2008年03月16日

目標達成の法則(その4) 5

あなたの目標達成をするために、あなたは、

1)目標を具体的に紙に書いた。

2)その目標を毎日、声に出して言っている。

3)その目標を達成したときの姿を想像し、達成したことに感謝の気持ちを持った。

これを毎日繰り返している。 これができていれば、あなたは、

すでにその目標を達成したも同然である。

なぜか、これをしっかりとしている人は、ほとんどいないと思うが、これが人生のマジックであるからである。

私は、過去この方法で、普通では達成できないことを手にしてきた。

今日はその4 実践編のお話をする。

少し不思議な話をするので、ニュートラルな気持ちで聞いてほしい。

「ウッソー!!」と思う人がいるかと思う。 
でも冷静にそうかもしれない、という気持ちで聴いてほしい。

話をもどそう。 
上記1)目標を紙に書く、2)声に出して言う、3)達成した姿を想像し、感謝の気持ちを持つ。
この3つをすることにより、目標は、かなりの確立で達成する。

ただしここからが実践編であるが、その目標達成は、ストレートには来ない。
例を出そう。 
あなたはある会社の課長職にある。キャリアアップの部長職での転職を目標としている。其の場合、上記の3つを実践するだけで、いきなり自宅に「ある会社の部長職のオファーレター」が送られてくることはない。

しかし確実に、「ある会社の部長職のポジションのチャンスは、あなたの所に運ばれてくるのである。」

ここで人生のマジックがある。

「Opportunity come wearing work clothes ! 」
 
「チャンスは、作業着を着た人が運んでくれる。」

部長職のチャンスは、タキシードを来た紳士が運んでくれるとは限らない。
何の変化もない、どこにでもいる作業着を着た人がいる。
その人の紹介で、ある会社の社長と親しくなり、部長職のポジションに着くことになるかもしれないのである。

「幸福は、美しい天使が舞い降りて運んでくれる。」と創造するかもしれないが、そうではない。 いつも顔を合わせている誰か、または偶然知り合った誰か、その人は特別な人ではないと思うかもしれない。でもその人が、目標達成のキーマンである可能性が高い。

なぜか? 上記3つの実践を感謝の気持ちで繰り返せば、何度でも、チャンスが運ばれてくる。 それが人生のマジック、ルールであるからである。

問題は、チャンスを運んできている人に気が付かず、通りすぎてしまっていることである。
野球で「ホームランの打てるストライクボールが来ているのに、見逃してしまっている。」という状況である。

その人(チャンスを運んできたキーマン)に誠実に接することにより、そのチャンスをつかむ事ができるのである。

目標達成の4つめ、それは、

常に出会う人には、「誠意を持って、正直に接すること。」 
年下であろうが、後輩であろうが、相手が誰であろうが、誠意を持って接する、これが大事である。

今日の一言
「日々出会う人には、誠意を持って正直に接すること。
そうすれば、願っている目標達成のチャンスをつかめる。」

小森コンサルティングオフィス at 23:18コメント(0)トラックバック(0)目標設定の重要性   このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ