2008年03月12日

目標は、紙に書くこと! 5

「目標は、紙に書くことが重要である。」
それもあたかも達成したかのように。

正月より、目標設定の「具測達一」の原則を紹介した。
今日は、目標を紙に書くことの重要性についてお話しする。

目標は、具体的に設定しなければならない。
何故なら、結果は具体的に出るからである。
行動は、具体的だからである。

また目標を具体的に、紙に書いた瞬間、何かが回りだす。

頭の中の希望から具体的な、達成の可能性をひめたプランに変化して、この世に出るのである。

不思議な体験を1つ紹介する。
20代の営業マン時代、毎月会社の目標売上を達成していた。
私は、毎月の目標を結果管理シートに、すでに1ケ月後の成績が達成されたかのように、紙に書いていた。

そうすると、不思議と、結果達成するのである。

皆さんも実践してみてほしい。

今日の一言
「目標は、具体的に紙に書くことが、重要である。
何故なら、紙に書けば、達成するからである。」

小森コンサルティングオフィス at 23:48コメント(2)トラックバック(0)目標設定の重要性   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 洲見 幸雄   2008年03月13日 18:03
5 紙に書いた目標は実現します。 紙に書くことは、自分にコミットすることですから。 紙に書くとき、シンプルで行きましょう。
KISS、つまり、
Keep It Simple and Specific.ということです。 夢は、紙に書いて実現しましょう。 中国語で夢を実現することを「夢想成真」といいます。 Dreams Come Trueです。 拍手喝采。
2. Posted by Kevin   2008年03月14日 00:55
5 洲見 幸雄様

ありがとうございます。
Dreams come True すばらしいですね。 コミットの力、信じることが重要ですね。 感謝! 感謝!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ