2008年02月09日

これを伝えたいんだ! 4

国際経営コンサルタントJCIの浜口社長主催、の交流勉強家に行ってきた。

講師は、(株)かんき出版の 境 健一郎 社長 である。

境 社長は、過去数多くのヒット作品(本等)を世に出す、有名な社長である。

題名は、「ヒット本の作り方」であった。

どんな内容があれば、ヒット品をたくさん世に出せるのであろうか?

たくさんのポイントを教わった。

その中の一つに「生き様」という話をされた。

「本の内容」と著者の「生き様」これがリンクしていることが重要である。

「わたしは、このように生きてきました。」

よって今日は「これが言いたい。」またはこの本で「これが伝えたい。」

というものが必要である。

「これだけは言わせてくれ。」 「熱く語りたい。」 「ここがポイントだ。」

これが大事である。 多くの人に読んでもらいたい。とか 印税でお金をもうけたい。とか有名作家になりたい。 これもあるだろう。

しかし 第一はそうではなく、「何かを伝えたい」その「何か」が重要である。

この話は、日ごろのコミュニケーションすべてに当てはまる。

今日の一言

「これを人に伝えたいんだ。という何か、を持つことは重要である。」


小森コンサルティングオフィス at 01:41コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ