪いかを示す。

ゥ椒垢老桧佞鰺弋瓩掘▲蝓璽澄爾老桧佞魄き寄せる。

皆さんは、ボスではなく、リーダーになってください。

小森コンサルティングオフィス at 20:00コメント(0)トラックバック(0)リーダーシップとは?  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月17日

「チームを動かすための管理職塾 第5期」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)を開催します。参加者募集中です。

「チームを動かすための管理職塾 第5期」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
を来月10月より開催します。参加者募集中です。
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

研修は講義に加えワークショップ、発表を多く取り入れ参加型で実践的に行います。

またストーリーマップという面白い漫画を使いながら学んでいただきます。

image


以下ご案内です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「3年間で結果を出せないリーダーは、その後も良きリーダーになる可能性は低い。」と言います。

リーダーの役割は、.蝓璽澄璽轡奪廖↓⊃佑魄蕕討襦↓マネジメントです。そのためにはメンバーとの「信頼関係」はなくてはならないものであり、このためのコミュニケーション能力は非常に重要です。

この基本的なことをおさえていないリーダーは、空回りし、チームを動かし成果を上げることが難しいと言えます。
企業の多くは、プレーヤーとして成果を上げてきた人材を管理職に登用しています。しかし、そのような人材が必ずしもチームとして成果が上げられるとは限りません。むしろ昇格した後、部下を使いこなせずパフォーマンスが落ちる人も見られます。自分と他人が「違う」ことをわかっていないからです。

管理職としてのリーダーの役割で最も重要なことは、部下を育成し、チームを動かして、会社としての目標を達成することです。

【開催日時】平成28年10月6日(木)〜平成29年3月9日(木) 全6回 10:00〜17:00

【講師】小森康充 氏(元P&G アジアパシフィック最優秀マネージャー)

【費用】投資先企業価格 178,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃      148,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)
一般企業価格    198,000円(1人目    消費税込・昼食含まず)
     〃       168,000円(2人目以降 消費税込・昼食含まず)

<東京投資育成、名古屋投資育成の投資先様(関連会社を含む)は投資先企業価格になりますので、申込書通信欄にその旨ご記入下さい>

【場所】大阪中小企業投資育成株式会社 セミナールーム
大阪市北区中之島3−3−23 中之島ダイビル 28階
(京阪中之島線「渡辺橋駅」2番出口より徒歩1分)

「チームを動かすための管理職塾 第5期」(大阪中小企業投資育成株式会社主催)
を来月10月より開催します。参加者募集中です。
http://www.sbic-wj.co.jp/data/detail/seminar/00002494.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
当日セミナー会場でお会いできることを楽しみにしています。



9月14日一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで実施しました。(SMBCコンサルティング東京主催)

9月14日一般参加可能な営業研修をダブルヘッダーで開催しました。(SMBCコンサルティング東京主催)

「スベらない段取りの技術」「スベらない商談の技術」で若手営業職対象で実施しました。

KIMG0723


営業には手法があります。多くの営業は我流で営業活動されているのではないでしょうか?

目標設定の仕方、訪問計画の立て方、高い営業目標の達成の仕方、得意先と信頼関係を構築する手法、これらの基本的スキルを学び、それを実践していくことが目標達成率をアップする効果的手法であると思います。

研修は講義に加えワークショップを多く取り入れた参加型で実践的に楽しくやります。

初めての方もお気軽にご参加ください。

以下SMBCコンサルティング東京主催の年内のオープン研修です。

 岷超箸隆靄棔仝楜劼反頼関係を構築する手法」
10月14日10時〜17時
http://goo.gl/s3ukJc

◆屮繊璽爐成果を出し目標達成する5つのステップ」
10月21日10時〜13時
http://goo.gl/9nSjdg

「職場の部下育成OJT研修」
10月21日14時〜17時
http://goo.gl/MLVrtl

ぁ屮好戮蕕覆っ兵茲蠅竜蚕僉
11月2日10時〜13時
http://goo.gl/aGpTKw

ァ屮好戮蕕覆ぞγ未竜蚕僉
11月2日14時〜17時
http://goo.gl/Q7mJJw

小森コンサルティングオフィス at 11:09コメント(0)トラックバック(0)セミナー東京  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「相手の話をしっかり聞くことは、これから自分の話を相手に聞いてもらうための切符を手にすることである。」元P&Gトップトレーナーのボブ・ヘイドン氏の言葉

「相手の話をしっかりと聞くことは、これから自分の話を相手に聞いてもらうための切符を手にすることである。」
元P&Gトップトレーナーのボブ・ヘイドン氏の言葉である。

営業の多くは話が上手である。しかし売上が上がらない、新規契約が取れない、とお悩みの方は多いようだ。

何故だろう?

25年前、古巣のP&G営業トレーナーの時代、当時P&G世界トップトレーナーのボブ・ヘイドン氏より教わったコミュニケーションの原則がある。

「相手の話をしっかり聞くことは、これから自分の話を相手に聞いてもらうための切符を手にすることである」
というものだ。

image

簡単なようだが、たいへん深い意味がある。電車に乗るのに切符(最近はカード)がないと改札に入れない。相手に自分の話を聞いてもらうにも切符が必要なのである。その切符はお金で買うものではなく、「相手の話をしっかりと聞く」ということである。

相手の話を興味を持って共感して聞くと、相手の心の窓が開く、そうすると今度は話を聞いてくれたこの人の話も聞きたいという心の状態になる。これが自分が話始めるタイミングである。

「相手の話をしっかり聞くことは、これから自分の話を相手に聞いてもらうための切符を手にすることである。」

今日から実践してほしい。







小森コンサルティングオフィス at 10:45コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月14日

OGSMで目標と戦略を効果的に組織に落とし込む、強いマネジメント力を発揮するために

ビジネスリーダーは、目標と戦略を明確にし組織を成功に導かなければならない。

組織力を発揮する正しい決断をするには目標と戦略を正しく落とし込む必要がある。

ではここで古巣のP&Gの「効果的目標と戦略の伝達手法―OGSMの原則」を紹介しよう。

OGSMとは「Objective(目的)」「Goal(ゴール)」「Strategy(戦略)」「Measurement(測定方法)」の頭文字をとったものである。

目的は目標を言葉で表したもので、ゴールはその目標を数字で表したものである。

戦略はゴール達成の方針を表したもの、測定方法は戦略の途中経過の方法のことを言う。

このOGSMでチームメンバーに目標と戦略を伝えるとわかりやすく、実行しやすい。

組織目標とメンバーの行動が一貫性のあるものになるのである。
その結果組織のどのレベルで決断をくだせばよいかが明確になる。

例えばあなたはある企業の社長である。社長の仕事は会社のOGSMを作ること。
今期の会社目標は、
「Objective―得意先に喜ばれる高品質高価格の商品を提供すること」
「Goal−売上目標100億円」
「Strategy−戦略/卦開拓を強化し売上100億円、工場の稼働率20%アップ、事務経費の10%削減」
「Mesurement−毎月の部長会議で進行状況把握、毎週1回目標達成プログレスレポートを全従業員で共有」

社長の部下には3人の部長がいる。部長は、社長の戦略Strategyを達成するためにいるのだ。
営業部長のOGSMは、目的:新規開拓を強化して売上100億円を達成すること、そのために3つの戦略を立案する戦略“瑤唸み営業で30億円、既存の得意先の紹介営業で20億円、既存の得意先で50億円の売上を達成する。

すなわち社長の戦略/卦開拓を強化し売上100億円が、営業部長の目標(ゴール)になるのである。

そして営業部長は、売上100億円達成の戦略を3つ立案する。その戦略を部下の3人の課長にゴールとして落とし込む。これがOGSMの目標と戦略の伝達手法である。

それぞれの役職の目標と戦略、達成すべき課題が明確になっているため、自分が何を決断すべきかが明確になるのである。

今日から実践してみてほしい。

2016年09月13日

決断力向上のポイント「物事の本質と決断すべきポイントを理解する」

決断力のあるリーダーは、行動を起こす前に問題の本質と決断すべきポイントをよく理解しているものである。

決断すべきポイントが理解できていないと、重要でない些細なことに神経を使いすぎ、肝心の重要な決断がくだせないことになることが多い。

「この問題は本当に今、自分が決断すべきことか?」ということを自問自答することである。

よくやってしまう失敗は、「上司または部下が決断すべきことを自分が決断して行動してしまった」
「決断すべきポイントが間違っていた」というものである。
では本当に決断すべきポイントに焦点をあてるにはどうすればよいのであろう?

150115_小森康充氏_252


ここで問題解決の3つのステップを紹介しよう。

1)問題の把握(何が起こっているか?)WHAT?
これは誰にとっての問題か?取り組むべき問題か?どこで起こっているのか?今までも取り上げられたことがあったのか?放置しておくとどうなるのか?等、問題点を明確に分析することである。

2)誰が対応するのか?(WHO?)
その問題は誰が決定するかしないかを決めるのである。ポイントは3つある。
ー分で決断する(自分1人で決断、または他者を巻き込んで決断する。他者を巻き込むことは意思決定プロセスに参加してもらうことである)、
他者による意思決定を促進する(自分のマターでないとき)、
L技襪垢襦覆曚辰箸)の3つがある、

3)どのように対応するか?(HOW?)アクションプランの決定、
アクションプランに3つの選択肢を用意し、それを評価し、成功の可能性を考慮して1つに決定する。

以上の3ステップを実践することで効果的な問題解決ができるのである。

P&G時代のエピソードを紹介しよう。
上司から重要得意先のプレゼン資料作成を命じられた。
私は張り切って「プレゼン資料を10日で完成させて提出します。」と言った。

上司は「それでは弱いプレゼンになってしまうよ」と言い「資料の大枠ができた時点で私に相談しなさい。そこで私がアドバイスをするので、それを踏まえて作成、ある時点でまた相談しなさい。そうすることで強いプレゼンに仕上がるよ」と言ったのである。

これが上司を巻き込むことである。私が10日もかけて完成した資料を上司からダメ出しされるとはじめからやり直しとなる。

つまり強いプレゼン作成という課題において「自分1人でするのではなく、上司を巻き込むこと」それがポイントである。

効果的な課題解決につなげる決断力を鍛えるには「本当に決断すべきポイントは何か?」
「真の問題は何か?」この質問を常に自問自答することである。



小森コンサルティングオフィス at 07:38コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル成功  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月09日

管理職対象の「部下の心に火をつけるリーダーシップ」研修を鳥取市雇用促進協議会主催で実施しました。

管理職対象の「部下の心に火をつけるリーダーシップ」研修を鳥取市雇用促進協議会主催で実施しました。昨日に続き2日目です。

image


講義に加えワークショップを多く取り入れ参加型研修で盛り上がりました。

30名の定員を大きく上回る43名の申込みをいただき定員を36名に増やして実施させていただきました。

image


書籍「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)をテキスト書籍にストーリーマップを使って実践ビジネススキルを紹介しました。

参加者の皆さんの積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできたことに感謝です。



2016年09月08日

「お客様に信頼される商談スキルセミナー」(鳥取市雇用促進協議会主催)を本日開催しました。

「お客様に信頼される商談スキルセミナー」(鳥取市雇用促進協議会主催)を本日開催しました。

image


テキスト書籍に「スベらない商談力」を使いました。

4年連続開催ですが30名の定員を越える申込みをいただき定員を増加しての開催です。

image


今回もお客様の心の窓を開く実践スキルをワークショップ、ロールプレイを多く取り入れ学んでいただきました。

image


記憶効果に優れたストーリーマップを使い信頼関係構築のポイントを理論と具体的実践例をもとに紹介しました。

参加者の皆さんの積極的な受講態度のお陰で効果的な研修にできたことに感謝です。




2016年09月07日

エンゲージメントの3つのポイント。エンゲージメントはチームの生産性アップに重要なスキルです。

エンゲージメントの3つのポイント

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日はエンゲージメントについて紹介したいと思います。

エンゲージメントとは、満足度という意味合いと似てますが、一般には満足度を超えたチームメンバー自らが、積極的にこの結果を出したい、この仕事がしたい、そのやり方にチャレンジしたい、というマインドセットとその決意という意味合いがあります。

では具体的な3つのポイントを紹介します。

エンゲージメントの3つのポイント

〇纏上得意なことができるチャンスがある。

これはあたりまえのことですが、人には長所短所があります。不得意な仕事をするのは嫌ですよね。
つまりエンゲージメントは上がらないのです。よってリーダーは、チームメンバーの長所短所を把握し、できるだけ本人の長所を発揮できる仕事、得意だと思っている能力を発揮できる仕事を与えましょう。

それがエンゲージメントのアップになり、チームの生産性をアップする結果につながります。

⊆分の仕事が会社目標達成にリンクしており自分は会社に貢献している。

チームメンバーに与えている仕事内容は一見すると単純作業かもしれません。
ただその仕事ができないと会社の運営が行き詰まってしまうことはあると思います。リーダーはメンバーに仕事を与えるに加え、その仕事の重要性、その仕事をミスなくこなすことが会社にとっていかに重要かを説明することが必要です。
これがエンゲージメントのアップにつながり生産性が上がるのです。

私は何を期待されているかが明確である。

リーダーはメンバーに個々の仕事を明確に説明しその期待値を伝えることが重要です。
リーダーは伝えているつもりでも意外にメンバーに伝わってないことがあるのではないでしょうか?
仕事内容と期待値をしっかりとリーダーが部下に伝えることがエンゲージメントアップに結びつきます。

以上の3つのポイントを紹介します。

説明すると簡単なことのようですが、「日々実践できていますか?」と言われるとどうでしょう?

今日から実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 12:41コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月06日

「スベらない商談力」先週の文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書ランキング第3位です。

「スベらない商談力」先週の文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書ランキング第3位です。

文教堂2016


継続して企業営業研修のテキスト書籍として活用いただいていることに感謝です。


文教堂書店浜松町本店週間ビジネス書ランキング (2016年8月28日〜9月3日)
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

本書の「信頼関係構築」のポイントは営業が得意先に対する信頼関係はもちろんのこと、会社内のコミュニケーション、家族のコミュニケーションにも実践できる内容です。

ポイントは相手の話をしっかりと聞き相手を理解すること。

私は人は相手の話を聞いているようで聞いてないと思っています。

相手の話を聞きながら頭の中で「次は私はこの話をしよう」と考えていることが多いのではないでしょうか?

つまり自分が話すタイミングを見ているだけなのです。

これでは相手の話をしっかりと聞いているとは言えません。

真に相手の話を聞くとはどういうことなのか?これを理解して実践することが信頼関係構築のポイントであると思います。



小森コンサルティングオフィス at 19:11コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年09月05日

書籍「最強の時間」ブライアン・トレーシー著、花塚恵訳、(かんき出版)オススメ書籍の紹介!




「最強の時間」ブライアン・トレーシー著、花塚恵訳、(かんき出版)を読んでいる。

たいへん勉強になる。ビジネスはもちろん、人生全般の時間の使い方に参考になる1冊である。

著者のブライアン・トレーシー氏は、アメリカで最も有名なコンサルタント。世界40ケ国で1000社を超える企業のコンサルタントを務め、500万人以上に講演をしている。

本書で私がチェックしたポイントは、

/誉犬どういうものになるかは、自分についてどう思い、どう感じているかでほぼ決まる。自分に対する感情の核となるのが自尊感情だ。自尊感情とは、「どのくらい自分のことが好きか」という意味である。

∋間を管理する際の人の心理は、コントロールの法則として知られるシンプルな原理にもとづく。
人は自分を肯定する感情が一定量に達すると、人生をコントロールできていると感じる。
反対に、自分を否定する感情が一定量に達すると、生活や仕事をコントロールできていないと感じる。

J儔修箸いΔ里蓮∧僂┐襪噺任決意したときに起こる。

た佑隆蕎陲裡坑機鵑蓮⊆分で自分にいつもどんな言葉を言い聞かせているかで決まり、それによってとる行動も決まる。

ゥ好肇譽垢蓮⊆分がいちばん大事にしている価値観にそぐわないことをしている時に生まれる。

人生が素晴らしくなるのは、自分にとってもっとも大切な目標が明確になってからだ(ナポレオン・ヒル)

本当に偉大なことは、自分の内面や過去について自分ひとりで振り返り、熟考することでしか生まれない

┷罵ダ荵項に取り組む時間を十分に確保することが重要だ。そのためには見積もった所要時間を30%上乗せすることである。実際にかかる時間は30%多めにかかることが多いからだ。

管理職の勤務時間の25%をミーティングに費やす組織は駄目な組織だ

有能なビジネスマンのデスクは常にきれいだ(ピーター・ドラッガー)

「最強の時間」ブライアン・トレーシー著、花塚恵訳、(かんき出版)多くのビジネスリーダーに読んでいただきたいオススメの書籍である。



小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ