2008年02月26日

相手を説得する手法とは? 4

「効率的に相手を説得する営業のポイントはないですか?」

よくセミナーで質問が出ます。

「コミュニケーションスキル」を話し出すと5時間になりますので、簡単な3つのポイントを紹介しています。

その1つ目は、「FACT」(事実)を説明に入れると効果的である。

何かを営業するとき、これをお買い求めいただくと、こんなにメリットがありますよ、と どの営業マンでも説明するだろう。

そのメリットに対してお客様は、お金を出す。

まさに購買の大原則「人は、欲しいもの、好きなもの、必要なものを買う。」のであるが、本当にそれが実現しますよ。というメッセージが重要である。

それには、実際すばらしい結果が出たんです。という事実「FACT」を用意してごらんいただくのが効果的である。

なぜなら「FACT]事実、は否定できないからである。

それを使って、こんなに良い結果になった。 この事実は強い、説得力があるのである。

よって営業マンである皆さんは、何か自分のアイデア、商品を人に売り込むとき、単に「いいと思います。」ではなく、「実際やってみてこんなに良い結果が出ました。」というポイントが重要である。

今日の一言
「人を説得するには、FACT(事実)を例に出すのが、効果がある。」

2つ目は、明日のお楽しみに。

感謝!感謝!

小森コンサルティングオフィス at 16:13コメント(0)トラックバック(0)トレーニングスキル   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ