2008年02月24日

人を育てるには?(トレーニング編)

人を育てるには、「モティベーション」と「トレーニング」が重要であることを説明した。

今日は「トレーニング」の話をしよう。

「トレーニング」とは、何であろう。

3つある。 1)知識、 2)スキル(技術)、 3)ハビット(習慣化)

まずは、トレーニングとは、「知識」をまず教える。
その次に「スキル」(技術)、最終的には、そのスキルをいつでも使っている「ハビット」習慣化できるまでフォローアップする。ことが重要である。

その習った知識をスキルに落とし込み、習慣化するまでには、いくつかの重要なポイントがある。

継続性 トレーニングは、継続性が命である。 継続して同じ内容でも繰り返し覚えていくようにする。これが重要である。

またフォローアップのセミナーも、重要である。

セミナーに1回出席しただけではダメである。

そのセミナーで習った内容を、日々の仕事で活用する。そして実践例をメモする。

その実践例を第2回のセミナーで発表する。

そしてまたそのスキルを日々の仕事で活用する。

その繰り返しにより、スキルが、ハビットへ習慣化するのである。

今日の一言

「トレーニングとは、継続性が重要で、知識→スキル→ハビットである。」

小森コンサルティングオフィス at 21:58コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ