2017年03月

2017年03月09日

中小企業庁の支援ポータルサイト 「ミラサポコラム」で小森康充の「決断力の秘訣」がミラサポ コラムセレクションに選ばれました。

中小企業庁の支援ポータルサイト
「ミラサポコラム」で、小森康充のコラム「決断力の秘訣」のアクセスが高く、ミラサポ
コラムセレクションに選ばれました。

本日、ミラサポメルマガで8万人強に紹介誘導文が配信されました。

多くのビジネスリーダーに読んでいただいていることに感謝です。

どうぞご覧ください。

「ミラサポコラム 決断力の秘訣」
https://www.mirasapo.jp/features/column/business/04.html




小森コンサルティングオフィス at 22:00コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル会社、団体紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月06日

「トップセールスの段取り仕事術」(PHP ビジネス新書)先週の文教堂書店浜松町本店の教養新書ランキング第3位です。

「トップセールスの段取り仕事術」(PHP ビジネス新書)先週の文教堂書店浜松町本店の教養新書ランキング第3位です。

image


総合ランキングは19位です。

image


継続して企業営業研修のテキストとして活用いただいてます。

トップセールス達成の秘訣は事前の段取りにあり。本書の内容は、目標設定の重要性、目標以上の成果をあげるポイント、効果的訪問計画、タイムマネジメント、新規開拓成功例等です。

営業職の皆さんが参考になる実践スキルが紹介されています。

皆さんが本書内容を実践されトップセールスを達成されることを期待しています。

文教堂書店浜松町本店 教養新書ランキング
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007-004-05.htm

小森コンサルティングオフィス at 17:47コメント(0)トラックバック(0)トップセールスの段取り仕事術本の紹介  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月05日

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中) 〜論理的、実践的で今日から使える成功のテクニック〜

一般参加可能な営業研修を東京で開催します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
売上を最大化する「最強の営業手法」とは?

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

研修日時:2017年04月25日(火) 10:00〜 17:00

概要*近年のお客様は、法人・個人を問わず製品知識や購買経験が豊富で、常に多忙を極めています。このため、自分の役に立ちそうもない営業担当者と会うことはありません。
これからの営業活動は、お客様の意思決定のプロセスをしっかり理解し、論理と心に訴える商談を展開していかないと成果は得られません。
本セミナーでは、お客様の購買決定のメカニズムを心の扉で表現し、各段階にあった適切な商談の進め方を学んで頂きます。
新任〜中堅の営業担当の方の積極的なご参加をお待ちしております。

※配布書籍:『スベらない商談力』(かんき出版)
image


研修のメリット
◎顧客と信頼関係を築くための、営業の心構えと商談の進め方が理解できる
◎顧客の本当のニーズ・ウォンツを引き出すコミュニケーションスキルが身につく
◎クロージングに強くなり成約率がアップする

プログラム
1.はじめに
  1)商談は、お客様の心の窓を開くことから始まる
  2)心の窓が閉じているときに商品をアピールしても、商談はスベるだけ
  3)お客様と信頼関係を深め、心の窓を全開にする

2.購買の大原則
  1)お客様は、なぜその商品を買うのか?
  2)お客様は営業が売りたいモノを買うのではない

3.お客様と信頼関係を築くには
  1)正直で誠実な態度で接する
    ●あいさつをしっかりする
    ●約束を守る
    ●公平に接する
    ●感謝の気持ちを持つ
  2)お客様の話をしっかり聴く
    ●お客様より自分の方が話していないか?
    ●人は、自分の話をよく聴いてくれた人に心の窓を開く
    ●心の窓が大きく開いているときこそ、商品を売り込む絶好のタイミング!
  3)コンタクト回数の法則 
    ●会う回数をとにかく増やす 
    ●会話の回数を増やし、心の窓を少しずつ開いていく
  4)買ってくれないお客様は将来の宝物
    ●今、買ってくれないお客様は、将来のお客様候補
    ●お客様を宝物と思えれば、将来の結果は見事に違ってくる

4.お客様の“本音”を引き出す 6つのテクニック 
  1)「この商品売ってよ」とお客様に言わせる 〜「リスニング」のテクニック〜
  2)話をどんどん引き出す 〜「誘導」のテクニック〜
  3)目は口ほどにモノを言う 〜「アイコンタクト」のテクニック〜
  4)沈黙は金 〜「ポーズ(沈黙)」のテクニック〜
  5)相手の話をもっと深める 〜「ミラー」のテクニック〜
  6)他にないですか? 〜「話題変換」のテクニック〜

5.お客様の“買った!”を引き出す 5つのステップ
  1)お客様のニーズ(条件)を確認する
  2)アイデアを提案する
  3)アイデアを具体的に説明する 
  4)利点を強調する
  5)お客様の同意を得る

6.お客様の“イエス”を引き出す クロージングの決めゼリフ
  1)ストレートに注文を聞く
  2)二者択一してもらう
  3)相手に答えてもらう
  4)次の行動を述べる
  5)沈黙する

7.おわりに
  できる営業は、目標も高く、成功を信じる力も高い
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
研修はロールプレイを多く取り入れ参加型、実践的に行います。
初めての方もお気軽に参加ください。

「営業の基本 顧客と信頼関係を築く商談の進め方」研修を開催!(参加者募集中)
〜論理的・実践的で今日から使える成功のテクニック〜
詳細、申し込みページ(SMBCコンサルティング東京主催)
https://goo.gl/F6FwRw

当日会場でお会いできるのを楽しみにしています。





小森コンサルティングオフィス at 21:49コメント(0)トラックバック(0)スベらない商談力セミナー東京  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月04日

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、オススメ書籍の紹介です。

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、オススメ書籍の紹介です。

本書は社内研修講師をする人を対象に「受講者の行動」が変革する研修のスキルを紹介したものですが、
研修講師、コンサルタント、営業パーソンにも参考になる内容です。

KIMG1465


著者は研修講師歴15年の濱野康二三氏、藤本剛士氏、窪田晃和氏の3人で、15年間で1000社、10万人以上に実施してきたプロ講師です。

私が参考になったポイントは

仝修成功の3つのステップ
GRIP→LEAD→ACTとは?
研修の冒頭で受講者の警戒心を解き、参画意欲を高めるのがGRIPというプロセス、その後受講者の興味や集中力を維持するLEADというプロセスに進み、研修内容を現場での実践にすすめるACTというプロセスに進む。

具体的な10のテクニック
1)警戒心を解くあいさつの全体像の伝え方
2)参加意欲を高める研修への巻き込み方
3)運営の工夫で受講者を主人公にする
4)惑わせないでリードし続ける
5)集中を妨げないでリードし続ける
6)理解を深めるレクチャーの組み立て方
7)右脳に効く、イメージの伝え方
8)頭をスッキリ、学習ポイントの整理の仕方
9)記憶を定着させるティーチ&ラーン
10)実践への1歩を踏み出させる方法

受講者の居眠りを防げるポイント
60分〜90分で休憩を入れる、受講者に何かをさせる、ワークショップをする

ざ饌療事例を盛り込む

ゼ講者の行動変革を促すポイント
1)共通目標を持つ
2)相手を理解する
3)首尾一貫で臨む
4)言動一致で臨む

「社内講師力トレーニング」(生産性出版)、多くの講師に方に読んでいただいたいオススメ書籍です。






小森コンサルティングオフィス at 13:12コメント(0)トラックバック(0)本の紹介人を育てるには  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月03日

「他では聞けない就職活動の極意セミナー」元P&Gの面接官がアドバイスするリクルート成功のポイントとは

「他では聞けない就職活動の極意セミナー」

リクルート活動中の学生さんへ

リクルート面接のポイントについて元P&Gの面接官の立場からアドバイスします。

以下のセミナー動画をご覧ください。

「他では聞けない就職活動の極意セミナー」
https://youtu.be/6r3T-4P71fY

「他では聞けない就職活動の極意セミナー」
https://youtu.be/djuU70bYycg

「他では聞けない就職活動の極意セミナー」
https://youtu.be/6_Tx0QZQaM4

今日から実践してください。

小森コンサルティングオフィス at 22:43コメント(0)トラックバック(0)リクルーティングP&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

リクルート活動中の学生さんへ、スベらない面接力(youtube での模擬面接)とは

リクルート活動中の学生さんへ

面接の自己アピールにはポイントがあります。

私は古巣のP&G時代にリクルートの面接官をしてましたので、その時の経験からリクルート面接のポイントを紹介します。

以下のyoutube をご覧ください。リクルート面接セミナーの録画です。

スベらない面接力(模擬面接voi1)
https://youtu.be/_PqALK7gJU8

スベらない面接力(模擬面接vol2)
https://youtu.be/GzjfdJAuc50

スベらない面接力(模擬面接vol3)
https://youtu.be/gNkE1slZ-BY

では、リクルート面接を楽しんでください。

小森コンサルティングオフィス at 22:29コメント(0)トラックバック(0)リクルーティングP&G  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は「原則に基づく意思決定の7つのプロセス」を紹介します。

これは皆さんがプロジェクトをリードし結果を出すために、このステップを実施するとスムーズにいくというものです。

この中に「イシュー」という言葉がでてきます。これは「課題」という意味ですが、
「このプロジェクトを成功させるための1番のポイントは何か?」
「最重要なものは何か?」という意味です。

古巣のP&Gではミーティングで「イシューは何か?」とよく聞かれました。これに答えるのが難しいのです。

プロジェクトの目的、関するデータ、等重要な要素を理解していないと「イシューは何か?」が答えられないのです。

もう1つ「原理原則」という言葉がでてきます。「どの原則に則って進めていくか?」ということですが、これがまた重要になります。

P&Gでは「Do The Right Thing!」(正しいことをしろ!)、「Consumer is Boss!」(消費者がボス)という原則がありました。

すべてのディスカッションは、この原則に基づいて進められます。

では以下ご覧ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
原則に基づく意思決定の7つのプロセス

1) 現状を明確にする
事実は何か?  イシューは何か?
誰が情報を持っているか?  チームのニーズは何か?

2) 関係者(キーマン)を明確にする
誰が関係者で彼らのインプットは何か?
関係者の決定に影響力のあるのは誰か?
決定に関与させる必要のある人は誰か?

3) 基本原則を明確にする
コアバリュー、原則は何か?
会社の方向性は何か?
ルール、倫理規定は何か?
適用するポリシーは何か?

4) 可能なソリューション提案を考える
ガイドラインの原則を再度チェックする
ソリューション提案を3つ作成する
適用できる専門的なリソースを付け加える

5) 決断する
ガイドラインの原則にあてはまるか評価する
3つの選択肢を評価し、その中から1つを選定する

6)ベストなソリューションを実行する
  実施計画を作成する
  手続き上のガイドラインを明確にする
  関係者とコアバリューとの関連性を確認する

7)フォローアップ
  その決定は我々の望ましい結果を達成するか?
  我々は何を学んだか?  
その学びから次は何が提供されるか?          

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 05:00コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年03月02日

「部下との信頼関係構築の8つのポイント」ビジネスリーダーの皆さんへ

ビジネスリーダーの皆さんへ

今日は部下との信頼関係構築の8つのポイントを紹介します。

これは古巣のP&G時代に学んだものですが、見るとすべて基本的なことですが、
「あなたはすべての部下にできていますか?」と質問されるとできてない部分もあるのではないでしょうか?

これが重要なポイントです。

人材育成は、|里辰討い襤意識すればできる→K萋できている

この3ステップです。の毎日すべての部下にできている。このレベルまで行動していただきたいと思います。

では以下ご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

部下との信頼関係構築の8ポイント

1) 部下個人のことをよく知る

チームへのメンバーの積極的参加と部下同士のコミュニケーションを奨励する
すべての個人同士の信頼関係が構築できれば、チームビルディングが強化される

2) 言動に一貫性を持つ

一貫性のない言動では、部下を驚かせない
方針を変更する場合は正直に変更の理由を理論的に部下に説明する

3) できるだけ部下を信用する

部下から良い評判を得ようとしないよう努める。部下からの評価を受け入れる

4) 他の部下の前でコーチングをしない

プライベートなワンオンワンのコーチングはたいへん価値あるものとなる

5) 部下の役割と期待値を具体的に伝える

明確な役割がなければ、ほとんどの部下の行動は信用なきものに見えるものである

6) 常にオープンで誠実である

上司が部下に自信ある態度を取ることが部下との信頼関係構築につながる

7) ビジネスの状況が良くない時でも上司はチームに忠実である

会議の発言と個人的な会話でも一貫性のある言動を取る

8) 上司は部下がヘルプを求めてきたら、すぐに話を聞いて行動を起こすこと

小さなヘルプを怠るとすぐに大きな問題になることが予想される
すぐに行動しなければ上司は信用をなくすであろう
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上です。今日から実践してください。



小森コンサルティングオフィス at 12:13コメント(0)トラックバック(0)信頼関係を構築する4つのポイント  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ