2008年02月21日

上司と部下での定期面談 4

会社において、上司と部下とで定期面談をされているであろうか?

「ビジネスレビュー」と呼ぶ面談を定期的、例えば年4回、3ケ月に1回実施することは、重要である。

基本的な面談方法は、
1)決算前に、上司と部下が面談を持ち、部下のこの1年間の目標、とその戦略を話し合い、決定する。

目標のポイントは、2つ。
1つ目は、売り上げ目標の達成。部下別。
2つ目は、組織力への貢献度合い。部下別。

1つ目は、売り上げ目標である。(営業マンの場合)
部下の営業マンの年間の売り上げ目標を、設定する。
またその目標を、営業マンの上位得意先別の目標にブレイクダウンする。
そしてその得意先で、年間目標を達成するために、上司と部下は、それぞれ何をするかを話し合い、決定する。

2つめは、チーム組織力への貢献度。
例えば新入社員のトレーニングを担当する。
コミュニケーション強化のため、課長が会議で発表した内容を同期の営業マンがしっかり理解できるようフォローアップする。
またモティベーションの落ちている同僚を見つける。
いっしょにコミュニケーションをははかり、ストレス解消してもらえれば最高である。

この2つを、年間目標に組み込み、そのレビュー(途中経過)を3ケ月に一度実施する。

また同時にその部下のトレーニングプランもアドバイスする。
部下のモティベーションアップ、スキルアップのために研修をする、という認識をマネジメントが新たにすることが、重要と判断する。

その目標と戦略、そしてその得意先でどこが、うまく行ってて、どこがうまく行ってないか?等の情報をしっかりと話し合うことが重要である。


小森コンサルティングオフィス at 02:29コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ