2016年11月

2016年11月30日

チームを引っ張る「リーダーシップ研修」とチームを効果的に管理し目標数字を達成する「マネジメント研修」をダブルヘッダーで開催します。(SMBCコンサルティング東京主催)

チームを引っ張る「リーダーシップ研修」とチームを効果的に管理し目標数字を達成する「マネジメント研修」をダブルヘッダーで開催します。(12月14日、SMBCコンサルティング東京主催)

一般参加可能なオープン研修です。ビジネスリーダーの皆さんはどうぞご参加ください。

「管理職リーダーシップ入門」
12月14日10時〜13時
https://goo.gl/Zw7zdp

「チームが成果をだし目標達成するための5つのステップ」
12月14日14時〜17時
https://goo.gl/yVzbCl

研修は楽しく、実践的でワークショップを多く取り入れ参加型で行います。

またストーリーマップという研修内容を面白い1枚の漫画であらわしたものを見ながら学んでもらいます。

ストーリーマップ研修は、見ていて楽しく、また記憶効果に優れた画期的な研修手法です。

2014-06-23-08-47-40


ビジネスリーダーに必要なスキルは、チームを引っ張るリーダーシップスキル、そしてチームの目標数字を確実に達成するマネジメントスキルです。その2つの重要スキルのエッセンスをダブルヘッダーで学べます。

多くのビジネスリーダーは、リーダーシップ、マネジメントの手法を体系立てて学ぶことなく我流で実践していると思います。ベストプラクティス(良い見本)のスキルを学んでそれを実践した方が効果的にチームの成果につながると思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「管理職リーダーシップ入門」
12月14日10時〜13時
https://goo.gl/Zw7zdp

プログラム

 【1】 リーダーシップはトレーニングできる

 【2】 リーダーシップの3つのEとは

 【3】 感情のマネジメント(感情は一瞬で変えられる)

 【4】 小森流リーダーシップの5つのポイント

 【5】 トップダウンリーダーとサーバントリーダーの違い

※研修は講義に加えワークショップを多く取り入れ参加型で行います

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「チームが成果をだし目標達成するための5つのステップ」
12月14日14時〜17時
https://goo.gl/yVzbCl

効果的な組織マネジメントのための5つのステップとは?

 【1】 組織の目標&戦略の決定とメンバーへの伝達

 【2】 目標達成のためのチームづくり
      〜強いチームにするためのポイント

 【3】 メンバーの目標設定と進歩管理の仕方

 【4】 チームが明るく楽しくなる報奨システムづくり
      〜目標を達成したメンバーへご褒美を与えるシステム

 【5】 メンバーのコミットメントを獲得
      〜メンバーに決意を促し行動をサポートする

※研修は講義に加えワークショップを多く取り入れ参加型で行います
もちろん午前、午後どちらか1つだけの受講も可能です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
内容は「リーダー3年目からの教科書」(かんき出版)です。講師の実践経験をもとに紹介します。



では当日研修会場でお会いできるのを楽しみにしています。


「五輪ボートの海の森競技場は利権ファーストである。アスリートと都民の意見を無視した決定にもの申す!」

「五輪ボートの海の森競技場は利権ファーストである。アスリートと都民の意見を無視した決定にもの申す!」

image

写真は今朝の日経である。迷走したボート競技場が海の森競技場で決まりそうである。

私はあきらめの悪い性格なので都民の1人として再度クレームをつけさせてもらう。

4者協議(小池百合子都知事、森喜郎会長、IOCコーツ副会長、丸川五輪相)の皆さんに問いたい。

アスリートファーストとは何か?

ボート選手は一貫して「彩湖(戸田ボートコースの隣り)」がアスリートファーストで最適と希望してきた。

ところが大会組織委員会、東京都、日本ボート協会、東京都議会は、この選手の意見を黙殺してきた。何故なのか?

五輪競技場問題は一貫して不自然なことが多すぎる。

私は問題点を3つにまとめた。

.▲好蝓璽箸琉娶を聞いていない。

組織委員会は「競技団体が海の森に賛成している」と言うがこの競技団体が曲者である。

ボート選手の意見は戸田監督会(大学ボート選手の団体)のことであり、ボート選手は一貫して彩湖を希望している。波風があればバランス重視のボート競技ができないからである。

海にボート競技場を作るのは愚の骨頂である。

ところが日本ボート協会は選手の希望を無視して海の森に賛成している。日本ボート協会は、大会のメダルを渡す年配の方の団体である。

アスリートの戸田監督会の意見を日本ボート協会が無視することが問題点の1つである。

都民の意見を無視している。

東京新聞の調査によると都民の8割は海の森競技場に反対している。何故税金を負担する都民の意見を無視するのか?都民の意見を代弁しているのは小池百合子都知事のみである。

丸川五輪相にいたっては意見を聞いたことがない。この方は何のために参加しているのか?
国民のために無駄なコストを削減しようという気持ちがないのなら参加しなければよい。

森会長にいたっては無責任な発言が多すぎる。この方はアスリートのことも都民のことも考えてないようである。無駄な税金を使い建設会社に多くのお金を落とすことを優先しているようである。これを利権ファーストという。

今まで海の森ありきで競技場の検討を真剣にしていなかった

オリンピック招致の時期からボート競技場は長沼、彩湖、琵琶湖等の候補地検討がなされなければならない。ところがアスリートが希望する彩湖は最近にいたるまで検討されなかった。不可解なことである。

国土交通省の許可が必要との言い訳をされているがこれもおかしい。許可を最初から取ればよいだけの話である。国をあげての祭典に国土交通省が許可を出さないはずがないではないか?申請も出さなかったのは何故か?

結論から言おう。組織委員会、東京都は最初から公平な競技場の検討などせず、海の森ありきで進めてきたのである。アスリートの希望など聞かずに。

以上の3つのポイントが迷走の理由である。

まとめると五輪競技場問題の最大の癌は2人いる。組織委員会の森喜郎会長、そして都議会のドンと言われる内田茂都議である。

このお2人方はどこまでも無駄な建設工事をするために職につかれているようである。内田都議が役員をする建設会社が五輪工事のコンペで高値で落札するという不可解なことがおこっている。コンペは最低価格の業者が落札するのが常識である。理由は技術点が100点満点であったそうな。

まさに税金の無駄使い。都民の敵である。このお2人は早々に辞任いただき、マネジメント能力のある企業の経営者、管理職の方が会長、都議会をリードしていただくのがよいと思う。

産経のアスリートファーストのボート選手記事
http://www.sankei.com/smp/politics/news/161027/plt1610270009-s1.html

戸田監督会(大学ボート選手の団体でこの意見がアスリートファーストである)
http://rowingfield.net/sm/

日本ボート協会(ボートの代表団体。選手の希望を黙殺して海の森競技場に賛成する)
http://www.jara.or.jp/


小森コンサルティングオフィス at 08:03コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月29日

有明アリーナは340億円の都民の税金の無駄使いである。既存の横浜アリーナを使えばよい。組織委員会の森会長は辞任いただきたい。

2020オリンピック会場で横浜アリーナという既存の素晴らしい施設があるにもかかわらず、何故都民の税金340億円を無駄使いして有明アリーナなど作るのか?

私は都民の1人として2020オリンピックの会場に無駄な税金を使うことには反対である。

都の調査チームによると有明アリーナを作成した後の65年間で300億円近い修繕費がかかるとのことである。合計640億円の無駄使いである。
http://www.sankei.com/politics/news/161129/plt1611290004-n1.html

これを払うのは我々都民である。その後も黒字で有効活用できるのであればよい。しかし赤字になるのがわかっていて新しい建築物をつくるのは愚の骨頂である。

小池百合子都知事は、税金の無駄使いを回避しようと孤軍奮闘してくれているが、利権ファーストの五輪組織委員会の森会長が無駄使いを承知で建設するという。まさに愚の骨頂である。

森会長という方はリーダーシップもマネジメント能力も感じられない。組織委員会の会長として不適格な方である。

小池百合子政経塾「希望の塾」で元都知事の猪瀬直樹氏の講演を聞かせてもらったが、国立競技場問題からの五輪の迷走の問題点はこの森会長であるという。

オリンピック招致段階での都知事は猪瀬氏であり、猪瀬氏とJOC竹田会長との話し合いで組織委員会会長は大会のコスト管理のできる方で企業の経営者(例えばトヨタの会長)にやってもらうことで合意できていた。

ところが森氏がそれを聞きつけ安倍総理のところへ行って、「俺に組織委員会会長をやらせろ!」と言ったそうである。

その結果がエンブレムから、国立競技場、ボート会場にいたる迷走劇である。森会長が癌であり、この方がいる限り都民の税金の無駄使いが今後も続くことであろう。

早急に森会長は辞任いただき、マネジメント能力のあるコスト管理のできるリーダーを組織委員会会長に任命いただきたいものである。

小森コンサルティングオフィス at 18:51コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?<説明>→<見本>→<やらせる>→<話し合い>である。

部下育成OJTの「効果的なトレーニングの4つのサイクル」とは?

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ笋任△襦

image


連合艦隊司令長官の山本五十六長官の有名な人材育成の言葉に

「やって見せ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ」

というのがあります。

まさに人材育成とは上司が見本を見せ、説明して、やらせて、良くできたポイントを褒めてあげないと人は育たないのです。

効果的トレーニングサイクルの

<\睫澄笄<見本>→<やらせる>→<は辰傾腓ぁ

の4つを的確に伝達されています。

上司は部下に対して「これをしなさい」「あれをしなさい」と命令するのではなく、何をどのように何故するのかを<\睫澄笋垢襪里任后

次に具体的にどのように手足を動かしてするのかをしっかりと<見本を見せる>のです。

そして今説明したとうりに、見本を見せたとうりに<やらせる>のです。

最後にやってみてどうだったかを上司はよい質問をして部下に答えさせます。<は辰傾腓ぁ

ここでは改善ポイントの答えを上司がすぐに指摘するのではなく、部下に考えさせて答えを導くところがポイントです。

上司の質問は「今やってみてどうだった?」

「何ができて何ができなかったかな?」

「次は何を改善しようか?」

「私がやった見本と今君がやったことは何が違ったかな?」

これが効果的話し合いの質問です。OJTとは部下自らが考えて頭の中を回転させることです。

このポイントがOJT同行の行動に落とし込まれると部下のやる気がアップし業績向上に結びつくのです。

今日から実践してください。

詳しくは書籍「リーダー3年目からの教科書」に紹介していますのでよければご覧ください。





小森コンサルティングオフィス at 14:51コメント(0)トラックバック(0)人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月28日

「スベらない商談力」先週の紀伊国屋書店梅田本店の週間ビジネス書籍ランキング第3位です。

「スベらない商談力」紀伊国屋書店梅田本店の週間ビジネス書籍ランキング第3位です。

image


先週の11月21日〜27日の売れ行きランキングです。

単行本カテゴリーでは10位です。

継続して多くの若き営業に読んでいただけることに感謝です。

信頼関係構築のポイントは、相手の心の窓を開くこと。そしてその開かれた心の窓の状態をできるだけ長期間維持すること。

これが原則です。本書にはその具体的実践方法を紹介しています。

講演、企業研修のテキスト書籍としても継続して活用していきたいと思います。

紀伊国屋書店梅田本店のHP
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/

小森コンサルティングオフィス at 18:26コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月26日

鳥取は鹿野温泉の旅館「夢彦」に宿泊しました。おすすめの旅館です。

鳥取は鹿野温泉の旅館「夢彦」に泊まりました。

image


仕事の疲れを癒そうと気軽な男1人温泉旅です。

全10室すべてに露天風呂がついておりリラックスできました。

image


夜は松葉がにを堪能し健康的に癒されました。

image


鳥取は鹿野温泉の旅館夢彦、おすすめです。

image


夢彦のHP
http://www.yumehiko.co.jp/

小森コンサルティングオフィス at 12:20コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月25日

「トップセールスの段取り仕事術」セミナーを鳥取市雇用促進協議会主催で開催しました。今年で4年連続開催です。

「トップセールスの段取り仕事術」セミナーを鳥取市雇用促進協議会主催で開催しました。

image


本日は25名の企業の営業の方に申込いただき参加型研修で盛況に実施できました。

image


鳥取市雇用促進協議会主催のセミナーは、平成23年度から4年連続で開催させていただいてます。

前回の「スベらない商談力」セミナーのフォローアップで得意先との信頼関係構築の実践例発表と「トップセールスの段取り仕事術」セミナーの両方を1日で実施しました。

ワークショップとロールプレイを多く取り入れ実践的に信頼関係構築のスキルを学んでもらいました。

信頼関係構築のポイントは、相手の心の窓を開くことにあります。

テキスト書籍「スベらない商談力」「トップセールスの段取り仕事術」の2冊を活用し復習教材としても書籍を使ってもらいます。

来年度も継続して本セミナーを開催予定です。

鳥取県の営業の方はどうぞ来年度にご参加ください。

鳥取市雇用促進協議会の案内HP
http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1311568615712/

ボート競技は海ではできない。海の森水上競技場は利権ファーストである。都民ファーストに変革を起こそう!

東京都民の皆さんへ

迷走を続けた五輪ボート競技場問題が海の森競技場に落ち着きそうである。

image

写真は先日、戸田オリンピックコースで開催されたボート全日本選手権である。

3つの競技場合計で400億円ものコスト削減になったという。これは都民ファーストの小池百合子都知事と上山信一教授率いる都政改革委員会のリーダーシップの成果である。

小池百合子都知事と上山信一教授には都民の1人として感謝したい。利権ファーストの東京都議会、東京都庁、五輪組織委員会に一石を投じていただいた意味は大きい。

成功のポイントは3つあると思う。

400億円の都民の税金の無駄使いが回避されたこと。

東京都議会、東京都庁、五輪組織委員会がいかに利権ファーストであるかが明るみに出たこと。

E毀閏らが都政に参加しなければならないという意識が芽生えたこと。

小池百合子政経塾「希望の塾」は5万円にも関わらず5000人が応募して2900人が通っていることからもわかる。

私も小池百合子政経塾に通っているが、たいへん勉強になる。

私も東京都民でありながら都政のことを今まで何も理解してなかった自分を反省しているものである。

そもそも今回の小池百合子都知事と上山信一教授の都政改革委員会の提案は、東京都議会がしなければならない。

東京都の税金の使い方に無駄がないか?指導、アドバイスするのが都議会の役割である。

ところが都議会自身が利権ファーストで癒着しているため都政改革委員会を立ち上げなければならないのである。

無駄使いのおかしな予算(そもそも海ではできないボート競技場を海にもってきた時点でまちがっているが)を都議会がチェックイせず承認していることがおかしい。

しかし都民にも責任はある。今のような利権ファーストの都議会議員を選挙で選んでいるのは我々都民である。

自身が役員の企業を五輪競技場入札で高値落札させていたり、都民の税金を銀座の高級クラブで使う自民党都議は来年夏の選挙で落とさなければならない。

都民ファーストの良心をもった候補者を都議会に立候補させ正しい議会運営をさせるのは、都民の責任である。

とにかく都民ファーストの素晴らしい仕事をしてくれた小池百合子都知事と上山信一教授率いる都政改革委員会に拍手を送りたい。





小森コンサルティングオフィス at 05:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月22日

本日は同志社東京校友会「特別協力会員の集い」に参加しました。新島襄生誕の地の学士会館で開催されました。

本日は同志社東京校友会「特別協力会員の集い」に参加しました。

新島襄生誕の地である学士会館の会議室に約70名の校友が集まりました。

開会挨拶は東京校友会の児玉正之会長です。
image

児玉会長のポイントは、校友会の目的はヽ慇犬留臀、校友同士の交流、E豕の同志社のプラゼンスのアップである。

その後、同志社大学の松岡敬学長のスピーチがありました。松岡学長のポイントは、オール同志社で学生、教員、校友が協力して同志社を盛り上げていきたい。校友は30万人、学生は2万人、教員は1000人の人数である。2025のVision に向かって同志社の良心教育を継続して啓蒙していく。

「関関同立」ではなく、「同志社、早稲田、慶應」と言われることを目標にする。

続いて株式会社テクノスジャパン CEO 城谷直彦様の特別講演がありました。

そして立食形式な交流会は交流会副会長の中村友一様の乾杯で始まりました。

image


歓談、会員全員の1分間スピーチの後、全員で1つの輪になり同志社カレッジソング、同志社チアーを副会長の金屋憲二郎氏のリードで合唱してお開きになりました。

司会は東京校友会常任理事の安永昌代さんでした。

私は昨年に続き2回目の参加ですが、多くの先輩、後輩とも名刺交換させていただき、いろいろ勉強になりました。

来年以降も積極的に参加をさせていただきます。

株式会社テクノスジャパンのHP
http://www.tecnos.co.jp/

学士会館のHP
http://www.gakushikaikan.co.jp/

同志社東京校友会のHP
http://www.doshisha-tokyo-alumni.jp/

小森コンサルティングオフィス at 23:36コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書籍ランキング第5位です。

「スベらない商談力」(かんき出版)先週の文教堂書店浜松町本店の週間ビジネス書籍ランキング第5位です。

image


11月13日〜19日の売れ行き実績

「トップセールスの段取り仕事術」(PHPビジネス新書)も第8位にランクインしています。

文教堂書店浜松町本店のビジネス書ランキング
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-04.htm

企業の営業研修のテキスト書籍として継続して活用いただいていることに感謝です。

文教堂書店浜松町本店では、継続して3冊(リーダー3年目からの教科書を含む)をディスプレイしてもらってます。

image


また今回の「スベらない商談力」は、総合ランキングでも14位にランクインしています。

image


今後も多くの営業のテキスト書籍として企業の営業力強化に貢献できれば幸いです。





小森コンサルティングオフィス at 17:08コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

企業研修でいつも「挨拶の重要性」をお話しします。

対象は「家族」「社内」「得意先」すべてです。

よく「得意先はしっかりと挨拶しますが、社内はあまりしませんね。家族も挨拶してません。」という方がいます。

「親しき仲にも礼儀あり」といいます。家族からしっかりと挨拶をしましょう。

正直誠実な態度が信頼関係構築に最も重要ですが、「すべての方に笑顔で挨拶する」ことが大事です。

「家族」「社内」「得意先」すべての方に今日から笑顔で気持ち良く挨拶しましょう。

image


何故なら第一印象の挨拶でその人との会話の印象が決まってしまいます。

また挨拶は自分自身のためにするのです。笑顔で大きな声で挨拶するともちろん相手が気持ち良いのですが、自分自身が気持ちよくなるのです。

「よし今から頑張って仕事するぞ。」

「今日も1日楽しい日になるぞ。」

と気合が入ります。挨拶は相手も気持ち良くなるし自分自身にプラスの効果があるのです。

信頼関係構築のポイントは挨拶から、第一印象の挨拶を笑顔で礼儀正しくしましょう。

今日から実践してください。





2016年11月21日

残業40%削減成功例の紹介(投資育成ビジネススクール研修より)

「チームを動かすための管理職塾 第5期」 研修の実践例発表の1つを紹介する。

「残業40%削減成功例」

無駄な残業を減らすことはすべての会社にとっての課題である。

では残業削減の成功のポイントとは何であろうか?

残業削減の重要ポイントは、

まず初めに
「Need to have (今日必要な仕事)とNice to have (今日やらなくてもよい仕事)」 を分けることである。

今日やろうとしている仕事を紙に書き出し、必ず今日やらなければならない仕事と、明日以降でもよい仕事に分けること。そして必ず今日やらなければならない仕事に集中する。明日以降でもよい仕事は今日はやらないこと。

image


チームの残業内容を分析すると明日でもよい仕事を残業して一生懸命していることがある。

次に「残業50%削減の具体的目標を設定して部下に伝えること」

具測達一の原則(具体的、測定可能、達成可能、一貫性)に基づき、リーダーとしてチームの残業時間を何%削減するのかの明確な目標をメンバーに伝えることが重要である。

「残業を削減しなさい」ではいつまでたっても何も変わらない。「50%の残業を削減しなさい」と具体的数値目標をメンバーに与えることが重要である。

「残業50%削減の成功の3つのポイント」

1.止めることを明確化

今までメンバーがやっていた仕事で止めることを具体的に指示する。

2.協力体制

チームの1人がオーバーワークで残業になることが分かった時点で仕事の割り振りをチームで分ける。

3.上司の正確なアドバイス

部下からの質問は、上司が質問の意図を深く確認してその原因を理解すること。 そして今後も部下がその質問をしないでいいようにアドバイスする。

以上今日から実践してほしい。

大阪中小企業投資育成株式会社
http://www.sbic-wj.co.jp/

2016年11月19日

営業でアピールする3つのポイントは「商品」「会社」「営業」である。「トップセールスの段取り仕事術」より

営業でアピールする3つのポイントは「商品」「会社」「営業」である。「トップセールスの段取り仕事術」より

営業の皆さんへ

皆さんは日々得意先と商談していますね。さて得意先との商談内容はどのようなものでしょう?

軽い雑談の後に商品の説明に多くの時間をかけているのではないでしょうか?

もちろん商品説明は大事です。しかしそれに偏り過ぎてはいけないのです。

商談のポイントは3つです。「商品」「会社」「営業」です。このバランスが大事なのです。

会社の紹介。営業は自分自身の自己紹介、自己アピールをしっかりとしましょう。

「トップセールス」は商品の紹介をしたことがない。という人がいますが、それは個人の信頼関係が強いからです。
image

得意先が担当営業個人にほれ込み、「あなたの紹介する商品なら買いましょう」と言ってくれるのです。

しかし通常は商品説明をしないわけにはいきません。

「商品」「会社」「営業」この3つのバランスが大事なのです。

そしてこの3つの説明に説得力を持たせることが大事ですが、そのポイントは「営業自身がこの3つについて深く知る」ことです。

あなたは自社商品について深い知識を持っていますか?

あなたは自分の会社に着いて詳細を知っていますか?

あなたは自分自身の自己紹介をしっかりとできますか?

この3つを深く知ることが重要です。

営業でアピールするのは「商品」「会社」「営業」の3つである。

今日から実践してください。





2016年11月18日

「言葉はそれを発する人に最も強く作用する。最後のかっこいいキメゼリフを相手にあげよう」〜スベらない商談力より

「言葉はそれを発する人に最も強く作用する。最後のかっこいいキメゼリフを相手にあげよう」〜スベらない商談力より

image


営業リーダーの皆さんへ

皆さんは日々得意先と商談されていることでしょう。

皆さんは「営業の仕事とは商品紹介をすることだ。」と思われていませんか?

もちろん商品の紹介は重要です。それ以上に重要なことは得意先との信頼関係です。

信頼関係を構築する1つのポイントは、得意先の話をしっかりと聞くこと。

コミュニケーションの原則に「言葉はそれを発する人に最も強く作用する」というのがあります。

すなわち営業が「この商品はいいですよ。100ケースほど発注をお願いします」と言うのではなく、

得意先から「この商品は売れそうだね。100ケース入れといてくれる」と言ってもらうほうがよいのです。

何故なら「人は自分がしゃべりたい動物だからです」。相手の話を聞くのはつらく、自分がしゃべるのは楽しいからです。

書籍「スベらない商談力」で紹介している6つの話法(誘導、沈黙、繰り返し、心地よい質問、立ち入った質問、解釈)を使って得意先にたくさんキーワードを話してもらってください。

特に最後のかっこいいキメゼリフは得意先に言ってもらうようにしましょう。

その方が得意先に責任感が生まれビジネスの取り組みがうまくいくのです。

「言葉はそれを発する人に最も強く作用する。最後のかっこいいキメゼリフを相手にあげよう」〜スベらない商談力より

今日から実践してください。






2016年11月17日

組織力強化の1つのポイントは「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」〜リーダー3年目からの教科書より〜

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は組織力強化の1つのポイントである「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」の重要性について紹介する。

マネジメントの重要ポイントは「チームの役割分担の明確化」である。

そして明確化された個々の役割を全員で共有化するのである。

image


例えば「チームの6名は仕事内容は、セパレートで関連性はない。しかしあえてコミュニケーションをとり雑談をすることで、アドバイスできるようになり仕事の効率がアップした。」という実例が私のクライアント企業である。

つまりチームの誰がどんな仕事をしているかのコミュニケーションは重要である。ということである。

チームメンバーは、セパレートの仕事であってもお互いが励まし合い、アドバイスし、楽しい雑談で気分転換をするチームのほうが仕事の効率がアップするのである。

チームメンバー全員が周りのメンバーを気にかけており、助け合っているという感情がチームワークにとって必要である。

「チームメンバーの役割を全員で共有化し雑談を奨励すること」今日から実践してほしい。





2016年11月15日

得意先との信頼関係構築のポイント、メールの後には電話をすること!

営業の皆さんへ

皆さんの仕事で最も重要なことは担当得意先との信頼関係を構築することだと思います。

今日は得意先と良好なコミュニケーションを継続し信頼関係を構築する1つのポイントを紹介します。

簡単なポイントです。

それは「得意先にメールをした後に確認の電話を得意先にすること」です。

皆さんは日々得意先にメールをしていることでしょう。

確認の電話をする理由は3つあります。

‘整媽茲メールを見てない可能性がある

「メールを先ほど送付しましたが見ていただきましたか?」と電話することで得意先がメールを見ずに終わることを避けられる。

▲瓠璽襪瞭睛討鮠椶靴説明できる。

メールの文章だけでは、内容が理解しにくいことがある。それを電話確認することで得意先が「メールを見たけどこれは〇〇が△△になるという理解でいいのかな?〜〜の場合はどうなるの?」等の詳細の質問ができる。そのことで得意先がメールの内容を深く理解してくれる。

コンタクト回数が増える

得意先との信頼関係構築のポイントの1つはコンタクト回数である(スベらない商談力より)
訪問回数、電話の回数を増やすことが信頼関係構築につながる

電話で「メール見てもらえましたか?」と聞くことは電話のコンタクト回数アップにつながり、得意先から「親切な営業だな。わざわざ電話で確認してくれる」と正直、誠実な営業だと思っていただくメリットがある。

以上3つのポイントが、「得意先にメールした後、確認の電話をする」メリットである。

今日から実施してほしい。


「キリンビール高知支店の奇跡」〜勝利の法則は現場で拾え!田村潤(元キリンビール副社長)著、オススメ書籍の紹介



「キリンビール高知支店の奇跡」〜勝利の法則は現場で拾え!
田村潤(元キリンビール株式会社副社長)著 講談社+α新書  を読んでいる。

たいへん面白い。スーパードライから首位奪回せよ!
本書は地方のダメ支店発の大逆転劇を紹介した実話である。

著者の田村氏が高知支店長に赴任された時からどのようにNo1支店になったかのポイントをわかりやすく紹介している。

営業職にはたいへん勉強になる書籍である。

私がチェックしたポイントは、

 峺従譴頬楴舛ある」「人間の能力は無限大である」

¬槁舷瑤鮹成していないのなら家に帰るな

「結果のコミュニケーション」とは、コンサルのアドバイスをもらいながら導入した手法で、メンバーが自発的な目標を定め、リーダーとの間で約束(コミットメント)したら、その合意の結果をしっかり検証する

ぁ屮薀ーの味を元にもどしてください」と社長に直談判する。

ゥ蝓璽澄爾龍化
マネジメントの本質はリーダーが正しい判断ができて、正しい指示を出して、指示が言いっぱなしになっていないかを現場で把握すること

Ε蝓璽澄爾裡海弔離櫂ぅ鵐箸蓮↓\気靴し萃蠅魏爾擦襦↓現場を熟知している、3亳腓叛嫻ご兇鮖っている

Ъ分の成績のためとかではなく、高知の方に美味しいキリンビールを飲んでいただき喜んでいただくこと、このことに集中することで目に見えない力の後押しを受けたのではないかと思っている

┣餤弔鮖澆瓩童従譴暴个

以上 実践論でたいへん勉強になる内容である。

「キリンビール高知支店の奇跡」〜勝利の法則は現場で拾え!
田村潤(元キリンビール株式会社副社長)著 多くの営業に読んでいただきたいオススメの書籍である。










小森コンサルティングオフィス at 19:44コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月14日

「立候補前に確認するべき十項目」とは?選挙プランナー松田馨氏の講演。小池百合子政経塾にて

小池百合子政経塾「希望の塾」第二回講演会にて選挙プランナーの松田馨氏が「立候補前に確認するべき十項目」を講演いただいた。以下に1部を紹介する

「立候補前に確認するべき十項目」

,覆捨候補するのか

有権者が最も知りたいのは、あなたがなぜ政治家を志したのかという動機である。

⊆存修靴燭だ策、政治は何か

選挙に当選したあと、政治家として何を実現したいのか、具体的な政策や目指すべき地域や国家のイメージをまとめること。「政策」とよべるものがなかっても「解決したい課題」でもOK。

2搬欧寮眛世牢偉擦靴討い襪

肉体的にも精神的にも大きな負荷がかかるので、家族のサポートは重要である

し鮃面や体力の不安、スキャンダルの可能性はないか

選挙は過酷な戦いである。当選した後も健康問題はすぐ進退問題になる。女性やお金のスキャンダルの可能性もリスクになる

イ海譴泙任侶侘鬚砲いてアピールできる点はあるか

有権者にわかりやすく伝えるには、これまでの人生、学生時代、就職してからの経験、地域活動、団体活動を思い出して書くこと

Δい弔ら選挙に全力投球できるか、休みなく選挙に注力できるか

投開票日は決まっているので、どれだけ活動できる日数があるかは重要である

Р搬屋奮阿覇鷽融圧咾念貊錣冒挙で戦ってくれる人はいるか

選挙を1人で戦い抜くことはできない。選挙の経験のない方でもいいので、フルタイムで選挙が終わるまでずっと手伝ってくれる人を最低1人確保すること

選挙区内に人脈はどの程度あるか

選挙区の出身かどうか、どれくらい長く住んでいたか、親類関係、同窓生はいるか、仕事の付き合いなどの人脈はどの程度あるか

応援してくれる組織、団体はあるか

地元地区の推薦、政党推薦、団体推薦について内定を受けられるか、また無い場合は積極的に取りに行く意思があるか

選挙を戦うための最低限度の資金はあるか

供託金含めて、事務所の家賃や印刷費、人件費などの費用はどれくらい用意できるか、

以上が松田馨氏の10項目である。

選挙は 崔枠廖柄反ァ法廖↓◆峇波帖淵屮薀鵐鼻法廖↓「鞄(お金)」の3つが重要とも言われている。

「選挙しながら組織し、組織しながら選挙する」

熱伝導で周りを巻き込みながら活動するパワーも必要である。

日本には政治の話はタブーという雰囲気があるが変えていかないといけない。アメリカは家族で堂々と選挙の話をする。

日本の選挙の3つの特徴は

\治家のプレゼンスが低い(政治家は信用されていない)

⇒権者の厳しい目がある(政治家ということで清廉潔白が要求される)

社会的援助が少ない(アメリカは寄付の文化でお金が集まるが日本は自分で用意しないといけない)

よって日本では新人が選挙で勝ち抜くことが難しい

以上が選挙プランナー松田馨氏の講演のポイントであるがたいへん勉強になる。

以上、選挙を目指す人は参考にしてほしい。

小池百合子政経塾「希望の塾」
https://koikejyuku.tokyo/

選挙プランナー松田馨氏の会社
http://www.dialogue.bz/outline/

小森コンサルティングオフィス at 17:53コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月13日

昨日11月12日、母校の同志社大学工学部高分子化学研究室の同窓会、総会に参加しました。

昨日11月12日、母校の同志社大学工学部高分子化学研究室の同窓会、総会に参加しました。

image


会場は昨年同様、四条大橋隣りの東華菜館の最上階でたいへん見晴らしのよい部屋でした。

毎年参加していますが、今年は31名の同窓生、教授、学部生が参加しました。

会長の挨拶の後に乾杯で食事会になり、同窓生の先輩から近況報告と学部生への一言スピーチ、教授の東先生、古賀先生の挨拶から若い大学院生、学部生も話をしてもらいました。

楽しく、賑やかな雰囲気で懇親会が終わり、総会の会計報告の後には恒例のカレッジソング、同志社チアーを全員で1つの輪になって大合唱。

早いもので今年の同窓会も無事終了しました。

毎年参加していますが、この会に参加しないと1年が終わらないような気持ちになっています。

懐かしの学生時代の先輩後輩と懇親できるのはいいものですね。

同志社大学高分子化学研究室のHP
http://se.doshisha.ac.jp/doc/education/gakka/kinoubunsi/labo/koubunshikagaku.html

小森コンサルティングオフィス at 16:28コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2016年11月12日

都政改革本部特別顧問の上山信一特別顧問(慶應義塾大学教授)の講演サマリーです。小池百合子政経塾「希望の塾」

第二回小池百合子政経塾「希望の塾」

都政改革本部特別顧問の上山信一特別顧問(慶應義塾大学教授)の講演がありました。

以下ポイントをまとめます。

.リンピック会場問題

オリンピックの経費が3兆円を越えるというとんでもない数字が出てきた。

内容を分析し適正化する作業を進めている。IOC も予算はしっかり管理しないといけないとの方向性で理解をしてくれている。今IOC と深夜のメールのやりとりをしながら進めている。11月末にはなんとか削減した適正な数字を出す予定である。

この原因の1つは日本のインフラ中心の経済発展の歴史がある。今までの日本は公共投資でバンバンとビル、施設を作り雇用を増やしてきた。その結果使われない無駄な施設が多く残ってしまっている。

取り敢えずハコものを作って雇用を増やせばよいという考えが時代遅れである。

橋下徹元大阪市長と大阪の二重行政の改革を推進

大阪は大阪市と大阪府の二重行政で長年大阪府民の税金のムダ使いが継続してきた。なんとかしないといけないとのことで橋下徹氏が改革してくれた。

例えば大阪市バスは赤字であった。
理由は高い給与。なんと民間バス会社より4割も高い給与を払っていた。この給与を2割削減した。

そして赤字路線の廃止。例えば新大阪駅から大阪駅のバスが運航していた。30人乗りで4人しか乗らない。このバスが赤字で継続して運航していたのである。

民間企業では考えられない杜撰なことが長年行われていた。このような赤字路線を廃止するとすぐに黒字になった。

東京は大阪に比べてこのような改革が殆ど進んでいない。あたりまえの改革を行うことで大きく無駄使いは解消されていく。猪瀬都知事が都営地下鉄とメトロの改革を進めようとしたが潰されてしまった。

E豕には余剰の公共資産が多くある。

東京都の公営住宅、ゴミ処理場、学校等であるが、役所にまかせていると一等地の施設がいつまでもほったらかしになる。ここに保育所、老人ホーム等を作ればよい。

そのためには民間企業にまかせるのがよい。水道、地下鉄等もできるだけ民間企業にまかせたほうが効率がよくなる。

住民1人あたりの公営資産は東京はニューヨークよりも高い。
この貴重な資産がほったらかしになっている。ここの有効活用をしていかなければならない。

以上たいへん勉強になる内容でした。

我々都民全員がいかに東京の改革が遅れているか、東京には素晴らしい資産が多くあるのかを知ることが重要であると感じました。

以上睡眠時間を削ってIOC とオリンピック会場問題に取り組んでいただいている上山信一特別顧問に拍手を送りたい。

image



小森コンサルティングオフィス at 14:19コメント(0)トラックバック(0)会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ